FC2ブログ
なにもパーソナルカラーリストを
バリバリに目指さなくても、
パーソナルカラーを仕事に活かすことはできます。


例えば…

○アパレル販売職の方は接客に

○美容師さんはカラーリングのアドバイスに

○ブライダルのお仕事なら、ドレスの色選びに

○メイクアップ関係のお仕事、ネイリストの方も
 クライアントの良さを活かしたカラーアドバイスを

○マナー講師の方は、身だしなみ&自己PRの一環で

などなど、挙げるときりがありません。

・・・・・

そして、似合う色の診断ができなくても、
パーソナルカラーの色分類を知っているだけでも
いろいろ活用できます。


パーソナルカラーでは、
色の特徴が同じ傾向のものを、
SPRINGSUMMERAUTUMNWINTERというふうに
分類しています。

同じグループの色であれば、
共通要素を持った色同士なので調和する、という
「色彩調和」のひとつの考え方に合致するんですね。

イエローベースブルーベースの分類も同じ。

ブルーベースの水色に調和しやすい茶色は、
イエローベースの黄みがかったコーヒーブラウンではなく、
ブルーベースの赤茶系のココアブラウン

なぜなら、ベースが同じという共通要素があるからです。

・・・・・

ということで、こういったことがわかっていると、

○商品の陳列に活かして、空間を整理して見せる

○調和のあるカラーコーディネート提案ができる

○インテリアやテーブルコーディネートに
 色相をいろいろ使っても、統一感を出すことができる

など、いろいろなことに活かすことができます。

まずは、今の自分にはどう使えるのか、
将来の自分にどう活かすのか、
この機会に考えてみてくださいね。


・・・・・

パーソナルカラーの基本から、
応用的ないろいろな活用の仕方は、
J-color主催の
「色彩活用パーソナルカラー検定」
で学べます。

テキストを読むだけでも
使える知識はたくさんあるので、
ぜひ目を通してみてくださいね

・・・・・

☆「色彩活用パーソナルカラー検定」のテキストは、
 2009年12月発売予定です。

☆第1回の検定は2010年2月28日です。


今後の情報が知りたい方は、
ぜひメルマガ登録してくださいね。
検定情報もいち早くお届けします
いろいろとパーソナルカラーについて
ご紹介してきましたが、
今度は「パーソナルカラーの仕事」について
ご紹介しましょう


.....

まずはプロのカラーリストです。

マンツーマンのコンサルティングをしたり、
何名か集めてセミナーを行ったり。

きちんとした診断のスキルと
人に対するコンサルティングのスキルを
学ぶ必要がありますね。

一定期間スクールに通って
勉強するのが一般的です。
診断力は本を読んでもつきませんので、
特にたくさんモデル実習ができるところを
選ぶと早く実践力がつくと思います。

.....

カラーリストの方の
プロフィールもさまざまあります。


ストレートにに色の勉強から始めた方。

ファッション業界からの転身。

タレントやモデルといった
 人前に出る職業の中で
 自己演出から派生してカラーリストに。

心理カウンセリングの仕事or勉強から
 色の心理効果に興味を持って。

などなど。

最後の1つは
異色のような気がするかもしれませんが、

似合う色を使うと、
「自分に自信がつく!元気になる!」
という効果もあるので、

パーソナルカラーを
カラーセラピーの1つのツールとして
使うこともできるんですね。


コンサルティングを受けるとしたら、
自分の目的に合いそうなプロフィールを持った
カラーリストを探してみるといいですね。


逆に、これからパーソナルカラーリストを目指す方は、
自分ならではの「売り=得意分野」を見つけて
アピールすることが大切ですね!


.....

では、「カラーリストのやりがいは?」というと、
やはりクライアントの笑顔や、
色がきっかけで起こる「よい変化」だと思います。


似合う色を身につけた自分の美しい姿に、
カラーリストのほめ言葉に、
照れながらも笑顔を見せてくださって。

ご自宅に帰ってから似合う色を試してみて、
ご家族やお友達にも好評だったりすると、
なんとなく下向き加減だった方も、
気持ちも行動もポジティブになっていきます。

久しぶりにお会いした時に、
こちらが「同一人物」とびっくりするほど、
変わる方もいらっしゃるんですよ

・・・・・

ちなみに、意外と最近、IT関係の方が
パーソナルカラーの勉強していらっしゃいます。

きっかけは、
「いつも機械相手の仕事をしているので、
ダイレクトなユーザーの反応が見れる
仕事がしたいから」とか。

「人と直接関わるのが好き
「人との関わりを大切にして、
人を喜ばせる仕事がしたい」という方には
おもしろいお仕事だと思います。


ぜひチャレンジしてみてくださいね!

