FC2ブログ
こんにちは。ピーコックブルーです。

新元号の発表が決まり、どんな元号になるのか
というワクワク感や新しい時代への期待も
膨らむ中、残りわずかとなった「平成」の日々
も1日1日を大切に…と思う今日この頃。

それぞれに思いがつまった「平成」という
過ぎ行く時代を有終の美で飾りたいですね。

そしてこのブログを担当するようになって9年目。
今年も「色のいろいろ」コラムをどうぞよろしく
お願いいたします



さて今回は突然ですが、色に関するクイズから
スタートです。

Q.今年3月18日から、あるモノの色が
  変わります。さて何の色が変わるでしょうか

ヒント その1.私たちの生活に必要なものです
       その2.紙で出来ていて財布の中にあります
       その3.野口英世の肖像があしらわれています

A.正解は1000円札。
  今回色が変わるのは1000円札に記された
  「記番号」というもので、現行の“褐色”から
  “紺色”にお色直しされることになっています。



※画像は財務省HPより引用


アルファベットと数字の組み合わせで約130億通り
あるとされる「記番号」をすべて使いきったことに
よる色の変更で、今回が2度目とのこと。

“黒”から“褐色”、そして“紺色”になって
同じ番号で再び発行されます。

うっかり見過ごしてしまいそうなさりげない変更ですが
「色」を変えるだけで
同じ番号がそのまま使えて“シンプル”に解決でき、
こうして“話題”にもなります

また改めて「番号に色なんてあったかしら?」と
確認してみたくなりますよね。

ここで「色」がもたらす効果や働きについての
おさらいです

色でわかりやすく識別する、
色でアピールする、
色が記号やメッセージとなる、
これらは色がもつ『機能性』としての効果や働き。



そしてもうひとつは
美しさや感動を感じる美的効果
安らぎや心地よさを感じる快適効果
イメージ表現やイメージ演出といった
色の『情緒性』としての効果や働きです。

こうしていつも私たちの身近にあふれ、
様々に役立っている「色」を
今年も大いに楽しみ、探求し続けていきたいです