FC2ブログ
こんにちは。J-color認定講師の早川豊子です。

先日、京丹後市峰山町で「集客のためのパーソナルカラーセミナー」
というテーマでお話をさせて頂きました。

公益社団法人 京都産業21様主催で、京丹後市でのパーソナルカラーセミナーは
昨年の網野町に続き2回目です。

美しい海・山に恵まれ、神話や歴史伝説が多く残る京丹後市ですが、
それぞれの地域には特色があります。今回伺った峰山町はその中でも
伝統ある丹後ちりめんで知られる絹織物産業が盛んな地域です。

嬉しい事に昨年に引き続き2回目でお嬢様とご一緒に参加、
また営業職の男性の方の参加もありましたので、
もっぱらパーソルカラーの活用法について皆さんに体験していただく事にしました。



先ずは4シーズンイメージボード〔今回はメンズも〕やカラーパレットで
シーズンイメージをつかんでもらい、次にそれぞれに色素チェックをしました。

男性の方は初めてで「自分の顔をまじまじと鏡でながめての色素チェック」に
照れながらも熱心にチェックされていました。
色素チェックは似合う色の傾向を知る上でも大切な要素なのですよ。

それからグループごとに色見本のドレープを顔の近くに当てて
似合う色をお互いに確認しあいました。
色素傾向とのつながりを発見してもらう作業です。

パーソナルカラーを活用するためには、似合う色の傾向を
①色相(ベース)②明度(明るさの度合③彩度(あざやかさの度合い)
という色の特徴でもつかんでおくとよいので、実際にスカーフやネクタイ
傾向にあった色の使い方を練習しました。



接客や仕事に役立つパーソナルカラーの活かし方という事で
皆さん熱心に取り組んで頂きあっという間の2時間でした。

セミナー終了後、皆さんからは次のような感想を頂きました。

自分が思っていたイメージカラーと似合う色が同じ感じでした。
  パーソナルカラーを学び好きな色と似合う色を上手に使っていけたらと思いました。


パーソナルカラーと自分の周りから見た印象と関係性があり驚いた。
  自分に似合う色と色の持つ力をこれからは意識して使い分けて行きたい。


人によって同じ色でも受ける印象が違う事に驚いた。
  自分に似合う感じのイメージを持つ事が出来た。


自分の好きな色と似合う色が全く違った事が分かった。

目の色、肌の色で似合う色が変わってくるのが分かってとても興味深かった。
  似合う色が知れてとても参考になりました。


自分が選ぶ色がパーソナルカラーと一致していた。似合わないと思っていた色でも
  明るさを変えたり、他の色と組み合わせる事によって似合う事が分かり、
  これから避けがちだった色にもチャレンジしたい。


これからもパーソナルカラーを「似合う色」を知るだけでなく
「似合う色」を効果的に取り入れたコーディネートをして
「魅せる色」にする活用方法をお伝えしていければと思っています。

参加頂いた皆さん、企画していただいた公益財団法人 京都産業21 様
どうもありがとうございました