こんにちは。ピーコックブルーです。

   前回のブログはこちら

春らしくなったり、寒くなったり
3月の気温はとっても気まぐれですね。
でも少しずつ確実に日が長くなり、春色ファッションに
心も華やぐ頃。
今回は先月担当させていただいたカラーセミナーについて
認定講師 中山由美子としてご報告いたします。

お伺いしたのは大阪市内に本社がある株式会社ナニワ様
水まわりの住宅設備機器から住まいに関わるあらゆる資材、
管工機材の販売及び施工を取り扱っている会社です。

こちらの会社では女性社員の方々が半年に1回のペースで
企画される勉強会があり、今回は「色」をということで
私がお世話になっている方を通じてご紹介いただき、
僭越ながら担当させていただくことになりました。

セミナーは就業後の18時から
支店や事業所からも含め、この日にご都合がついた17名
の皆さまにお集まりいただきました



会社の業務でもお役に立てばと、前半は色のキホンと
色の心理的効果、インテリアを中心にした色の活用、
後半はパーソナルカラー&ドレーピング
という内容。

例えば一般的に鮮やかな赤やオレンジなどの「鮮やかな色」を
「明るい色」とイメージされて混同されている方が多いので
パーソナルカラーの色の見分け方にもつながる
色、明るさ(明度)、鮮やかさ(彩度)の色のキホンは
ややしっかり。


手術着の色に見る補色残像の例や
色によって違って感じる心理的効果
インテリアカラーのポイント
アクセントカラーとセパレーションカラーの使い方
パーソナルカラーのメイクカラーや色選び
など
グッと凝縮してお伝えしましたが
時に大きくうなずき、興味深いまなざしで聴いてくださった
ことが私はとても嬉しかったです。

この勉強会は2008年から始まり、一時中断を経て2015年に
復活。これまで約20回になるとのこと。
グループごとにセルフ&ドレープチェックをしたパーソナルカラー
ではドレーピングも協力しあいながら、賑やかに、和やかに。

 

こんな勉強会ができる会社の環境を含め、
皆さまの仲の良さやチームワークの良さも感じました。
あっという間の時間で、お伝えしたいことがまだまだ
つきませんでしたが、色への意識や色を使う楽しさの
手助けが少しでもできたとすれば、嬉しい限りです。


参加されたすべての皆さまからご感想をお寄せいただき、
翌日は色の話で盛り上がっていたと嬉しいメッセージにも
只々、感謝です。

◇いただいたご感想の一部をご紹介します◇

お客様に接する仕事なので、見え方は意識しないといけないなと
 思いました。とても役にたちました。色で顔色や見え方が全然
違うことにビックリしました。すごく楽しかったです。

自分ではWinter色の服を買うことが多かったのですが、
 今日のドレープチェックでSpringが似合うことがわかったので
 今度服を買う時は少し気にして買おうと思いました。

パーソナルカラー、床・壁・天井、アクセントカラー、すごく印象に
 残っています。ありがとうございました。

インテリアを選ぶ時に、コントラストの境目を少し意識しようと
 思いました。服を選ぶ時にも今日感じたことをいかしていこうと
 思います。明るいと思っていた色が彩度だったことに驚きましたし
 知識がついたなと感じました。

自分に似合う色を他の人の意見も聞いて知ることができたのは
 あまり経験できないことなので、貴重でした。楽しかったです。

色が人や環境に影響をあたえていることを意識できた。
 着る服やメイクも選べるので楽しみです。いろんな意味があって
 色を使っていることが面白かったです。

打ち合わせから当日のセッティングまでお世話になりました常務様、
幹事の皆さま、そしてご参加の皆さま、誠にありがとうございました。