こんにちは。ベビーピンクです。

   前回のブログはこちら

冬休みが終わると、あっという間に卒業シーズンに突入です。
卒業式が終われば待っているのは入学式。
そろそろママの中にもスーツの購入を検討する方も多いと思います。

どちらも、同じでいいのでは?
と思われるかもしれませんが、卒業式と入学式は別物
厳密にいえば暗黙の了解の様なマナーがあります。

そこで間違った色をチョイスしてしまうと、
いつまでも浮いたスーツの色ばかりが周りの人の記憶に残ってしまうものです。
(色はそれほどまで、とても印象に残りやすいものなのです。)
色は上手く使うことで印象を大きく変えられます。
ぜひ、TPOに合わせてその効果を活かしたいものですね。

さてTPOに合わせて洋服を選ぶ場合、
デザインだけでなく適格な色のチョイスも大切
です。
色はどのようにして選んだら良いのでしょうか?
卒業式や入学式にはどのようなスーツの色を選んだらいいのか?
今回は、そのコツと簡単な方法をお伝えします。

まず、スーツの色を考える際に考えておきたいポイントは、
卒園式や入園式がどのような式か?という事です。
色は気持ちや感情を表現することができるツールです。

葬儀で明るい鮮やかな色を着てくる方はいませんよね。
もしも、そんな色を着て来たら、
「一体どういうつもりかしら…。」
と悪い印象がいつまでも周りの人の記憶として残ります。
意外と、色は強烈な印象が残るものなのです。

それと同じでTPOに合わせた洋服の色選びにも、
式の意味や、伝えたい気持ちを洋服で表現することは必要です。

卒業式は、お世話になった先生や友人に感謝をする締めくくりの行事です。
ですから、きちんとしたスーツを着ていくのが基本的なマナーです。



色もどちらかと言えば、暗めの色を用いるのが一般的です。
ブラックグレー・ネイビー」などを着ることで、別れを惜しむ気持ち。
感謝の思いをきちんと伝える姿勢が伝わります。

入学式はその逆で、これからの新しい生活に希望と未来を感じる行事です。

同じく「おめでとう」と言われる行事ですが、随分と内容は違う行事になります。
初めて会う先生・お友達のお母さんやお父さん。新しい出会いの場でもあります。
明るい色のスーツを着ることで、話しやすく明るい印象になります。
出会いの場だからこそ、印象の良い服を選びたいものですね。



また春という季節柄、明るい色のスーツは、
後に写真を見たときに季節感を感じる事ができるでしょう。

明るい色のスーツであれば「ベージュ」などのスーツが一般的に良く着られます。
また素材も、ツイードなど暖かみのある印象になる素材も人気です。
近年ではパステルカラー・淡い色味のついたスーツなどを選ぶ方も多く、
淡いピンクサックスなどのブルー系も人気があります。

TPOには、デザインも大切ですが「色」も重要な役割を占めます。
あまり考えないで、
「スーツなら何でもいいだろう!」と
鮮やかな赤や黄色など、色味の強い鮮やかなスーツを着れば
目立ち浮いてしまいます。

卒業式も入学式も、あくまでも主役は保護者ではなく子供たちであることも
忘れてはいけません。
ですからいくらビビットトーンを選ぶよりも、なるべく鮮やかさを控えた色の
スーツを着るのがマナー
です。

もし控えめな色のスーツだけではもの足りない印象になってしまう場合は、
小面積で勝負です。
コサージュやネックレス・ブローチの色や素材を工夫してみましょう。

コサージュやアクセサリー類に色味の入ったものを使ってみたり、
ネックレスやブローチも、パールのような程よい
ツヤ感のある素材を使ってみるのもお勧めです。
とはいっても、卒業式と入学式のスーツを分けて用意するのは大変です。
正直経済的ではありません。



そういう場合は、色を工夫して兼用するという方法もあります。
入学式だから、「ブラックやネイビーがNG」というわけではありません。
実際に、卒業式と入学式を同じスーツで参列するママも多くいます。

卒業式と入学式のスーツを兼用する場合、インナーの色を変えてみてはいかがですか?
入学式にはインナーを白やピンク等のパステル調の明るい色にするだけで明るい印象になります。
素材もシフォンやレースなどを使うと
軽やかで春らしく、女性らしい明るい印象になるでしょう。

更に明るい色のコサージュやパールのネックレスをつけると、
華やかさが増し卒業式とは違った印象になります。

紺や黒のワンピースをお持ちの場合、ジャケットのみ
卒業式と入学式で変えるというのも一つの方法です。

入学式にはできるだけ小物を明るくするだけで、印象が華やかになります。

幼稚園や小学校によっては、ブラックフォーマルのみ。
という伝統的な規定がある場合もあります。
地域や学校によって異なる場合がありますので、リサーチをしておくと尚安心です。

卒業式・入学式のスーツは、
できるだけ流行りすたりの無いデザインを選ぶと比較的長く着る事ができますよ。

参考にしてみてくださいね。