こんにちは。ベビーピンクです。

   前回のブログはこちら

夏休みになると、子供のイベントがあるご家庭もあるのではないでしょうか?
我が家も夏休み早々に、ピアノの発表会がありました。

アーティフィシャルフラワー1-201608

ピアノの発表会では花束を渡す習慣などがありますが、
暑い季節はせっかくの生花もすぐに枯れてしまい、残念な気持ちになりますよね。

そこで、今年はアーティフィシャルフラワー(造花)
子供の憧れ。ミニブーケを作ってプレゼントする事にしました。

アーティフィシャルフラワー2-201608

造花の良い所は扱いやすく季節や気候に関係なく、
様々な種類の花が手に入りやすい事です。

更に色も豊富なので、イメージ表現がしやすくなるというメリットもあります。

最近の造花は完成度が高いので、ドレスの色に合わせてつくれば、
とても華やかになります。

プレゼントした後も好きなところに飾る事ができるので、
部屋をおしゃれに飾る事ができますし、
いつまでも思い出に残せるところも嬉しいですよね。

今回は、プレゼントなのでドレスの色に合わせて花の色を決めるだけでなく、
「子供に気に入ってもらう事」にもこだわって色選びをしました。

子供に気に入ってもらうために、こだわった色選びのポイントは3つです。

子供の好きな色を使う
子供の年齢に合わせたイメージで色を選ぶ
集合写真で映える様に、ドレスの色を考慮して考える

ドレスの色に合わせて色選びをするだけでは、子供が気に入ってくれるとは限りません。
発表会が終わっても「飾っておきたい!」と思ってもらうためにも、
好きな色や好みの雰囲気に合わせる事も大切です。

アーティフィシャルフラワー妹ちゃん201608
Case1 妹ちゃん

今回水色のドレスを着た妹は、まだ幼稚園児。まだ小さいので、
「可愛らしい印象」で作りたく、「黄色」をチョイスしました。

また黄色を選んだ理由には、淡い水色のドレスに映える色にしたかったからです。
お姫様に憧れる妹ちゃんなので、
黄色でも淡い黄色を選び、品が良くなるよう統一感をだしてみました。

アーティフィシャルフラワーお姉ちゃん201608
Case2 お姉ちゃん

お姉ちゃんは、鮮やかなブルーのドレスを着ました。
妹ちゃんとは違い、少しお姉さんぶりたい小学4年生。

ですから、「ちょっとお姉さん」をイメージしたブルーベースの色で揃えてあります。
そして、大好きなラベンダーカラーをチョイス

鮮やかなブルーのドレスに映えそうな、
ブルーベースの鮮やかなピンクカーネーションがポイントです

プレゼントをしたら、予想以上に好評でとても喜んでもらう事ができました!

生花だと子供も優しく持たなくてはいけない為、子どもにとっては扱い辛いですが、
造花であれば好きなだけ持ち歩く事ができるのも、気に入ってもらえた理由の様です。

色を組み合わせるとき、とても大切な事は「目的をもって配色をする」事だと思います。
みなさんも、きっと花屋で花束を注文する際は、
渡す相手が花束を手にして喜ぶ姿を思い浮かべるのではないでしょうか?

ただ適当に色を選ぶだけでなく、
好みや年齢も考慮して、相手の雰囲気に合わせる。

また、全体のファッションやイベント内容とも合わせて色選びをする事で
より、喜ばれる印象的なプレゼントになるに違いありません。

まさに「オンリーワン」のプレゼントですね

相手を思って配色を提案する。
お友達やお子様に花束をプレゼントする時の、色選びの参考にしてみてくださいね。