FC2ブログ

こんにちは。ピーコックブルーこと中山由美子です。

   前回のブログはこちら

今回は今年度からライフケアカラーを特別授業に採用してくださった
「大阪健康ほいく専門学校」を紹介させていただきます。

ここ大阪健康ほいく専門学校は、資格・知識・実践力が自慢の学校。
キャンパスに併設されている「すこやか保育園」では
1年次から実習があり、2年間の在学中に子どもさん達と過ごす時間は
(なんと全国平均を大きく上回り)関西No.1

また“好きなこと&得意分野を伸ばして、自分の強みをもった先生に”
多くの人に愛される存在、子ども達の憧れの先生を目指した
プラスαの授業も豊富です!

私どもJ-colorのライフケアカラーも2年生の生徒さんへの
スペシャルプログラムの一環として導入いただきました。
授業は全体で3日間。2クラス(約70名)合同の授業でしたので、
今回はライフケアカラー認定講師の方とライフケアカラー資格を持つ方
それぞれにアシスタントもお願いしました。

大阪健康ほいく授業(教室風景)201412

生徒さんの個人的な第一印象としては、
男性の生徒さんが思ったよりいらっしゃったこと。

授業ではカラーカードとプロジェクターを使い、
私たちの生活に当たり前にある色の具体例を交えながら、
カラーワークとともに進行。
J-colorの強みは「色の実践」。
2日目の配色ワークはあれこれ色を悩みながらも
次第にカラーカードに慣れていき、
配色ルールも基本をおさえれば
“なるほど。それでいいんだ!”と納得の表情。

大阪健康ほいく授業風景2-201412

ここは私が授業を担当して3年目を迎える大阪調理製菓専門学校の姉妹校。
保育科ではお菓子作りの選択カリキュラムがあり、
校内には定期的に一般の方が利用できるオープンキッチンや
ショーケースに並んだスィーツの販売もあります!

普段から環境として“食と色”、栄養学への関心も高いため、
ライフケアカラーの「フードカラー」への反応は一段と大きく、
皆さん一様に改めて色への気付きと楽しさを
感じていただけたのではとも思います。

ごく一部、生徒さんからいただいた授業のご感想を紹介します。

同じような色でも少しずつ明るさや鮮やかさなどが異なり、
 それぞれに名前や番号が付けられていて色って面白いなと思いました。
 自分が好きな色でもさまざまなトーンがあり
 自分は白に近い明るめの色が好きだという発見もあり、
 楽しみながら授業を受けることができました。
 これからは保育現場で子ども達が落ち着いて過ごせるよう
 保育室の壁面や家具などの色に配慮していきたいと思います。
 さらに子ども達にも色の楽しさや面白さを伝えていけるよう、
 普段の保育の中で色を取り入れていきたいです。

今日の講座を受けて、色ひとつで人のイメージは変わるし、
 部屋のイメージも変わるということを改めて感じました。
 いつも何気なく選んでいる服装も、これからはその場の雰囲気などに
 合わせて着こなすようにしていきたいと思いました。
 また今回学んだことを元にして、
 保育の現場では誰でも入りやすくて馴染めるような環境を
 作っていきたいと思いました。

ライフケアカラーの授業を受けて、
 生活していく上で色はとても大切なものだと思いました。
 将来保育士として色に関わる仕事もたくさんあると思うので、
 色をバランスよく使って臨機応変に色を使いわけていきたいと思いました。

授業は今月、3日目となるラストを迎えます。
目をキラキラさせて熱心に取り組んでくださる生徒さんに、
私も気合いが入ります

次回もどうぞ宜しくお願いいたします。