FC2ブログ
9月になり、あちらこちらで虫の声も聞こえるようになりました。
体調管理にも気を配りたいこの頃ですね。
こんにちは。J-colorの丹治です

今回は、板橋看護専門学校様「看護教育に活かすカラー」
のセミナーを担当させていただきました。



内容は大きく分けて、
「看護に活かすカラー」「自分に活かすカラー」の2本立て。

まずは色の大切さと色の効果の話を皮切りに、
その効果を今後に活かしていただくために、
色の基本のお話をさせていただきました。

知識・看護教育経験の豊富な方たちばかりということで、
本来、色の初心者には少し難易度の高いと思われる話も
織り交ぜながらの内容でしたが、皆さんの“打てば響くような”
反応の良さに助けられながら、楽しく講座を進めることができました。

「色の実践」を踏まえたJ-colorならではのカラーワークの時間も設け、
実際に条件に当てはまる色を自分で選んでいただいたのですが、
他の人のものと見比べながら、色の効果を実感している様子が
皆さんの表情からも伺うことができ、こちらとしてもうれしい限りでした。

休憩をはさみ、次は「自分に活かせるカラー」ということで、
パーソナルカラーのお話。

色の基本をあらかじめお伝えしていたこともあり、皆さんのみ込みの早いこと!
ドレーピングのポイントをレクチャーした後は、グループに分かれて即実践。
明るく清潔感あふれる教室で、設備にも恵まれた中、皆さん顔映りの違いを
興味深く観察しながら、お互いにコメントしあっていました。
そのコメントが的を得ていて、驚かされることもしばしば。

普段の服装の傾向を知っていらっしゃる同士なので、
「いつも着ているのよりもっと明るい色にした方がいいみたいね」
など、具体的な言葉も方々で聞こえました。
皆さんそれぞれのお好きな色の見え方を、
客観的に受け止められたようです。

今回は、「看護教育に活かすカラー」というタイトルでしたが、
「看護に活かす色」という視点とともに、
「教える立場としての色の活用法」という視点も加わり
色の活かし方をご自分の経験に具体的に結び付けて
捉えて頂いた方が多くみられたように思います。

パーソナルカラーも楽しく体験できてよかったという感想
たくさん頂きましたが、それだけではなく
「これから色を活かしていくヒントになった」
とのお言葉を頂戴できたことが、
何よりうれしく感じられたセミナーでした。

受講者から感想をいただきました

授業資料の作成や患者さんへのパンフレット作成にも役立ちそう。

自分に似合うタイプの色がわかり新しい発見でした。

パーソナルカラーを知りカラーコーディネートに
 挑戦してみようかなと思いました。

身近にある色の意味がわかって良かった。

顔うつりのよい色の話は、病人を少しでも美しく見せるという
 考え方ができると思った。