こんにちは。ベビーピンクです。

   前回のブログはこちら

この季節、子供を遊ばせていると気になるのが「蚊」の存在です。
今年は気候の関係か、蚊が出始める時期が早い気がします。
私の娘も既に蚊に刺されてしまい、「かゆい・かゆい」と言っています。

蚊201606

子供は痒いと、どんどんかきむしってしまいます。
化膿してひどくなってしまい、とびひになってしまうと、もう大変です。

近年では、日本でもデング熱など蚊によるウイルス感染が話題になっています。
マラリア・ジカウイルス・日本脳炎などのウイルス感染の原因にもなっており
は、本当に侮れない生き物です。

できれば子供が蚊に刺されないようにしたいですよね。

蚊に刺されないために、虫よけスプレーや蚊取り線香
蚊を電流で撃退するラケットの様なものまで売られています。

蚊取り線香201606

ところが その様な虫よけアイテムに頼っても、
残念ながら蚊に刺されてしまう事があります。

そんな時は、服の色を変えてみてはいかがでしょうか?
蚊はあんなに小さな生き物ですが、実は「色」が見えているんです。

そう、「黒・白」見えているそうですよ。
そして蚊は、「黒」がとても好きな生き物なのです。

明るい時間に刺される事もあるので、
あまり気が付いていない方も多いと思いますが、
夜行性の蚊もいます。
そのため、暗闇好きの蚊は、
などの暗い色に引き寄せられる習性があります。

逆に「白や黄色」と言った明るい色には、引き寄せられないようです。
不思議ですね。

「私は、他の人より刺されやすい!」なんて思っていらっしゃる方。
黒いお洋服。着ていませんか?

また、刺された場所を 掻いたり、叩いたり、爪を立てると
刺激によりメラニン色素が活性化してしまい
黒ずみの原因にもなります。

基本的には、血を吸うのは産卵期のメスのみ。
意外にもたまごを産まない時期のメスやオスは、
花の蜜を吸って生きていきます。


汗のにおいや 暖かい温度の人にも蚊は寄ってくるので、
夏に汗をかき体温の高い子供は特に注意です。

蚊の習性を利用して
お洋服の色でもぜひ、蚊よけ対策してみてくださいね。