皆さんこんにちは。
J-color認定講師の金子です

東京はいよいよ冬本番で、冷え込みも厳しくなってきました。
こんな時期は暖かいお鍋とか、おでん・・・いいですよね~。

≪食≫というのは、とても振幅が広くて
例えば1つの食材でも、季節で食べ方が変わったりします。
お豆腐なら、今なら湯豆腐、夏なら冷奴がいいですよね。
また、1つの原料が、様々な食品に加工されます。
例えば大豆であれば、お豆腐、納豆、しょうゆに味噌。etc。。。
毎日欠かせない≪食≫だからこそ、様々な工夫が伝承されているんですね。

11月の下旬ですが、この≪食≫に毎日取り組んでいる栄養士の皆様に向けた
カラーセミナーを担当させていただきました。



主催は、大手給食委託会社の栄養士会様です。
会員が300名もいらっしゃるそうです。
医療・介護福祉分野を中心に、学校や事業所まで
幅広く≪食≫を提供されていていらっしゃいます。

忙しい中でも研修会を実施されていていて、
今回初めて『カラー』のセミナーを企画されたそうです。

会員の方達のリクエストも伺いながら、
今回のカリキュラムは大きく2本立てで進行しました!

■前半は、カラーの基本的な知識を、≪食≫に繋げるというテーマです。
 まず色の効果として、機能性と情緒性を事例と共にご紹介。
 せっかくなので色のしくみも学んでいただき、
 補色の役割では、食で活かせる方法をお伝えしました。

 <これは使えそう!>という声が聞こえてきました。そうです!使えます!
 また、「おいしそうに見える色」の心理や、
 視覚で栄養をコントロールできる「五色健康法]も、
 食事指導の1つの方法としてご提案させていただきました。

■後半は、自分のキレイを引き出すというテーマです。
 パーソナルカラーについて、その考え方と、
 基になる色素(肌、髪、眼の色や質感)について、
 また自分の色素のチェックを実施しました。

 どうやら・・皆様 パーソナルカラーにとてもご興味があった様で
 お顔が一気にほころびました。メインはこちらだっかかも
 お仕事が終わってからの研修会ですので、リフレッシュにお役に立てて良かったです!



このセミナーは主催者のご厚意で、教材にカラーカードが付きました。
カードで色を確認したり、イメージをカードで表してみましたが、
緑でも、様々な緑がありその印象は全然違いましたよね。
その微妙な違いで、食べたいと感じたり、似合う色と苦手な色の違いにつながったりすることに
気がついて頂ければ大成功です!
まずは”意識を向けて色を使う”ところからはじめてくださいね。



そして≪食≫で多くの人を幸せに、健康に導いてください!
私も楽しかったです。
ありがとうございました