FC2ブログ
こんにちは。ライムグリーンです。
2018年1月、新しい1年がはじまりました。
今年は、猪年。年の初めのお正月~
お正月気分は薄れているかもですが、今年もよい年になりますように。



さて今月は、お正月らしいカラー、おめでたい色『金』を取り上げたいと思います
金色は高価の象徴、豊かさを表す色です。存在感も強く特別な印象を与えます。
小判、金運等、おめでたい置物には入っていて、福来る、というイメージでは
ないでしょうか。

黄色が光り輝いた色とも捉えられるので、黄色のイメージを強くした
効果もあります。
質感や光沢も含めた金属の色なので、単色で表現するのは難しい色ですが。
こういう黄色山吹色で表現されることもあるかと思います。
 
そして、お正月、めでたい食べ物といえば
『おせちではないでしょうか。
そもそもおせちの語源とは、五節供(ごせっく)という言葉。
一年のうちに五回ある節句

「人日」(一月七日)
「上巳」(三月三日)
「端午」(五月五日)
「七夕」(七月七日)
「重陽」(九月九日)

神様へのお供え料理として作られたものが、
いつしか一番盛大に祝うお正月料理だけを指して、
『おせち料理』と呼ばれるようになったとか。


『おせち料理』は彩り鮮やか、そしてそれぞれに意味が
ありますが、彩りと、お弁当にも使える
ということで、錦玉子に注目します。

金、銀、錦にたとえて黄身と白身の2色が美しい錦玉子は、
その2色が金と銀にたとえられ、2色を錦と語呂合わせしている
とも言われています。

錦織り成すあでやかさ… 1品あると料理を華やかにしてくれますね。


王道!明るく開運来福☆錦玉子

(1) 卵2個をゆでます。ゆで卵が冷めたら、黄身と白身にわけます。

(2) 白身、黄身の順に、ざるで裏ごしします。

(3) 白身に砂糖大さじ1/2と塩を少々、黄身に砂糖小さじ1と塩を少々
   加えて、混ぜます。

(4) ココット(スフレ等を作る時に使う、耐熱容器)にラップをして、
   白身を入れ、スプーンの背をつかって、平らにし、その上に黄身を
   ふわっと入れ、平らにします。

(5) ふんわりとラップをかけ、電子レンジで1,2分、温めます。
   粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れてもよいかと。

(6) ラップごと引き上げ、お好みの形にカット!



ココットを使えば、そのままの形でもキュート
今回は、4等分にしてみました
卵2個にしましたので、いつものお食事に1品彩りで
添えても、よいかと思います。
甘い卵ではなく、コンビニで売っている味付きゆで卵を
使ってみるのもありだと思います。

今年も、彩り美しく、素敵な1年になりますように