FC2ブログ
こんにちは。J-color認定講師の大串です。
スズカファイン株式会社様のご依頼で、
「中日本スズカ会第一線営業マン研修会」にて、
カラーセミナーを担当させていただきました。



今回のセミナーの主なプログラムは…

日本塗料工業会の色票とマンセルとの対応
建築カラー選定のポイント
建築カラーのイメージ表現(クール・ナチュラル・エレガント・クラシック)
「i color paint」によるカラーシミュレーション(実践と講評)


i color paint(スズカファイン株式会社ホームページより引用)

建築塗料の総合メーカー「スズカファイン株式会社」がご提供する、
i Pad専用<簡易>カラーシミュレーションアプリです。
i Padで撮影した写真から、指先一つで簡単に塗り替えイメージを作成
建物の塗り替えカラーシミュレーションを簡単に行う事ができます。
現場での打合せや、お施主様へのプレゼンテーションなど、
塗り替えプランのご提案にご利用ください。


「i color paint」によるカラーシミュレーションを効果的に行うために、
日塗工(日本塗料工業会)の塗料用標準色の色見本を使いこなそう
ということを提案させていただきました。


日塗工(日本塗料工業会)HPから引用

この色見本を色指定のために使っているという方が多いのですが、
うまく活用すれば、コミュニケーションツールとして大いに役立ちます。
逆にいうと、色指定にしか使っていないなんてもったいない

色の選定や組み合わせを考える際に、色見本の見た目だけでなく、
マンセル値やトーンも参考にすると、顧客への説明や
シミュレーションに有効です
そのことを皆様にお伝えしたくて、このセミナーに臨みました。
この内容は新鮮に受け止めていただけたようでした。



「i color paint」によるカラーシミュレーション(例)


外装では、グレイ系の色が多く使われますが、
ニュートラルなグレイは意外と少なく、
わずかに色みを帯びた
「近無彩色(準無彩色)」がほとんどです。
「オフホワイト」などと呼ばれる色で、
マンセル彩度でいうとC=0.5程度の色です。




また、ベージュ~ブラウン系の色もよく使われますが、
「黄み」「赤み」の違いを意識することで、
まとまりのある調和が得られるのはもちろん、
適切なイメージ表現にも役立ちます。


色見本の見た目だけで判断するのではなく、
マンセル値(色相・明度・彩度)を意識することで、
シミュレーションの結果やそれぞれの違いを説明しやすくなります。

もちろん、見た目で色の違いを見極められる「色感」も大切です。
建築で使われる色の多くは低彩度だからです。

そのような色の見極め方のコツも交えながら、
色彩による外観イメージの表現方法についてもお伝えし、
最後に「i color paint」を使ってのカラーシミュレーションを実践 
熱く盛り上がって、今回のセミナーは終了しました。

受講された方々の感想(印象に残ったor役に立った内容)

カラーの配色、アクセントの使い分け
マンセル値で緑・青が違う
少しの色の違いでイメージが変わることが面白かった
シミュレーションの大変さがわかった
建築カラー・色彩傾向が、色・配色の違いによって見え方が全く異なること
日塗工の活用法など、今まで使いきれていないことを痛感した
日塗工見本帳の活用方法
色彩とデザインのノウハウがあれば、色彩設計のソフトとして営業に強みを
 もたせるのではないかと痛感した
色に付加価値を高めるビジネスをしたいと思う

スズカファイン株式会社サイト


こんにちは。J-color認定講師の大串です。
アガタジャポン株式会社様の店長を対象とした研修の一環として、
「パーソナルカラーセミナー」を実施させていただきました。



今回は「パーソナルカラー 入門編」という位置づけで
「パーソナルカラーとは何か?」ということを知るための
「似合う色の判断基準」「色素」「色の分け方」などを中心とした
内容でしたが、アクセサリーの販売に携わる方々が対象ということで、
次の3点について掘り下げてお話しさせていただきました。

デモンストレーションによって、
  「色素に基づくパーソナルカラーの効果」を目で見て実感していただく。

お仕事の中で、お客様への提案やアドバイスに
  「パーソナルカラーがどのように活用できるのか」について、
  シーンや内容を具体的にお伝えする。

似合う色の傾向に基づくアクセサリーの選び方や
  アドバイスのポイントを具体的に確認する。


セルフチェックによる似合う色診断(グループワーク)。
デモンストレーションでも確認した色素傾向と似合う色の傾向の関連性を
参考にしながら、「自分はどんな色素傾向なのか…?」ということは
「こんな傾向の色が似合うのか…!」を驚きや発見とともに
確認していただけた…のではないかと思っております。


