FC2ブログ
「ファッションカラーコンサルティングの極意」講座

                  企画裏話【その1】

こんにちは!J-colorの三浦です

これから、4回に分けて、3月20日(水・祝)に開催する
「ファッションカラーコンサルティングの極意」講座の

企画裏話を書かせていただきます。

 色を仕事につなげたい方

 色の講座企画をしたい方

 「講座を受けようかな~」と迷っている方へ

担当講師の池田先生と、企画担当の三浦からのメッセージ。
よろしければ、お付き合いくださいませ。

。。。。。。。。。。。。。。


【その1】 「なぜファッションをテーマにしたの?」

突然ですが。
女性のオシャレにかけるパワーって、半端ないと思いませんか?


「自分がほしい!」と納得して買える洋服を求めて、
  何件も何件も、洋服屋さんをはしごして回ったり。

  私は実家が横浜なのですが、
  かつて横浜で買い物していたとき。

  東口に出て、ポルタ地下街に行って、そごうに行って、丸井に行って、
  戻ってきてルミネを眺めて、結局西口の高島屋で買い物する。
  みたいなことを、平気でしていました。

  もちろん、足は痛くなるし疲れるんですが、
  不思議と「今日はよくがんばった!」という充実感があったりして(笑)


この間、墨田区でカラーセミナーを行ったのですが、
  最後の20分は、バーゲン会場のようになりました!

  「ファッションカラーコーディネート」がテーマだったのですが、
  最後に、講師とアシスタントが持参したスカーフを使って、
  コーディネート実習をしたんです。

  実習がスタートしたとたん、20名ほどの参加者が、
  バーッとスカーフのまわりに集まり…

  「これ似合う?やっぱりこっち?」
  「先生、これはどう巻けばいいの?」
  「え~、これ欲しい!持って帰りたい!(ダメダメ!!講師の私物ですって!)」

  ということで、大騒ぎに。
  似合う色が見つかった方は、もちろん大満足


かなり昔ですが、阿佐ヶ谷の公民館でセミナーを
  開催したときの話。

  パーソナルカラーの最終回。
  私の目の前にドーン!と置かれたのは。
 
  衣装ケース × 2個。

  「え???」
  一瞬、目を疑いましたが。
 
  近所の方だったので、衣装ケース2つに
  ワードローブを詰め込んで、車でいらっしゃったんです。

  「似合うのと似合わないのに分類してほしい!!」
 
  いやぁ、似合う色のピックアップがんばりました。
  アシスタントの先生と2人で一汗かきました

。。。。。。。。。。。。。。

これぐらい、女性のおしゃれにかけるパワーってすごいんです。
そして、だからこそ、悩みも多い分野なんです。

 「歳を取ったら、何を着たらいいかわかんなくなっちゃった!」

 「無難なものを、と思っていたら、気がついたらモノトーンばっかり。
  色モノに手を出せなくなっちゃったんです。何色を選べばいいんでしょう?」

 「店員さんの勧めで買ってみたけど、結局着ないでしまったまま。
  何を合わせたらいいか、自分じゃわからないんです!」

といった具合いに。
確かに、衣食住の中でも「ファッション」が一番、

 毎日変えなくちゃいけない。
 人に見せるもの。
 かつ、ファッションによって、人柄も判断されたりしやすい。

ので、悩みも多くなりますよね。
「悩みが多い」ということは、それを解消してあげたら喜ばれるわけで。

つまり、「ファッション」は、
「カラーの仕事に一番結び付けやすい分野」というワケです。

。。。。。。。。。。。。。。

ということで、

色の実践を学びたい方にも。
色を仕事につなげたい方にも。

「きっと、ファッションカラーを一番に押さえておいたら役に立つよね!」
と、池田先生と相談させていただいて、
今回のテーマとして選びました。


ファッションカラーのスキルアップとして自主トレ方法を1つご紹介します。

人にお勧めする前に、まずは「自分の好みを熟知する」ことが大事です。

STEP1 好きなファッション雑誌を買ってみて、
        好きなスタイルの写真を切り抜く。
       (これからTRYしたいスタイルでもOKです)

STEP2 仲間分けして(例えば、色・イメージが似ているものというように)
        傾向をチェックしてみる。

        ⇒ 例)・ベーシックカラーにベージュが多い、グレーはないな
             ・同系色のコーディネートが好きなのかも
             ・ピンクはよく着るけど、オレンジって持っていないな
             ・キリッとしたパンツスーツもカッコイイと思うけど、
              どこかに女性らしさも入れたいな

STEP3 自分なりの色のルールを整理してみる

        ⇒ 例) ・ベージュに組み合わせる色ベスト3といえば?
              ・同系色コーデで気をつけることは?
              ・ピンクとオレンジのイメージの違い
               (なんでオレンジを着ないのかな?の理由も探る)
              ・キリッとしたパンツスーツを着て女性らしさも出すには?

「自分が好き」なものは「自分が得意なコーディネート」でもあるのです。

なんとなく、ではなく、一度自分で整理してみると、
それがそのまま、クライアントにお伝えできる説得力のあるアドバイスになります
(なにしろ、自分自身でお試し済ですからね!)

ファッションの自主トレ、よかったら試してみてくださいね
雑誌を見ながら、ポイントをポストイットに書き出すだけでも違いますよ!

。。。。。。。。。。。。。。

ファッションカラーのスキルアップに、
今回の講座もお役立ていただけたらうれしいです

「ファッションカラーコンサルティングの極意」講座
 3/20(水・祝)

2/28(木)までにお申し込みの方、特別に1000円OFFです!

企画裏話【その2】のテーマは、「流行色は万人受けする?」です。
 
  よろしければ、こちらから続けてお読みください!