FC2ブログ
こんにちは。J-colorパートナーの乾宏子です。
11月30日、ワコール労働組合様にて
パーソナルカラーセミナーをさせていただきました。
参加されたのはほとんどが女性でしたが、
少数ではありますが男性にもご参加いただきました。



まず初めに、色というのは背景の色や隣り合う色の影響を受けて
本来の色と違う色に見えるという画像からスタート

続いて、パーソナルカラーの基礎の話を説明いたしました。
皆さん、とても熱心です。
もって生まれた色素を知ることで自分自身と向き合い、
「自分らしさとは何か」を再確認できるパーソナルカラーを知ることは、
似合う色を知ること以上に奥深いものがあります。

次に、4シーズンのイメージワードでは皆さんにイメージを
考えていただくと、思い思いにイメージを答えてくださいました。
色を見てイメージを膨らませていただくことは
パーソナルカラーではとても大切なことなのです



この後の色素チェックでは、クループで手のひらを見比べて、
人によって色が違うことを見ていただきました。

また虹彩の色を見比べるため目の色を覗きこんだり髪の色を比べたり・・。
外見の印象(イメージ)は自分でも分かりにくいので、
少しお手伝いをさせていただきました。

自分が思っていた通りのイメージだったり少し意外だったりと
それぞれでしたが、どのイメージがいいとか悪いではなく、
自身の印象をまず受け入れ、それを活かすことが
パーソナルカラーの「自分ブランディング」
です。
そこにはもちろん肌、髪、目にみられる、
もって生まれた色素も関わっています。

最後に、数人の方にカラードレーピング
(色の布での似合う色の診断)を行い、
似合う、似合わないとはどういうことかを
体験していただきました。

色素チェックの結果と違っていた方も
いらっしゃいましたが、やはり布を
当ててみないとわからないこともあります。

今回は似合う色を探すというよりも、肌の色や質感が
ドレープの色によって変わることを確認していただくということに重点を置き、
三属性青みの色が似合うのか黄みの色が似合うのか
明るい色が似合うのか暗い色が似合うのか
鮮やかな色が似合うのか穏やかな色が似合うのか)
説明をさせていただきました

1時間半という短い時間でしたが、
色って楽しいと思っていただけたら嬉しいです。
開催にあたり担当者の方にはいろいろとご配慮いただきました。
ありがとうございました