こんにちは。ベビーピンクです。

   前回のブログはこちら

もうすぐ4月。子供たちも新しい学年が始まるシーズンです。
「気持ちを新たに!」と、新しい文房具などを揃えている方も多いのではないでしょうか?

我が家にも4月から小学生になる娘がいます。
娘に「鉛筆を揃えてあげよう。」と思い文具屋さんに行ったら、こんな面白い鉛筆を見つけました。

「ステッドラーのかきかたえんぴつ」
青色系緑色系赤色系の三色展開の鉛筆。

えんぴつ201703

一見デザイン性のすぐれた可愛い鉛筆です。
でも、コンセプトを読んでみるとただの鉛筆ではありませんでした。
「子供の感性を育てる鉛筆」なんだとか!

1つの色でも、様々なモチーフを盛り込む事でいろんなスタイルに変身。
様々なモチーフを楽しみながら、色の可能性を子供たちに伝える。


そんなメッセージの込められた鉛筆のようです。
その発想が面白く、赤色系を買ってみることにしました。

えんぴつ3本201703

中には3種のデザインが入っていて、
1本は果物のデザインが!ブドウやすいか・さくらんぼなど…。

可愛いフルーツが!
良く見ると上の方がジュースのカップに。ストローが付いていて、
様々な果物がジュースの中に入っている様なデザインになっています。

2本目はお花の色がグラデーションに変化していく華やかな鉛筆
一見赤の花の模様の鉛筆かと思ったら、黄色や.白・すみれ色の花も。
お花も色んな種類のお花が描かれています。

3本目は、三角の模様が沢山。よーく見ると1つだけ三角にお顔が

えんぴつ▲201703

子供達が勉強をしながらも、発見を楽しむことができる鉛筆のようです。

絵から発見を楽しむことで、
「私ならこんな絵を描いてみたい!」
「鉛筆の形に合わせてこんな絵を描くどんな鉛筆ができるだろう?」
「私なら赤を使ってこんな絵を描いてみたい!」
なんて思ってくれたら嬉しいですよね。

人間は想像する時に、「右の脳」を使います。
右の脳はひらめきの脳とも言われ、右脳を使う事で感性を豊かにしてくれます。

人は大きくなると言語を司り、理論的思考力を持った左脳を優位に使うようになります。
それに比べ子供たちは、まだまだ想像力を司る右脳で感性を伸ばす事が出来る時期にあるのです。

鉛筆は書くための道具です。

しかし少し思考を変えて色の効果を取り入れるだけで、
「書く為」だけの道具から、感性を育てるという付加価値を持った
商品になるのですね。

使う人の年齢や求められている事にあわせ、色の効果を上手く活かして
作られた新しい発想の商品だと思います。

また他の鉛筆よりカラフルで目立っていたので、思わず購入したくなってしまいました。
色の効果や使い方を知っていると、色は他の商品との差別化を図る事ができる
ツールに大変身します。

色を学んだことのある方も、ない方も、「色ってこんな使い方があるんだ!」
という参考にしてみてくださいね。