・・・・・

次回は、プロのカラーリストの仕事以外の
「パーソナルカラーを仕事に活かす方法」を
ご紹介します

似合う色を見つけるには、2つのチェックをします。

まずは肌、眼、髪などの色素のチェックです。

見た目で色の傾向をつかんだり、
色見本と照らし合わせたりして、
どのタイプの要素が多いかを確認します。

肌はピンク系で、血色は割とよい方かな
髪はやわらかくて、明るいブラウン、
眼もブラウンで、キラキラした感じ…

トータルでみていくと、SPRINGっぽい色素の傾向かな。
といった感じですね。

・・・・・

そして、今度は、実際にその色を身につけた時の
色の見え方をチェックします。


ドレープという色の布を顔の下にあてて、
色による顔うつりの変化を確認します。

SPRINGコーラルピンクだと、
顔色がさらにパッと明るくなって好印象!

SUMMERベビーピンクだと、
ちょっと色が薄すぎて、顔がぼけてみえるかな。

といった感じです。

この2つを総合して、似合う色のタイプが決まります。

・・・・・

ちなみに、「自分の似合う色を知りたい!」という場合は、
カラーリストに診断してもらうのが、一番確実です。


カラーリストによる診断は、
マンツーマンコンサルティングが一般的です。

時間は2時間程度。
マンツーマンなので、似合う色の診断だけではなく、
職場では、キリッとかっこよく見せたいんだけど…といった
要望に合わせたアドバイスをもらえます。

似合う色のカラーサンプルをもらえたり、
最後に似合う色のメイクをしてくれるなど、
サービスはカラーリストによってさまざまです。

・・・・・

後は、似合う色を診断してくれるセミナーもあります。
この場合、他の人の似合う色も一緒に見れるので、
比較して自分のこともよくわかります。

ただし、時間に制約があるので、
ドレープをあててもらう色数は少なくなるかも。
似合う色のポイントアドバイスをもらえるという感じでしょうか。

・・・・・

カラーリストの診断ではなく、
雑誌などにも紹介されているようなチェックリストで、
セルフチェックをする、という方法もあります。

あなたの肌色は、ピンク系?オークル系?
似合う白は、黄みがかった白?漂白されたような真っ白?

などの質問に自分なりに答えていって、
簡易的に結果を出すものです。

セルフチェックでも、大きな傾向はつかめると思いますが、
自分の思い込みも反映されてしまうので、
確実とはいえないかもしれません。

・・・・・

時間も金額もさまざまなので、
自分でどこまで詳しく知りたいか、
似合う色を知るよい方法を探してみてくださいね


・・・・・

次回は、「パーソナルカラー」の仕事について
ご紹介します!
今回は似合う色のタイプについてのお話です。

「私はピンクが似合うってよく言われる!」

「私はかな~」

なんて、よくある会話ですが、

実は、パーソナルカラーでは、
「ピンクが全て似合う」とか「青が全て似合う」ではなく、

どんなピンクが似合うのか

どんな青が似合うのか

という色の傾向で
似合う色のタイプを分類しています。

・・・・・

パーソナルカラーの診断を受けた方から、

「私はSPRINGタイプ。
 明るい春らしい色が似合うんだって!」

などと、季節の名前を聞いたことはありませんか?

似合う色の傾向の分類の仕方はいろいろありますが、
割と世の中的に多いのは、
四季の名前をつけて、4つに分類したものです。

・・・・・

SPRING 
明るくて鮮やかな暖かみのある色
春に咲く色とりどりの花が
暖かい日差しでキラキラ輝くようなイメージ

SUMMER
明るくて穏やかで涼しげな色
梅雨の雨に打たれたあじさいの花の
やさしいグラデーションのようなイメージ

AUTUMN
暗くて穏やかで暖かみのある色
深まりゆく秋の野山の紅葉のような
実りの秋の豊かで充実したイメージ

WINTER 
暗くて鮮やかでクールな色
クリスマスの赤、緑、雪の白など
コントラストがはっきりしたイメージ

*ここでいう暖かみのある色とクールな色とというのは、
 イエローベースブルーベースの違いです。

 イエローベース…ベースに黄みを感じさせる暖かみのある色
           例)ピンクなら黄みのあるサーモンピンク

 ブルーベース…ベースに青みを感じさせるクールな印象の色
           例)ピンクなら青み(紫み)のあるチェリーピンク

・・・・・

この4シーズンの中で、
その方の色素傾向に一番マッチするのはどれか、を
見つけていきます。


SPRINGが似合う方なら、

ピンクなら黄みがかった明るいコーラルピンク

なら鮮やかでさわやかなマリンブルー

などということになります。

・・・・・

ちなみに、四季の名前がついていますが、
その季節にそのタイプの色を着る、
ということではありません。

色の傾向ごとに分類した時に、
四季の名前をつけると
色を想像しやすかったからです。

・・・・・

では、似合う色ってどうやって見つけるのか?
それは次回のブロクをお楽しみに!
「似合う色」の決め手って何でしょうか?
人によって違うのはナゼでしょうか?

