FC2ブログ
「鬼は外~!福は内~!」
2月といえば節分ですが、この時期からチラチラとお目見え
しつつあるのが「雛人形」。

こんにちは。漆黒です
「雛人形」のアピール(?)は、ここ数年かなり力を入れて
きているのでしょうか
和の雰囲気が強くなるお正月に合わせて、早くも1月から
CMをやっているメーカーもありましたね〜。

生まれてきた女の子に災いが降りかからないように…、という願いを込めて。
初めて迎える「初節句」に親が願いを込めて贈るのが「雛人形」です。
そのため、雛人形に供えられるものにもちゃんと意味がありますね。
今回は、その中でも特に「色」に関する意味も強い「菱餅」のお話です。

「菱餅」に使われている色は?
桃色白色緑色の3色。
この色の始まりは、ひな祭りが定着するもっと昔。
もともと3月3日は、農村では山遊び・漁村では磯遊びをする野外行事が行われていたそうです。
桃の木の下で、お酒を呑んだり、草餅を食べたり…。
雛人形が登場し飾られるようになると、桃の木・白酒・草餅を供え、そのひな飾りを前にしてごちそうを食べる習慣が定着していきました。
これらの色が、現在の菱餅の色になっているんです。

また、それぞれの色にはちゃんと意味があります。

■桃色
桃の花を表しています。山梔子の実を使って
着色しているので、解毒作用があり、生命を
表すとされるこの色と意味を掛け合わせて、
邪気を払うという意味と願いが込められて
います。




■白色
純白の雪をイメージしていることから、
清らかに育つようにとの願いが
込められています。
また、春の雪解けも表していることと
菱の実を使うことから、長寿・子孫繁栄
などの意味も含まれています。
菱の実は、焼酎の原料にもなっていた
そうで、菱餅の白に菱の実を使うのは
この名残なのかもしれませんね。


■緑色
木々の芽吹きをイメージしています。
この緑色の原料はもちろん草餅の原料。
蓬です。
草花の芽が雪の下で春を待つその強さと
蓬にある厄除けの意味を合わせて、
大病なく健康に育つようにとの願いが
込められています。


3色それぞれに込められた願いと共に食することで、自然のエネルギーを授かり、健やかに成長できるようにと願うのが「菱餅」の意味なんですね。

「菱餅」の他に、「ひなあられ」にもこの3色が使われています。
今では、ケーキにも!
ひな祭りを連想させる色として、この3色が定着しているんですね。

最後にもうひとつ。
この3色は、春の情景も表しているんです。
下から「緑色白色桃色」の順に重ねた時は、「雪の下にある新芽が芽吹き、桃の花が咲いている様子」。暖かい日が多くなり、雪の表面が新芽の芽吹きに押されて少し盛り上がっている情景。
下から「白色緑色桃色」の順に重ねた時は、「雪の中から新芽が芽吹き、桃の花が咲いている様子」。暖かくなり、わずかに残る雪から新芽が顔を出している情景。
どちらも、桃の花が咲いている春の情景ですが、それぞれが刻々と移り変わる春の訪れを表しているんですね