fc2ブログ
こんにちは。ピーコックブルーです。

2022年も半月が過ぎました。
今年は2年ぶりに帰省先や旅先で
新年を迎えたという方も多かったかも
しれませんね。

コロナウィルスは変異株の心配が
広がってきてはいますが、また
社会に大きなストップがかかって
しまわないことを祈るのみです。

さて、お正月といえば
いただいた年賀状を見るのも
楽しみのひとつではないでしょうか。

私はほぼ毎年年が明けてから
書いているような気がしますが(汗
年に一度のご挨拶の機会だからこそ、
SNSでの年賀メッセージとあわせて
年賀ハガキも頑張って大切にして
いきたいなぁと思っています。

そこで今回は年賀状からみる「色」
について、ちょっとまとめてみました。

新年やお正月のイメージとして
多く使われる色が「赤」「白」「金」

いただいた年賀状では
紅白の「」、華やかな「」、
黄色」などがよく使われ、
」の組み合わせに
アクセントというモダンなものも
ありました。

は私たち日本人にとっては縁起もの
に使われる「ハレ」の色。
厄災から身を護る色としても信じられ、
力強さを感じ、気持ちを前向きにして
くれます。



は汚れのない神聖なイメージ、
新たな始まりという場面にもふさわしい色。



はその輝きから、豊かさや高級感
をイメージする色。



そして今年はトラ年ということもあり
元気をもらえる「黄色」もたくさん
使われていました。



「黄色」は気持ちを明るく、朗らかに、
元気にしてくれるコミュニケーションカラー。

全体が明るく優しい黄色で包まれた
ハガキなどは見るだけで明るい気持ち
になり、閉塞感のあるコロナ禍に
ぴったりだと改めて実感。

また初春というイメージから
幸せな気持ちにさせてくれる、優しく
淡い「ピンク」系も多くみられた色でした。

もちろん、これらの色以外もデザインに
よって様々でしたが、例えば
にほぼ補色のを少しあしらうと
互いの色を引き立ててくれますし、
カラフルに多色にしたい場合は
トーンを揃えると全体にまとまります。

私自身は、毎年なるべく彩り豊かに
見た目が楽しく、それでいて新年らしさ
を感じるデザインのものを選ぶように
しています

ちなみに今年はこんな年賀状を選びました




コメントに入れたように、人との出会いや
お出かけが気兼ねなくできる日を心待ち
に、元気でいたいですね

今年も「色のいろいろ」ブログ
どうぞよろしくお願いいたします




こんにちは。ピーコックブルーです。

2021年もあとわずか。
人や経済が少し動きだしたかと思えば
また新たな心配が出てきた年末となりました。

しぶとく、したたかなウィルスとの闘いは
まだしばらく続くのでしょうが、来年こそは
マスクや感染対策をしながらでも
もとの日常に戻れるよう、少しずついい方向
へ進んでいければ…とつくづく思います。

そんな中、今年私たちをとても元気に明るい
気持ちにさせてくれたのが
メジャーリーグ エンゼルスで大活躍する
大谷翔平選手だったのではないでしょうか。

2021年新語・流行語大賞にもなった
「リアル二刀流 / ショータイム」

数々の受賞に満場一致のMVP。
また球場でさりげなくゴミを拾う姿や
審判への敬意、
さわやかでチャーミングな笑顔なども
印象的で、大谷選手を知る世界中の人が
みんなファンになってしまう
誰もが好きになってしまう
唯一無二の存在なのだと思います。

来季の活躍も大いに期待するところです。

ちなみに
この彼が所属するエンゼルスの
チームカラーは

赤いユニフォームの他、 白地赤文字
グレー地に赤文字のタイプもあります。
そしてキャップも

本拠地アメリカ アナハイムにある
エンゼル・スタジアムもこんな感じ。



日本でも試合の模様は見られ、
スタンドを埋め尽くすファンもチームカラー
に染まり、このをよく目にしたよう
な気がします。

ファンに配られた大谷選手の顔が入った
ド派手なTシャツも話題になりましたよね。

はエネルギーや生命力を表す色。



人の目を惹きつけ、アピールする力が
あり、見る人と身に着ける人を元気に、
活動的にしてくれます。

赤を身に着けることでやる気アップ
自分自身を奮い立たせる効果や自分
を後押ししてくれる効果も期待でき、
スポーツ選手に赤を選ぶ人は多いと
言われています。


プレゼンや自己アピールの場などに
アクセントカラーとして使うのも
いいですね

長引くコロナ禍。
大谷選手の活躍とともに
エンゼルスカラーであるこの「赤」
何となく元気や自信をなくしつつあった
私たちを潜在的に少し元気にしてくれた
のかもしれない…と思います。

