FC2ブログ

こんにちはピーコックブルーです。

前回のブログはこちら

9月は防災月間

外出した際、誰もが経験したことのある
「玄関の鍵の開け閉め」の不安
ピッキング対策など様々な技術革新で
の防犯性能は高まってきていますが、
警察のデータでは
“うっかり鍵をかけ忘れてしまった!”
ミスによる
空き巣の被害が3割前後を占めているようです。

そんな不安を「色」で解消できる鍵
があるのをご存知でしたか?
その名はメモリスアイズ
セキュリティ商品を販売する(株)オプナスという会社が作成し、
2008年グッドデザイン賞も受賞されているものです。

鍵(アイズ)


写真にあるように
をかける前は
をかけた後はオレンジに、
鍵のつまみ部分の色が変わります。
目で合図を送ることから、アイズというネーミングにも。
『鍵をかけたかどうか?を表情で伝え、
より多くの人に違和感なく使ってもらえるように』

と開発されたとのこと。

鍵の表示


通常の開け閉めと同じ動作の中に
“色でメッセージを与えてくれるという楽しさ”をプラス。
電池交換などのメンテナンスも必要なく、
誰にでも簡単に使えます。
日常無意識に行っている行為をひと目で確認でき、
の開け閉めを意識するきっかけにもなり、
“うっかり”を未然に防ぐことができます。

また他社でも、色で知らせる同様の鍵は出されています。

あるハウスメーカーさんでは、
このメモリスアイズの鍵のさらなる開発がすすめられていて、
年内にもすべての人に優しい鍵が登場する予定とか。

ライフケアカラーのテキストにもありますが、
色は形より認識されやすく、記憶にも残りやすいと言われています。

そして色の機能性としての働き…この鍵の場合は

  色でメッセージを送ってくれるコミュニケーション効果
  見やすさ、わかりやすさという識別効果
  色で区分して目立たせるアピール効果


も発揮してくれています。

個人的な意見としては、オレンジに加え
JISの安全色彩「安全状態・進行」の意味を持つ「緑」の表示も、
目に優しい色でもあり、あってもいいのかな!
と感じていますが、皆さんはいかがでしょうか。


~ラストにひと言~
度重なる大雨や竜巻、自然の猛威を目の当たりにした時、
私たちはなすすべもありませんが、
年々激しくなる異常気象や自然災害に対して
“命を守る”行動を今一度意識し、事前の情報にも今まで以上に
敏感にならなければと強く思います。
被害に遭われた方々の1日でも早い復旧を心から願っています。

そして私が担当する10月からの冬期に向けた対策講座
(東大阪市と奈良県橿原市)
をご紹介させていただきます。
詳しくは下記HPをご覧いただき、お近くの方はご検討ください!
宜しくお願いいたします。

小阪カルチャースクール 
http://www.kosaka-culture.com/
パーソナルカラー検定3・2級 第1・3(水)10:00~12:00 
ライフケアカラー検定2級   第1・3(水)13:00~15:00

花園スタジアム 
※講座案内は上記、小阪カルチャースクールHPをご覧ください。
パーソナルカラー検定3・2級 第2・4(金)15:00~17:00
ライフケアカラー検定2級   第1・3(火)16:00~18:00

JEUGIAカルチャーセンター(イオンモール橿原)
http://culture.jeugia.co.jp/hall_top_25.html
パーソナルカラー検定3・2級 第2・4(日)10:30~12:30
  http://culture.jeugia.co.jp/lesson_detail_25-4802.html
パーソナルカラー&配色レッスン(全6回)第4(木)19:30~21:30
  http://culture.jeugia.co.jp/lesson_detail_25-3836.html