FC2ブログ
こんにちは。ベビーピンク です。

 前回のブログは
こちら

最近散歩をしていると、鯉のぼり
目にするようになってきました。
もうすぐ、「こどもの日」ですね。



鯉のぼりの中には、5色の吹流しがついているものがあります。
その5色は、ご存知の方もいると思いますが、
中国 に古くから伝わる5行説に関係しています。

5行説とは、万物は、木・火・土・金・水の5つが
元となっているという考えです。
(ちなみに、5惑星の木星・火星なども、ここから名付けられています。)

それぞれ木=青(みどり) 火=赤 土=黄 金=白 水=黒(紫)
で表現されます。子供の日には、様々な形で
この5色が魔除けの意味を込めて使われてきました。



ライフケアの1級では、鯉のぼりの色としても紹介されていますね。
他にもどんなものに5色が使われていたのでしょうか?

「こどもの日」別名「端午の節句」
「端」とは、「はじまり」を意味し、「午」は「うまの日」
つまり、「月のはじめてのうまの日」を指していたようです。

「端午の節句」は、そもそも中国の風習で、日本では、
厄除けの為の宮中行事として行われていました。

当時は、病気や災いを払う為の行事で、菖蒲の葉や
蓮の茎で玉を編み、5色の糸を結んだ薬玉を飾ったり、
贈り合ったりしていたようです。
ここでも、5色の色が既に使われていたのですね。

厄除行事だった、「端午の節句」は、武士の時代となる
鎌倉時代~江戸時代に、菖蒲の花の葉が「剣」に
似ていることや、「勝負」という言葉に結びつくことから、
男の子の成長と出世を願う日として定着してゆきました。

そして、昭和23年。国民の祝日に関する法律により、
5月5日は、「こどもの日」となったのです。

さて、こどもの日に食べる
なぜ、子供の日に粽を食べるのでしょうか?
これにも、5色の色が深く関わっていたようです。

粽の歴史は、中国にありました。
屈原(くつげん)という国を強く思う詩人が陰謀で失脚し、
国を追われます。
5月5日に、彼は川に身を投げてしまいました。

彼の死を悲しんだ国民が、供物を川に投げ入れたそうです。
その時せっかくの供物が、悪い龍に食べられないよう、
龍の苦手な葉にもち米をくるみ、邪気を払うため、
5色の糸で結んで投げたのが、粽の始まりのようです。

粽を食べる文化が、今の日本人の生活にも
根付いているのですから、不思議ですよね。

この5色の糸は、後に鯉のぼりの吹流し色となり
魔除けをかねて子供の成長を願う色として
使われるようになったと言われています。

色と共に伝わってきた「子供の日」。
知れば知るほど、親たちがどれだけ、子供の成長を
願ってきたのかが伝わる気がします。

知っているようで、知らない「5色の文化」
私たち日本人の文化には、深く根付いており、
今でも、お守りの色としてもよく使われますし、
寺院でも目にする事があります。

私の生まれた町では、お祭りのときにも
この色の折り紙を貼ったお神輿を担いでいました。

また、相撲の土俵にも青・白・赤・黒の房が下がっています。
5色について知ると、少し違う目線で
様々な物を見ることができそうですね。