今年も「色のいろいろ」ブログを
ご覧いただき、ありがとうございました。
少し早いですが、来年がいい年でありますように
2022年もどうぞよろしくお願いいたします






こんにちは。ピーコックブルーです。

暦の上では立冬が11月7日。
紅葉も 見頃が進み、今年は
秋らしさを感じる間もなく、一気に季節が
進んでいった感じですね。

コロナ禍で迎える2年目の年末。
人出が多くなり心配もつきませんが
今度こそこのまま感染が抑えられていく
ことを願うばかりです。

マスク生活が当たり前になった日常。
立体型のマスクも人気で
様々な色のマスクやレース模様など
今ではオシャレなマスクがたくさんあります。

このマスクの色も
好きな色や柄で選ぶ、
自分の肌の色をきれいに見せてくれる
パーソナルカラーを活用して選ぶのが
おススメですが
今回はそんなマスクとともに楽しみたい
カラーマスカラについて書きます。



もういろいろお使いになっているかも
しれませんが
「今やマスカラはColorを楽しむもの!」
というように、カラフルなマスカラが
プチプラや高級ブランドまで
各社から豊富にだされています。

色の中で一番暗い「黒」。
マスカラに定番の黒は、確かにまつ毛
くっきり、目力もつけてくれます。

ですが、例えば
ネイビー深みのあるグリーン
暗めのパープルなどは
黒のような強さがなくても
目元がしっかりして、大人っぽい
イメージに仕上がります

バーガンディのような深みの赤系も
秋冬にはおススメ

またブラウン系は色のバリエーションも
あって、取り入れやすいカラーです。



他にもカーキターコイズ
オレンジイエローピンク
キラキラしたグリッタータイプなどたくさん
1本で2色になったWカラーのもあります。

カラフルなタイプは、発色も気になるところ。
出来ればショップで試したいところですが、
ネットやSNS で色みをリサーチしてみると
いいですね。

カラーのマスカラも
パーソナルカラーで選ぶ、
アイメイクのカラーと合わせる、
一部使いにするなど
楽しみ方はいろいろ。

私自身も黒だけでなく、
ネイビー深みグリーン、やや暗めの
ターコイズブルーバーガンディなど
さりげなく色みが感じられるものは
以前から使ってきました。
使いやすい限定色のマスカラがでたりすると
すぐ飛びつきます(笑)

マスクの日々でリップやチークが使いにくい
からこそ、“ 目元メイク
自分らしく、オシャレに彩ってみては
いかがでしょうか。



こんにちは。ピーコックブルーです。

本格的な秋の始まり。
着るものも、食べるものも秋色
あふれて嬉しくなる時期。

ちなみにお芋が好きな私は、特に
お芋スィーツがたくさん出回る秋が
楽しみで仕方ありません!

引き続き感染対策はしながら
残り少ない今年とこの秋を出来る範囲
で楽しみたいですね。

さて今回は衣替えについて少し書きます。

整理収納に関してはSNSや雑誌、本など
手に入れられる情報はたくさんありますが
いつも衣替えの時期になると悩んでしまう…
なんてこと、ありませんか。

捨てられずにたまっていく洋服でなかなか
片付かないという人も多いのでは
ないでしょうか。

私もなかなか捨てられないタイプなのですが
こんな時、「色の知識」を少し活用すれば
収納をすっきりさせ、見やすくすることが
できます

ということで、いくつかのポイントをご紹介。

◇自分に似合うパーソナルカラーの活用

似合う色の特徴や色みの幅がわかれば
似合わない、調和しない色の特徴もわかり
ますので、自分に合わない色のものは
思い切って処分orフリーマーケットの
サイトなどで整理。

