FC2ブログ
こんにちは。ピーコックブルーです。

暖かい日と寒い日を繰り返しながら春本番へ…。
楽しみな桜の開花もあと少し、という頃になりました。

今年は元号が変わることによる慶祝行事やそれに伴う
特別公開なども様々に予定されていますので
どこも例年以上に、たくさんの人で賑わうことになるの
でしょうね

やイチゴ、春をイメージした季節限定のものもあふれ
特に女子達はウキウキしてしまいますが、
今回は“サクラ色”ではなく、最近たまに目にするように
なった「ラベルレス商品」について書きたいと思います。

まず「ラベルレス商品」とは
ペットボトルに貼り付けてあるラベルを無くし、廃棄物量の
削減による環境負荷の低減と、ラベルをはがす手間を省き
使いやすくした「人にやさしく、地球にやさしい」商品のこと。



昨年5月、アサヒ飲料から通販専用で「アサヒ おいしい水
天然水」のラベルレスボトルが発売され、同社では
新たに先月からお茶、今月後半からは乳酸飲料もと
通販・宅配を中心に、ラベルレス商品を広げるとのこと。


画像はアサヒ飲料より

ラベルに記載されていた表示は外装のダンボールに記載。
個々の商品に小さいタックシールやキャップに必要な表示
を入れるだけ。
これにより、ラベルに使用する樹脂量が約90%削減できる
ようです。


画像はアサヒ飲料より

“透明”からイメージされるのは…

透き通って濁りも混じりけもないことから
ピュア、クリア、シンプル、清潔、クリーン、潔白、自由、
口に入れるものならカロリーフリー、健康的などの
ワードもイメージできそうです。

ここ数年、透明な飲み物がブームに、またバッグやポーチ、
小物をスケルトンにしてあえて魅せることで自分らしさを表現
するなど、“透明”なものにも人気が!


透明の瓶に層状もカラフルな野菜が入っている
見た目もかわいいジャーサラダ


そもそも透明な水や炭酸水にラベルがなくてもスッキリして
違和感はなく、
何よりペットボトルのラベルをはがす手間がグンと楽なのが
嬉しいですよね
ゴミも少なくなり、水やお茶、炭酸水をよく飲む人や
いつも同じメーカーのものを好んで飲む人にとっては
価格も少し安くなるとしたら、まさに一石二鳥

単品ずつではまだまだ課題はあるのでしょうが、
私個人としては
飲料の色がほぼ想定できる日本茶や紅茶、コーヒー
などには、今後もっとラベルレスが増えていっても
いいような気がします。

技術や素材の革新によって、これまで“節約” という
イメージが強かった「エコロジー
私たちの「衣・食・住」様々なジャンルに進化した
「エコ」が広がりを見せてきています。

このラベルレスボトルは、環境省の推進する
地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」
(賢い選択)に賛同。
※「COOL CHOICE」https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/

あとは私たちの意識もうまく進化していければ
いいのかもしれませんね