このセミナーに参加された方々の感想をいくつかご紹介させていただきます。

人それぞれに似合う色が違うことを知り、理解しておくことで
 接客時のトークにより深みを持たせることが出来るので、
 今回学んだ内容をスタッフと共有し役に立てていこうと思います。

パーソナルカラーは商品をオススメするうえで説得力をもたせることが
 できると思った。また、色でお悩みの方やギフトでお探しの方にも
 応用がきくと思った。

季節(カラー)によってアクセサリーの似合う似合わないがあるのを
 知ったので、商品をどれにしようか迷われているお客様への
 決めの一言として使えるなと思った。

似合う色と似合わない色の見え方の違いはとても印象に残りました。
 パーソナルカラーは4つのうちのどれか1つだけに当てはまると
 思っていたので、枠をこえてあてはまるグループがあることがわかり
 考え方が変わりました。色素を見抜く力をつけ接客にいかしていきたいです。

パーソナルカラーについては以前から興味があり、
 本を読んだり人に見ていただいたりしたことがありましたが、
 どのようなアクセサリーが似合うかについては、
 今回のセミナーで教えていただいて意識したところでした。
 アクセサリーの販売に携わるものとして、とてもためになり
 仕事でもいかしていけたらと思いました。

似合う=色素と調和するということで、自分が似合うと思っていたカラーと
 実際は違っていたりして新しい発見がありました。
 布で顔映りを見るだけではなく、髪・肌・眼の色素など細かいパーツまで
 掘り下げてチェックでき、とても興味深くやらせていただきました。
 接客時に洋服について触れることがありますので、
 今後にも活かしていきたいです。

パーソナルカラーは、さまざまなビジネスでの活用が可能です。
アクセサリーやファッションなどの提案・アドバイスにおいては特に有効です
そのためには、色素を見極めたり、似合う色を提案できるスキル(=実践力)が
必要ですが、まずはご自身を通してパーソナルカラーの効果を
体験&体感することが「実践」の第一歩です



アガタ パリ - AGATHA PARIS
清々しく新しい年を迎えられ、
そろそろ忙しい日常が戻ってきている頃かと思います。
こんにちは、認定講師の田中です。

今年は元号も変わり新しい節目の年。どのような時代になるのだろう、
どんな未来が待っているのだろう かと想いを馳せる方も
多いのではないでしょうか
けれど、一足飛びに未来になるわけではなく毎日の先に未来があるわけで、
今何をするかで未来が変わっていくわけですよね。では今何をするか

昨年暮れ、季節外れの暖かさの中、
足立区社会福祉協議会あだちファミリーサポートセンター様主催の研修講座、
「生活を明るくするカラーコーディネート講座」を担当させていただきました。
スカイツリーが間近に見える西新井は初めて降り立つ駅です。
陽気のせいか、何か懐かしい温かさを感じさせる空気がありました。

参加される方々は、働く母親、父親に代り、子どもの預かり・送迎などの
地域のボランティア活動をしているシニア世代の方々です。
そのような方々に、パーソナルカラーを知って頂き、
第一印象で好感を与え、気持も見た目も若返り、
リフレッシュして頂くのが目的です。

人生経験が豊富なシニア世代の方々が、いきいきと、
自分のできることを若い世代のためにすること。
そのようなシステムや活動にとても共感しました。
未来に続く働き方や協生の仕方のヒントが、
きっとたくさん詰まっていると思います。

参加者の方々は、ポジティブな方が多く、
明るく熱心に色のしくみ、効果のお話を聞いて下さいました。
今回は、アシスタントの方3人に入って頂いたので、お手伝いいただき、
皆さん、「肌・眼・髪」の色素チェックも和気あいあいあとされていました。



ご自分の色素が分かったら、
例えば温かく、やさしいイメージを伝えたい場合は自分に似合うピンクを、
明るく、楽しく場を盛り上げたいときは自分に似合うオレンジ黄色などを選び、
色の持っているそれぞれのイメージを利用することで、
無理なく相手にメッセージを伝えることができます
カラーはコミュニケーションのツールになり、
気持ちを前向きにし、モチベーションを上げたり
また、和やかな空間を作ったりできるもの
なのです。



自分を活かし、相手や場の空気も変えることができるカラー。
是非皆さんに色を意識して使っていただき、ご自身が輝くことで、
世の中を明るくする潤滑油になって頂きたいと願っています。

ボランティアに積極的に取り組まれている皆さんの明るい笑顔と出会って、
アシスタントの皆さんと、楽しく帰路につくことができました。
アシスタントの皆さん、ナイスフォローをありがとうございました。

今何をするか?
皆さんに輝いていただくために、力を発揮して頂くために、
私は今年も、色の力を、楽しさを、お伝えしていこうと勇気をいただきました。
ありがとうございました
皆様にとって、
笑顔あふれる一年でありますように

