FC2ブログ
こんにちは、J-color認定講師の田中です。

桜がほころび始めても急に冷え込む「花冷え」。
夜のお出掛けは気をつけなければいけませんね。
もうお花見はしましたか?

まだ桜の開花には遠い3月の初旬、
原宿キャットストリートにある「A10+α」様の
パーソナルカラーセミナーを担当してまいりました。
当日は、あいにくの雨模様

でも、おしゃれなブティックが並ぶキャットストリートは、
ウキウキ心弾む街並みです。
お洋服のサイズは無理でも目は喜ぶ眼福



「A10+α」様はメインストリートから一本入った
静かな住宅街にありました。
木のデッキを数段上がったところに、大きなガラス張りの開口で、
グリーンが配され、おしゃれだけれどホッと心が和むような
癒しの空間でした。

今回は10名の20代の若い方を中心とした研修で、
タイトルは「似合う色を知って“色の感性”を上げる!」
ヘアデザイナーにとって、色を見分ける力、
色を意識してイメージを広げる力、すなわち色感
とても大切なことだと思います。

その色感を人に理論的に落とし込めることは、
お仕事の質を上げることにつながると思います。

皆さん、色彩学はすでに学んでいらっしゃいましたが、
パーソナルカラーは初めての方も数人。



色の基本から簡単に復習し、自身の色素を観察、お仲間とも見比べて、
色を人に落とし込むとはどういうことかをお伝えしました。
髪の色もざっくりと簡単に、赤みの茶黄みの茶アッシュ、の見分け、
パーソナルカラーへの落とし込みなどを説明しました。

ヘアカラーは薬剤、メーカーによって違いもありますので、
あくまで似あわせの観点からの色分類になります。

そして、ドレーピングデモを少々。
男子も女子も美男美女揃い!
男子は浅野忠信似、韓国のアイドル似、和製キアヌリーブス似
女子は挙げたらきりがないので挙げませんが、皆さん感じがよくて美人
何を着ても似合いそうですが、一人一人の色素の個性は様々。
その違いが大切です



元々、おしゃれ感度の高い方たちなので、自分をもう一度見直すことで、
おしゃれも自分の可能性も同時に広げて頂きたいと思いました!

カラーは生活を色々な場面で豊かにする力があります。
若い方達が色を学んでこれからの人生に役立て、
周りの方にも役立てることができたらと考えると、
私自身のテンションが上がります

そのような気分にさせて頂いた「A10+α」の美容師の皆様、
仕事後のセミナーでお疲れだったと思いますが、
楽しく盛り上げて頂いてありがとうございました

今度伺うときは、今時な白髪染めを提案して頂きたく。。。。。
と、そういうことではなく、
このセミナーが皆様の将来に役立つ小さな気付きになることを祈っています。
頑張ってください!
ありがとうございました