FC2ブログ
皆さまこんにちは、藤色です。

ここ最近寒くなってきて、より一層冬を感じるようになってきましたね。
この頃は蜜が多くて熱々で柔らかな焼き芋や、
熱燗とともに頂くお出汁の滲みたおでんがとても恋しく、
今から楽しみでなりません。
きっと寒さもスパイスの一種になっているのだと、一人で思っています。



さてさて、そんな食欲増大の季節がスタートしだした中、
『立皇嗣の礼』が厳かに行われたことは、
皆さまテレビなどでご存じのことと思います。

私はバタバタとしておりましたので、残念なことにニュースでしか
拝見することが叶いませんでしたが、禁色である黄櫨染黄丹
(カメラ越しではありますが)じっくり見ることができる数少ない機会とあって、
取り上げられる映像をできるかぎり見るよう心掛けました。

普段色票などで見る色とは違い、衣で見るそれらの色は本当に美しく、
ただ単に“知っていた色“を『こういう色なのだ』と実感することができました。

天皇陛下がお召しになった黄櫨染の衣は、威厳や落ち着きがあり、
けれども時折金にも見える華があり、誠に陛下に相応しいお色に感じました。

また、皇太子殿下がお召しになった黄丹の衣は、朝や希望を思わせる、
次代を感じることのできる素晴らしいお色に感じました。
(上記はただ私が映像を拝見した時の感想でありますので、
それぞれのお色について疑問がありましたら、
皆さま各自でお調べ頂きましたら幸いです。)

特別な時でないと拝見できないものですので、
この度は本当に幸運であったと思いました。

このような式典や祭典を(カメラ越しとはいえ)拝見できる、
そんな今を生きられる私は本当に果報者であると思います。
そのことを常に感謝し、この文の締めとさせていただきます。
こんにちは。ピーコックブルーです。

初冬が過ぎ、いよいよ冬の到来です。
これからは紅葉の見頃も広がっていき、
美しい自然の彩りが各地で楽しめますね。
そして今回取り上げるワインを例にとれば
11月は新酒を祝う、ボジョレー・ヌーヴォーの
解禁もあります。(今年は19日が解禁日)

ちなみにボジョレー・ヌーヴォーとは…
フランス南部ブルゴーニュ地方のボージョレ
地区でその年に収穫された「ガメイ種」という
ブドウから造られる新酒のこと。
「ヌーヴォー」は、フランス語で「新しい」という
意味です。

ワインラヴァの方はこの時期を毎年心待ちに
しているかと思いますが、近年、世界中で流行
しているらしい第4のワイン「オレンジワイン」
いうのがあるのをご存知でしょうか



「オレンジワイン」という名称から、てっきり
フルーツワイン?と私も想像していたのですが…
これは白ブドウを使った、れっきとしたワイン
の一種なのですね。

それぞれ作り方を簡単にまとめると、
赤ワイン
黒ブドウの果皮や種を果汁と一緒に発酵して
熟成。

白ワイン
白ブドウの果皮や種を取り除いた果汁だけを
発酵して熟成。

ロゼワイン
黒ブドウの果汁を果皮や種と一緒にして薄く
ピンク色に色づいた果汁だけを発酵して熟成。

そしてオレンジワイン
白ブドウを果皮や種と一緒に発酵して熟成。

つまり、白ブドウを『赤ワインと同じ製法』で
作ったもの。
黒ブドウにあるアントシアニンが含まれていない
ため、赤ではなく、黄色系の色素が溶け出して
「オレンジ」に近い色になるようです

またオレンジワインの特徴として…

黄金色からロゼに近いものまで、製法によって
色合いに違いがあること。

そしてオレンジワインならではの味わいが
ワインと相性があまり良くない料理ともマッチ
すること。

こうした今までにないワインの面白さも人気と
なり、「ロゼ」に続く第4のワインとして
次第に認知されるようになってきたようです。



何とそのルーツは今から8000年近くも前、
ワイン発祥の地と言われているジョージアワイン
の伝統的な醸造法から。

しかし市場に出回ることなく、ずっと知られて
いなかったこのオレンジワインを現代に復活
させたのがイタリア人の生産者。
ジョージアの伝統的なワイン造りに感化され
造り出したオレンジワインが脚光を浴び、
広まっていったとのことです。