受講者からこんな感想をいただきました

自分に合う色合いや他者から見た自分のイメージがわかったことが良かった。

日々の生活の中で参考にしたいと思います。

相手への印象で色を選ぶことや、コミュニケーション手段としても
  考えることが大事だとわかりました。


仕事の時や普段の生活の中で活かして行きたいと思いました。

普段自分の顔をじっくりながめたことがなく、瞳の色などもよくわかりました。
こんにちは。J-color認定講師の大串です。

今回は、株式会社日立アーバンインベストメント様での
「パーソナルカラーセミナー」についてのご報告です。

日立アーバンインベストメント様では、
定期的に勉強会セミナーを就業後の時間に開催されているそうですが、
今回初めて、色をテーマにした勉強会セミナーだったとのこと。

テーマは「自分のキレイを発見しようでしたが、
うれしいことに、男性の従業員にも参加いただきました
パーソナルカラーは、女性の皆さんだけのものではありません



ドレーピングのデモンストレーション!
色によって顔色や印象が変わることに皆さんビックリ!

「色素=P.I.(外見の自分らしさ)」
自分自身の色素によって似合う色が決まるということは、
参加された皆さんにとって、新しい&驚きの発見だったようです。



「色素確認のグループワーク!」
自分の色素傾向(=P.I.)を知ることが、
パーソナルカラーを知る手がかりです。
グループで比較するとわかりやすいです。
眼(虹彩)が一番明るい方は…の場面


パーソナルカラーは、ビジネスシーンでも有効です。
お仕事での活かし方や色選びのコツについても
お話しさせていただきました。

受講された方々に、印象に残った内容&感想を伺いました。

似合う色=自分らしさを表現する色ということ。
色素傾向で客観的に似合う色を判断するところ。
色によって、印象がかなり変わるというのが意外でした。
グループワークで客観的に自分のことを確認できた。
自分にとって、意外な色が似合うことにビックリ!
自分には合わないと思っていた色もためしてみたい。
今後のファッションに活用したい…幅が広がりそう。
新しい発見ができた! 色は奥深い!
楽しく学べた! 男性ですが参加してよかったです。

今回のパーソナルカラーセミナーをきっかけにして、
色のことに興味をもっていただけたらうれしい限りです。

株式会社日立アーバンインベストメント様HP

こんにちは。J-colorパートナーの乾宏子です。
11月30日、ワコール労働組合様にて
パーソナルカラーセミナーをさせていただきました。
参加されたのはほとんどが女性でしたが、
少数ではありますが男性にもご参加いただきました。



まず初めに、色というのは背景の色や隣り合う色の影響を受けて
本来の色と違う色に見えるという画像からスタート

続いて、パーソナルカラーの基礎の話を説明いたしました。
皆さん、とても熱心です。
もって生まれた色素を知ることで自分自身と向き合い、
「自分らしさとは何か」を再確認できるパーソナルカラーを知ることは、
似合う色を知ること以上に奥深いものがあります。

次に、4シーズンのイメージワードでは皆さんにイメージを
考えていただくと、思い思いにイメージを答えてくださいました。
色を見てイメージを膨らませていただくことは
パーソナルカラーではとても大切なことなのです



この後の色素チェックでは、クループで手のひらを見比べて、
人によって色が違うことを見ていただきました。

また虹彩の色を見比べるため目の色を覗きこんだり髪の色を比べたり・・。
外見の印象(イメージ)は自分でも分かりにくいので、
少しお手伝いをさせていただきました。

自分が思っていた通りのイメージだったり少し意外だったりと
それぞれでしたが、どのイメージがいいとか悪いではなく、
自身の印象をまず受け入れ、それを活かすことが
パーソナルカラーの「自分ブランディング」
です。
そこにはもちろん肌、髪、目にみられる、
もって生まれた色素も関わっています。

最後に、数人の方にカラードレーピング
(色の布での似合う色の診断)を行い、
似合う、似合わないとはどういうことかを
体験していただきました。

色素チェックの結果と違っていた方も
いらっしゃいましたが、やはり布を
当ててみないとわからないこともあります。

今回は似合う色を探すというよりも、肌の色や質感が
ドレープの色によって変わることを確認していただくということに重点を置き、
三属性青みの色が似合うのか黄みの色が似合うのか
明るい色が似合うのか暗い色が似合うのか
鮮やかな色が似合うのか穏やかな色が似合うのか)
説明をさせていただきました

1時間半という短い時間でしたが、
色って楽しいと思っていただけたら嬉しいです。
開催にあたり担当者の方にはいろいろとご配慮いただきました。
ありがとうございました