こんにちは。ピーコックブルーです。

前回のブログはこちら

7月に入ったとたん、一気に気温が上がり
むし暑くなりましたね
近年は過ごしやすい春と秋が短く感じますので
暦の上ではなく、今年も長く続きそうな “体感的な夏”を
何とか快適に、元気に乗り越えたいものです。

こんな時、大いに役立つのが身近に「色」を活用すること!
そこで暑い時期におススメなのが、『ブルー』の心理的効果です。

は、空 や海 、水をイメージする色で涼しさ、冷たさを感じる
ことから「寒色」と呼ばれ、
オレンジ黄色「暖色」とは体感的に2~3℃違いが
あると言われています。

そしてが与えるイメージとしては…
爽快、静けさ、冷静、信頼、誠実、知性などで「青」を好む人
は多く、集中力アップや心地よい眠りに効果的な色としても
知られています。

食べ物には少ない色なので食欲を減退させ、ダイエットに向く色
でもあるのですが、例えば夏の食卓には清涼感を与えてくれて
コーディネートひとつで、とってもオシャレに使えます!


ファブリックの活用
テーブルクロスやテーブルランナー、ランチョンマット、ナプキン
ブルー系の色を使う。



但し、ブルーだけでまとめると寒々しくなってしまいますので
白と組み合わせて爽やかに、
またオレンジ黄色をカトラリーや小物、お花などで添える
と補色のコントラストがついて、華やかになります。


出典http://www.kozlife.com/

テーブルランナーだけでもすっきり!


ブルーの器やガラスの食器を使う

 

食材に多い、暖色系(オレンジ黄色)の色が映え、
ガラスの器、白と藍色の器が涼しげです。


出典http://www.kozlife.com/

明るいブルー系は、使いやすくて活躍しそうです。

凝ったコーディネートでなくても
色を使うことで簡単に季節感が演出でき、ちょっとした工夫で
いつもの食卓がステキになり、ホームパーティーには最適です!
“美味しさ”は見た目が80%以上
食材で揃えるバランスの良い5色(赤・黄色・緑・白・黒)とともに
身近に使えるものをいろいろ試してみてはいかがでしょうか。