FC2ブログ
こんにちは。ライムグリーンです。
2018年12月。
今年もあと半月、時間が経つのがとてもはやいです。

『冬』をイメージする色は何でしょうか。
クリスマス・カラーといえば『赤』『緑』ですね。
今年は暖冬? 11月末から12月初旬でも、例年より暖かな日も
ありました。が一気に気温が急降下
免疫力を上げたいですね。

今回は、リセット、リスタートという意味もある
『白』を取り上げたいと思います

白色は光を反射する最も明るい色で
清潔感や信頼感、クリーンなイメージではないでしょうか。
の冷たさも感じますが、清々しさも感じるのではないでしょうか。

ちょっと温かみを感じる白、食べ物で白い色
どういったものをイメージしますか?
白い野菜は栄養価が低い、緑黄色野菜の方が、という声もありますが、
実は白い野菜は緑黄色野菜とは違った栄養をもっているのです



白い野菜・果物は豊富な「フラボノイド」「抗酸化物質」が脳卒中を予防!!
オランダの栄養学者グループが2011年のアメリカの医学雑誌
『Stroke(脳卒中)』に発表しているんです
大根、カブ、レンコン、ゴボウ、ネギ(白い部分)、しょうが
里芋、キノコ(白い部分)リンゴ(中の部分)、ナシ
カリフラワー等々 白い野菜・果物のパワーもすごいです

そして、最近、再注目されている、健康・美容によい効果のある飲み物といえば
『甘酒』米麹甘酒と酒粕甘酒の2種類がありますが、
ノンアルコール、米麹甘酒は飲む点滴とか、飲む美容液とか言われています。
江戸時代からポピュラーな体に優しい飲み物です。
『甘酒』は夏の季語、夏場に手軽に暑さ対策で飲まれていたそうです。

①消化吸収を助けるので、胃腸に優しい
②腸内環境を整え、便秘の予防・解消に
③血行と代謝を促進。美肌効果も抜群!

そんな甘酒効果は、魅力的ですよね。



そして、『甘酒』と最強タッグを組ませたいのは、『里芋』
今の時期は、とても美味しいのですが、
イモと聞くと、ジャガイモやサツマイモを思い浮かる人が多いことでしょう。
でも!!実は、ジャガイモやサツマイモが日本に入ってくるまでは、
「イモ=里芋」のことだったのです
さ・ら・に日本に里芋がやってきたのは、紀元前という記録があるのです

『里芋』といえば、皮をむいた時の独自のヌメヌメ感がありますよね。
このヌメヌメは「ガラクタン」という成分と「粘液糖タンパク質の混合物」の食物繊維
によるもの。
ヌメヌメは、体にいい!ということが話題になりますが、この「ガラクタン」も血中の
コレステロールが血管に付着するのを防いでくれるとか、血圧を下げる効果も期待
できるとか。
ほっこりとした優しいヘルシー 和スウィーツをご紹介します


甘酒と里芋 de 最強ヘルシー 和スウィーツ

材料:里芋(冷凍品もOK)と甘酒のみで作ります。
量は、適宜増減していただいてOK
ラフですが、お手軽につくれます。

(1)里芋は、皮をむいて、レンジで温めます。蒸す工程になります。

(2)温めた里芋を鍋に入れて、甘酒をひたひたに注ぎ、火にかける。

(3)沸騰してきたら中~弱火にし、焦げないように火加減に注意しながら、
  里芋が柔らかくなるまで煮る。

(4)里芋が柔らかくなったら、ヘラでつぶしながら、水分がなくなるまで煮て
  火から下ろす。

(5)(4)の粗熱が取れたら、適量ずつラップフィルムにくるんで、閉じ口を
  ねじるように丸めて茶きん絞りにする。

完成 ちょっと彩りで、緑のトッピング緑茶の粉末をふりかけたり、お好みでどうぞ


見た目がちょっとシューマイのようですが、やさしい甘さのスイーツです。