FC2ブログ
こんにちは!
色彩活用研究所サミュエル谷貝(やがい)です
今回、Jカラー(日本カラーコーディネーター協会)からのご依頼で
「田園調布学園大学」学生交流イベントにて
カラーセミナーを担当してきましたので、ご報告します

こちらの福祉総合大学でセミナーを担当するのは、今回で2回目。
介護福祉学科・子ども家庭福祉学科の学生の皆さんと担当の先生に
ご参加をいただきました

前回セミナーの様子はこちら

『「色を学ぶ」福祉の世界~私たちは色の大切さを知る~』
と題された、このセミナー。
現在、福祉分野では、色を活用した「ライフケアカラー」が
全国的にも注目され始めています。
子どもの育児やシニア世代の介護福祉を学ばれている学生の皆さんには、
まさに「ライフケアカラー」が得意とする
福祉分野におけるカラーサポートについて、
より深く知って頂きたいところです。

なぜ「色」に注目するのか、
「衣・食・住・心」に効果的な活用方法などを
私が担当している福祉系講座やセミナーでのエピソード
交えながらご紹介してきました



講座の冒頭で、
前回セミナー(昨年12月)を受けてくれた学生さんから、
こんな嬉しい感想を頂くことができました。
「セミナーを受けてから、様々な色づかいを目にするたびに、
この色や組合わせにはどんな意味があるのか?と
注目するようになって、色に益々興味が湧いてきました
「部屋の模様替えをするとき、色の効果に意識をして
カーテンを選んだら(暗めの色→明るめの色に変更)、
とても部屋が明るくなって、色の効果を実感できたんです
と、常に興味をもって実践してくださっています。

実習で、子ども達や介護施設でシニア世代と接している為、
より現場をイメージ想定ができる分、
セミナーへの取組み方も真剣そのものです。
色の効果やご紹介した活用例に対して、大きくうなずき
一生懸命メモをとりながら、積極的に参加してくれました。

「色」は、すべての人たちの人生を
豊かに美しく安全なものにするチカラがあります。

特に、福祉業界を背負って立つ、学生の皆さんには
色の効果を自分で実践し、
様々な現場で活躍されることを期待しています

今回のセミナー紹介ページはこちら