色合いや味わいが様々に楽しめる
オレンジワイン
今年はボジョレー・ヌーヴォーにプラスして
あなた好みのものを見つけてみてはいかが
でしょうか…。
こんにちは、J-colorの桑野です。
静岡・大阪編に引き続き、9月に行われた東京編のご報告です。

東京会場①9月5日
東京会場②9月12日

=・=・=・=・=・=・=・=・=・

9/5は、リアル会場とオンラインで行われ、認定講師の方々を中心に、
各種学校の教員の方、企業のご担当者様と多くの方からのご参加をいただきました。

「色使いを工夫すれば、色弱の人はいなくなる」 
多くの方がうなずいていた伊賀さんの言葉です。


講師:伊賀 公一氏

Jカラーでは、みんながわかりやすい色(C U D)について知り、
各々の立場で色使いを工夫することで、色の見え方によって
弱い立場にならざるを得ない人がいなくなることを目指し、
ガイドラインブックを作成しました。

この作成に関わって頂いた伊賀さんのお話は、驚きと発見の連続で、
皆さんの真剣な表情と、伊賀さんの時にユニークさを交えたお話に
緩む顔が交互に現れるそんな場面が印象的でした。

視覚の特性の違いによる色の見え方がわかるアプリや、
シミュレーションツールを使っての体験では、皆さん時間をかけてゆっくりまわり、
色々試す度に驚きの声があちこちで上がっていました。


色の見え方体験!

私自身も、たくさんの人と関わりながら生きている「人」としてはもちろん、
色を伝える立場として「まずは知る事」の大事さを実感したセミナーでした。

ここで、一般でご参加いただいた方々からいただいた、
印象的だったこと、ご感想などを一部紹介させていただきます。



=・=・=・=・=・=・=・=・=・
色弱の方のものの見え方、それは当事者にとっては当たり前のことであり、
 生活の中で不便な部分は自分の知見でカバーしているということを知りました。

自分が思っている以上に色弱の方は多くいるということに驚きました。
 映像で情報を発信している立場ということもあり、もっとCUDを広めるべきだと
 感じました。

子どもへの対応などの実例が参考になりました。色に携わる者として、
 日常で自分が配慮できる範囲を広げていけたら良いなと感じました。

右利きの中心に世の中が作られていて左利きの人は不便を感じるのと
 少し似ているのかな とも思いました。最近は、左利きは個性として矯正されない
 世の中になりましたので色の見え方の違いの認識も変わっていくと思いました。

「やさしい日本語」が注目されているように、「みんながわかりやすい色」が
 当たり前に使われるように なってほしいと思いました。

sli.doでの質問、UDトークでのテキスト化など、理解を深めるための工夫を
 されていると感じました。

sli.doの活用など、オンラインでも問題なく受講することかできました。

(アンケートにお答えいただいた皆様、ありがとうございました
=・=・=・=・=・=・=・=・


今回、海外からの方も含めてオンラインで70人近くの方が参加されました。
リアルタイムで皆が聞きたいことや意見を全体で共有できるように
J-colorとしても初の試みであったsli.doを活用しました。
また、会話を見える化したU Dトークも取り入れ、我々にとっても
より多くの人にとっての快適なセミナーを考える一歩になりました。

11月と12月には、C U Dの活用を目指したワークショップも開催します。
ワークショップではガイドラインセミナーに参加された皆さんに感じていただいた
「色の見え方の多様性を知ることの大切さ」を自分から伝えていく方法を考え、
「CUDの重要性と取り入れ方」を実践することで理解を深めていきます。

皆様からのたくさんの参加を心よりお待ちしております。

【緊急企画】特別直前講座のお知らせ

CUDガイドラインセミナー【オンライン ライブ型(Zoom)】
  11月14日(土)14時から 全1日90分

夏の「CUDガイドラインセミナー」に参加できなかったという方も、
安心して参加いただけるように特別セミナーも緊急企画しました。
こちらのセミナーもご活用ください。

「J-color CUD活用クラブメンバー」として活動を始めたいという方、
まずは一緒に考えてみることから始めてみたいという方も大歓迎です
是非、お気軽にお申込みください。