FC2ブログ
皆さんこんにちは、J-color認定講師の池田です。

先日、社会福祉法人武蔵野会様の主催で
「文京区障害者対象カラーコーディネート教室」という
パーソナルカラーのセミナーを行ってきました。

セミナーは内部障害のある方を対象としていましたが
今回は聴覚障害の方もいらしたので、
手話通訳者も2名入れられました。

手話の方を交えての講座は私もあまり経験がなかったのですが、
カラーの専門用語も含め、手話通訳の方がとても上手に伝えて頂き、
そのおかげで、聴覚障害の方も他の方も、
色々ご自分の気持ちを発表して頂きました。

また、皆さんすでにお知り合いの方同士ということもあり、
仲良く、わきあいあいとした感じでスタートしました。



パーソナルカラーはその人の色素(肌・髪・眼の色や質感)をもとに、
その人自身をより魅力的にみせてくれる色のことで、
あくまでも自分ではなく、人から見て素敵に見える色のことです。


ですので、自分が好きな色(主観の色)と似合う色(客観の色)では観点が違うため、
好きな色が似合う場合もあれば、苦手な場合もとても多い話しなのです。

診断の結果、今回の受講生の場合も、明るい色が似合う方が多かったのですが、
比較的年齢層も高く、特に男性は暗い色が好きという事もあり、
「明るい色が似合う」と言われて、最初は戸惑う方も少なくはありませんでした。
また、今年の秋冬は暗い色やベイクドカラーといわれる
カボチャ色深い緑といった色が流行っていてなお更。

このようにパーソナルカラーは好きな色似合う色が違う、
という場合も多く、それを理由にパーソナルカラーに興味が持てない、
という方もいらっしゃると思います。

しかし、私たちは苦手な色は着てはダメ、とは決して言いません。
例えば今回の場合「なぜ明るい色が似合うか」という根拠として、
明るい色が似合う人の色素は肌が薄かったり、
(赤くなりやすい)髪があまり多くなかったり、また目が明るいなど、
明るい色が似合う色素をしている、理由があります

(逆に肌が赤くならないような肌が厚い人や髪が多い、
眼が暗いといった色素の人はなかなか日本人には少ないのです)

そのことを伝えつつ、実際ドレーピングで暗い色だと顔色が暗く、
疲れて見えたり、老けて見えたりする、ということを
で見てみなさん実感されます。

では、苦手な色をどのように着こなせばよいでしょうか
実はテクニックがあり、
例えば暗い色が好きな場合はボトムを暗くしたり、
全身暗い色だけのコーディネートにするのではなく、
これからの季節だとマフラーやストールなど顔周りのアイテムに
明るい色を組み合わせる。
といったコーディネートとして組み合わせを考えることが
とても大切なんです。



今回の皆さんもやはり好きな色が似合う色ではなかった人も多かったのですが、
実際にドレーピングでご自分の顔映りをみて、
コーディネート方法をお伝えすることで納得して頂きました



みなさんも、もし好きな色だけどあまり似合わないな…と思う人がいたら、
ぜひパーソナルカラーを勉強して自分らしく好きな色を着こなして
お洒落の幅を広げられるようにしてみてくださいね


 参加者の感想

 参加して良かったです。
 今まで知らなかった、自分に似合う色がわかって良かった。
 時間をかけて丁寧にひとりひとりに対応してくださり、わかりやすかった。
 講座を受講した後、洋服選びに活用できるので楽しみ。