FC2ブログ
清々しく新しい年を迎えられ、
そろそろ忙しい日常が戻ってきている頃かと思います。
こんにちは、認定講師の田中です。

今年は元号も変わり新しい節目の年。どのような時代になるのだろう、
どんな未来が待っているのだろう かと想いを馳せる方も
多いのではないでしょうか
けれど、一足飛びに未来になるわけではなく毎日の先に未来があるわけで、
今何をするかで未来が変わっていくわけですよね。では今何をするか

昨年暮れ、季節外れの暖かさの中、
足立区社会福祉協議会あだちファミリーサポートセンター様主催の研修講座、
「生活を明るくするカラーコーディネート講座」を担当させていただきました。
スカイツリーが間近に見える西新井は初めて降り立つ駅です。
陽気のせいか、何か懐かしい温かさを感じさせる空気がありました。

参加される方々は、働く母親、父親に代り、子どもの預かり・送迎などの
地域のボランティア活動をしているシニア世代の方々です。
そのような方々に、パーソナルカラーを知って頂き、
第一印象で好感を与え、気持も見た目も若返り、
リフレッシュして頂くのが目的です。

人生経験が豊富なシニア世代の方々が、いきいきと、
自分のできることを若い世代のためにすること。
そのようなシステムや活動にとても共感しました。
未来に続く働き方や協生の仕方のヒントが、
きっとたくさん詰まっていると思います。

参加者の方々は、ポジティブな方が多く、
明るく熱心に色のしくみ、効果のお話を聞いて下さいました。
今回は、アシスタントの方3人に入って頂いたので、お手伝いいただき、
皆さん、「肌・眼・髪」の色素チェックも和気あいあいあとされていました。



ご自分の色素が分かったら、
例えば温かく、やさしいイメージを伝えたい場合は自分に似合うピンクを、
明るく、楽しく場を盛り上げたいときは自分に似合うオレンジ黄色などを選び、
色の持っているそれぞれのイメージを利用することで、
無理なく相手にメッセージを伝えることができます
カラーはコミュニケーションのツールになり、
気持ちを前向きにし、モチベーションを上げたり
また、和やかな空間を作ったりできるもの
なのです。



自分を活かし、相手や場の空気も変えることができるカラー。
是非皆さんに色を意識して使っていただき、ご自身が輝くことで、
世の中を明るくする潤滑油になって頂きたいと願っています。

ボランティアに積極的に取り組まれている皆さんの明るい笑顔と出会って、
アシスタントの皆さんと、楽しく帰路につくことができました。
アシスタントの皆さん、ナイスフォローをありがとうございました。

今何をするか?
皆さんに輝いていただくために、力を発揮して頂くために、
私は今年も、色の力を、楽しさを、お伝えしていこうと勇気をいただきました。
ありがとうございました
皆様にとって、
笑顔あふれる一年でありますように

受講者からこんな感想をいただきました

自分に合う色合いや他者から見た自分のイメージがわかったことが良かった。

日々の生活の中で参考にしたいと思います。

相手への印象で色を選ぶことや、コミュニケーション手段としても
  考えることが大事だとわかりました。


仕事の時や普段の生活の中で活かして行きたいと思いました。

普段自分の顔をじっくりながめたことがなく、瞳の色などもよくわかりました。