この時、コーディネートとして使えるものは
残し、処分に迷ってしまうものについても
次回の検討として残します。

◇大まかに「色相」でわけて収納

例えばよく使う無彩色(白・グレー・黒)を
いろんな白をまとめた「白」だけ、
「グレー」だけ、「黒」だけでまとめる。

あとのものも大まかに色相ごとに分類
すると、自分が持っている服の色の
傾向がわかり、新しいアイテムを購入
する時にも役立ちます。

211011-1
イメージ画像

そしてラストにもうひとつ
こちらは整理収納のプロが教える
簡単&便利な収納のポイントをご紹介
します

それは、タンスの引き出しに入れる時、
本棚のように立てて収納することです。

重ねてしまうと何がどこにあるのか
探しにくいのですが、こうすれば
見やすく、取り出しやすくなります。

さらに、とっても簡単でおススメなのが
着終わって洗濯したものを、いつも
それぞれの収納スペースの一番手前
に入れるようにする、ということです。

いつも手前にあるのが、よく使った服。
ということは、そのシーズンに殆ど
着なかったものはタンスの奥に位置
していることになります。

殆ど着なかったものは
次のシーズンでもおそらく着ないかも
処分の対象もわかりやすくなります。

211011-2
イメージ画像

ではクローゼットの場合はどうするか
というと、こちらは着終わったあと
クローゼットの真ん中に入れるように
します。
この場合も活躍した服が中央(真ん中)
にいつもあるので、出番がなかった服
はクローゼットの端に。

いかがでしょうか?
近年は季節外れの気温で衣替えの時期
も定まらない感じですが、
色と収納のポイントを活用して
衣替えを楽しく、快適に。
すっきり、見やすい収納にお役立て
ください

こんにちは。ピーコックブルーです。

暦の上では早くも初秋
まだまだ厳しい残暑は続くのでしょうが
8月もお盆を過ぎてくると
気持ちだけは秋色に…って感じですね。

コロナウィルスの感染拡大の中で
終わったオリンピック
この状況下でベストを尽くして闘った
アスリートの方々からは多くの感動を受け
熱い想いもテレビを通して共有させて
もらえました。

次に舞台が移っていくパラリンピックも
引き続き、無事に閉幕をと願うところです。

さて今回も先月同様、オリンピックから
色の話題を少し。

それは東京オリンピックの競技会場の
色使い
についてです。

そのひとつは柔道の会場。
「赤」の床に鮮やかで明るい「黄色」の畳
が使われていました。

柔道が初めてオリンピック競技となった
1964年の東京オリンピック。
この時は、白一色の柔道着と天然の
の畳だったようです。

2004年アテネ大会ではアイボリー
(象牙色)の畳、2012年ロンドン大会で
場内が「黄」、場外が「赤」という鮮やかな
組み合わせになり、2016年リオ大会も
同じに。

今回東京大会では当初、場内を「青」
畳、場外を「赤」という新たな色の組み
合わせにする予定だったとのことですが
柔道着に「青」が使われているため
「見分けがつきにくい」点も理由に、結局
3大会連続で「黄」「赤」に落ち着いた
ようです。

また例えば卓球やバドミントン
バレーボールの会場も
コントラストのある印象的な色使いでした。

卓球会場は
「赤紫」の床に、卓球台は「緑みの青」
色が対照した組み合わせ。

バドミントン会場は
互いに鮮やかな「赤」の床に「緑」
コートという補色に近い組み合わせ。

バレーボール会場は
明るく鮮やかな「青緑」の床と
トーンの違う「オレンジ」の組み合わせ。



画像提供:東京都
画像は平成31年1月時点のイメージ図。
コート外の鮮やかなブルーの部分は
今回のオリンピックデザイン装飾の「赤系」
カラーとなっています。


ちなみにバレーボールの規定に
「コート内は明るくわかりやすい色で
なければならない」とあるようです。
クリアな色分けが出来ていることで
選手も判断しやすく、審判もジャッジ
しやすいという利点があります。

只、これらの会場のように
色が離れた組み合わせは、鮮やかな色同士
になるほど色のコントラストが強く
色の境目が見づらくなってしまいます

こんな時役立つのが、配色技法の
「セパレーション」です。

今回の卓球会場に似せた下記のイメージを
ご覧ください。



卓球台と床には高低差がありますが
台の縁に白線が入っていることで
卓球台がよりわかりやすくなります。

セパレーションとは
色と色の間に入れて、配色全体を
見やすく調整する色のことで
使い方は2タイプ。

コントラストの強さをやわらげて
見やすくする。




逆にぼんやりした、あいまいな配色を
引き締めて調整する。




どちらの使い方も、あくまでも補助色と
して他の色を引き立てるための色なので
白やグレー、黒の無彩色がよく使われ、
他には低彩度の色を使います。

ポイントは「明度」(明るさ)の差を
つけた色を選ぶことです

今回東京オリンピックの各競技会場に
施されているデザイン装飾の
カラーパレットも、とても日本らしさが
あって素敵です。

「藍」「紅」「桜」「藤」「松葉」
伝統色5色が、十二単(じゅうにひとえ)
に代表される色の組み合わせ
「かさねの色目」にならって同系色で
まとめられています。

今一度、今度はパラリンピックで
チェックしてみてください。