・・・・・

「似合う色」の違いは、
人間の持つ「色素」の違いです。


肌や眼、髪の色など、
人によって少しずつ違いますよね?
だから「似合う色」も人それぞれに違うのです。

たとえば、まわりの方と
手のひらを比べてみてください。


 赤みが強いとか。
 赤みがなくてけっこう白いとか。

 ピンクっぽいとか。
 黄みがかっているとか。

まじめに見てみると、
けっこう違うと思います。

手のひらの色が似ている方は、
似合う色も似ているかもしれませんね。

・・・・・

肌の色だけではなく、
髪や眼の色も人によって違います。


外国の方のように茶色くて明るい瞳。
黒目がちで目ヂカラのある強い印象の瞳。

ねこっ毛でやわらかいやさしい黒髪。
つやつやの真っ黒で、量の多い髪など。

十人十色です。

・・・・・

今度から、買い物に行く時には、
鏡の前で、顔の下に洋服をあてて、
色を合わせて吟味してみてください。

自分の色素にマッチする色が
「似合う色」です。


メイク用品やネイルカラーも
肌の上にのせてみてください。

妙に色だけ浮いてしまったり…
これは「似合わない色」です。

自然となじんで見える。
これが「似合う色」です。


いろいろお友達と比べながら
試してみると、けっこう違いがわかりますよ!

・・・・・

では、似合う色のタイプって
どんな分け方をされているでしょうか?


SPRING、SUMMER、AUTUMN、WINTERとか、
季節の名前を聞いたことがありませんか?

次回は「パーソナルカラーのタイプ」
についてご紹介します


パーソナルカラーとは、
「似合う色」のことです。

 ○お友達が着ている洋服の色を気に入って
  同じ色を着てみたけれど、
  「なんだか似合わない…」
  と思った経験はありませんか?

 ○逆のパターンで、
  「この服を着ているといつもほめられる!」
  という色はありませんか?

きっと、日常の経験の中で、
自分なりに「似合う色・似合わない色」を
体感されているのではないでしょうか?

・・・・・


「似合う色」は、
肌色を美しく見せ、美白効果もあり、
表情を明るく生き生きと輝かせ、
積極的な印象に見せてくれます

「似合わない色」は、
肌色をくすませたり、トラブルが目立ったり。
暗い印象やキツイ印象に見せてしまいます

・・・・・

人生の中で、ここぞ!という時は、
ぜひ「似合う色」を活用してください。


 ○面接の時のスーツの色に!
  積極的でやる気のある、信頼感のある印象を演出。

 ○結婚式のドレスの色に!
  主役の華やかさを色がさらにひき立てます。

 ○「今日は決めたいプレゼン」という時の服装に!
  説得力と自信に満ちた印象がプレゼンを助けます。

 ○授業参観、入学式などの行事の装いに!
  やさしいorエレガントなお母さんなど演出は自在。

 ○合コンor食事会など大切な出会いの場に!
  かわいくorかっこよく見えるキメ色を使って。

などなど、活用シーンは挙げればきりがないほど。

・・・・・

もちろん、一番多く活用できるのは、
毎日の暮らしの中で。


○今までキツイ印象に見られて、後輩に怖がられていた私。
 似合う色にしたら、後輩から頼られるように。

○毎日の洋服の色に迷って、いつも遅刻気味。
 似合う色のワードローブにしたら、色合わせが簡単に!

○洋服屋さんで、いつも店員さんのおススメを断れない!
 似合う色を知った今は、自分主導で選べて無駄買いが減った!

○似合う色を知って、まわりにもたくさんほめてもらったら、
 すごく自信がついたのが驚き。明るい色にもチャレンジしてます。

といったように、いろいろなイイコトがあります。
あなたも「パーソナルカラー」を活用してみませんか?


・・・・・

でも、いったい「似合う色」って
何によって決まるのでしょうか?
人によって違うのはナゼでしょうか?

その続きは次回のブログを