FC2ブログ
このメルマガ(ブログ)を読んでくださっている方の中には
色彩の勉強をされた方がたくさんいらっしゃると思います。

勉強して分かったことや楽しかったことは、周りの人に教えたくなるもの・・・
そんな時、うまく伝えることはできるでしょうか?

例えば、色の検定に合格して理解していると思っていても、
いざ、色について人に伝えようと思った時に、
どこからどのように話していいのかわからない…
という経験はありませんか?

実は、色をわかりやすく人に伝えるため大切なことは
“伝えるコツ”を習得して“実践してみる”ことです!


『ライフケアカラーを教えるための講座』では、
ライフケアカラー検定2級もしくは1級を合格している方であれば、
色を教えることが初心者の方はもちろんのこと、
既に教える仕事をしている方にも、さらなるスキルアップを
目指せる内容の講座です。

*********************************************

まず1回目は「教材編」。
教材と言えば公式テキストの内容をまずは、
きちんと正確に伝えることが基本ですが、テキストを読んで、
講師が話をするだけでは、色は体感できません。
実際にカラーワークをやってみて初めて体感することができます。
『教材編』では公式テキストのわかりやすいナビゲートの仕方にプラスして、
どんなカラーワークシートを使ったら効果的なのか、
またその使い方はどういったものなのかお伝えしてした上で、
実際にカラーワークシートを使ったライフケアカラーを体感することができます。
自分でカラーワークを体感していれば、教えるときに効率よく伝えられます。




そして2回目は「カリキュラム編」。
独学された方ならば必ずと言っていいほど、テキストの1ページから
読み進めて学習すると思います。
でも、ライフケアカラーの場合「衣・食・住」に分かれているため、
対象者がどの色に興味があるのかをリサーチしてカリキュラムを
組むこともできるのです。
また、ライフケアカラーの全体の内容を把握できていれば、
ご要望に合わせたテーマでのセミナー企画もできるようになります。




最後3回目の「ロールプレイング編」。
1回目、2回目で“伝えるコツ”を習得したら、
3回目は“実践してみる”です。
自分で企画した内容で、伝える側の立場になって模擬授業を行います。
アウトプットすることで自分の強みや弱みも把握することができ、
講師としてのベース作りやスキルアップになります。



*********************************************

なお、ライフケアカラー検定2級認定講師を目指す方や、
アドバイザーとして活躍したい方は、
認定講師の応募条件の一部(カラーセミナーの講師経験)が免除されますので、
ご自身の周りに教える環境がない方は、この講座で講師経験を体験してください。

まずは教えることへの第一歩を踏み出してみませんか?