FC2ブログ
こんにちは。
J-colorの尾本です

節分を過ぎた翌週に雛人形 を飾りました。
寒い寒いと言いながらも、
少しずつ確実に春は近づいてきていますね。



さて、先日、KTC中央高等学院立川キャンパス>
「ライフケアカラー検定3級講座」を担当してきましたので、
報告をさせていただきます。

昨年7月に実施された夏期検定の前に、
新宿キャンパスさんで同様の講座が開講されたことがきっかけで、
今回は立川キャンパスと厚木キャンパスで講座
企画していただきました。

 
KTC中央高等学校HP
 新宿キャンパスでの講座報告は
こちら

私が担当させていただいた立川キャンパスでは、
トライアルレッスンということで、
スポーツ系やビューティ系などの様々なレッスンが
企画されていて、「ライフケアカラー検定3級講座」は、
昨年10月~今年2月までの間で実施されました。

生徒さんは高校生・・・ジェネレーションギャップを感じつつ
色彩の基本をはじめ、生活の中で使われている実例を見ながら、
「色の世界」を知ってもらえるように授業をすすめていきました。

途中、「色相・明度・彩度」「トーン」といった
普段なじみのない用語に戸惑いながらも、
カラーカードを切り貼りしたり色鉛筆 による着彩では
習ったばかりの配色や色の心理的効果をふまえ、
自分なりに取り組んでいる姿が印象的でした。

着彩に使ったのはインテリアのイラストで、
アクセントカラーを必ず入れてもらうことを課題に。

   「黄緑の補色は紫・・・
    クッションがサツマイモみたいになっちゃったよ?」
   「赤と黒のカッコイイお部屋だね~」


いろいろおしゃべりしながらも
個性を発揮した作品が出来上がり・・・
一緒に参加してくださっていた先生も
ステキなお部屋が出来あがっていました。

そして、検定試験を1週間後にひかえた最終日。
「パーソナルカラー」の体験をしてもらいました。

  「なに色にしようかな~」
  「そのピンク、上品に見えるよ~
   彼氏のお母さんに会うときにいいかも?」
  「ココアブラウンのほうが優しそうに見えるね!」




みんなの前でドレープ(色の布)をあてるのは、
ちょっぴり恥ずかしかったかもしれないけれど、
楽しいひとときとなったようです。

検定の結果が出るまで、ドキドキですね。
今回のライフケアカラー講座で学んだことは、
いまの生活に限らず、
将来のお仕事にも活かしてもらえたらうれしいです

 「ライフケアカラー検定」について知りたい方は
こちら