FC2ブログ
こんにちは。ピーコックブルーです。

カラッとした暑さからジメッとした暑さへ。

朝晩はまだ幾分過ごしやすく感じますが
雨が多くなり、これからますます暑さも湿度も
高くなるこの時期を「色」で何とか快適に…
ということで

今回はインテリアカラーを例に
「色」のイメージや心理的効果を活かして簡単に
できる工夫を少しご紹介します

インテリア空間の中で
床・壁・天井にあたる部分をベースカラー(基調色)
ベースカラーを補い、次に面積の大きい部分を
アソートカラー(配合色)
そして小物などにあたる部分をアクセントカラー
(強調色)
といいます。

例えば…カーテンやラグなどの色。
ここに涼しさやクール感を演出できる寒色系を使う
というのも、ひとつの方法です。



一般的に、暖色系(赤・オレンジ・黄色)
寒色系(青を中心とした色)では個人差もありますが
2~3℃温度感の違いを感じるといわれます。

夏の時期は寒色系のカーテンで見た目に爽やかで
涼しげに
冬の時期は暖色系であたたかみのある印象を。

 

只ファッションとは違い、インテリアに使う色は日々
空間の一部として目にする色ですので
ともに明るさとあざやかさのトーンが違うと
受ける印象も変わります。
お部屋に合わせた色あいで暖色寒色を上手に活用
することで、見た目の温度感が調整できます。

インテリアで使うファブリック類は「色」を変えるだけで
季節感やイメージを気軽に演出できて便利
クッションなどの小物にアクセントとして使うのも
もっと手軽です

でも季節ごとに変えるのは面倒…という方には
寒暖の感覚があいまいな中性色もおススメです。
中性色とは、グリーン系(黄緑、緑)
紫系(青紫、紫、赤紫)の色。
暖色、寒色とは違い、一年を通して使える色として
重宝します。

ちなみに先日、我が家もカーテンを新しくしました。
夏は遮熱、冬は保温という年中使える省エネタイプ
にしたのですが、色は明るめのグレーを選びました。



グレーは白と黒の間にあり、明るさに幅がある無彩色。
控えめで自己主張の少ない色なので
すべての色と調和しやすく、使いやすい色です。

ラストに「色の面積効果」についても補足を。
色は大きい面積になる程、より明るく、あざやかに
見えて、印象も若干変わります。

カーテン類など、ある程度大きい面積を占める色を
選ぶ時は、実際に広げた状態をイメージして選ぶよう
にするといいですよ
こんにちは。ピーコックブルーです。

平成から令和へ。
202年ぶりとなる皇位の譲位に伴う歴史的な改元
と史上初の10連休、皆さんはどのように過ごされた
でしょうか。

元号が変わる瞬間は各地の様子がテレビでも中継
されていましたが、新年を迎える時とはまた違った
感覚で、新時代のスタートを厳粛に、また清々しく
晴れやかな気持ちで迎えた…という気が私はしています

さて「令和」となってから担当する今回は
「色」がもつ固有のイメージを取り上げ、ひとつの事例
をもとに、『赤』について書きたいと思います。

元号が変わると随分前のことのように感じてしまいますが
約1ヶ月前の4月15日、プロゴルファーとして著名な
タイガー・ウッズ選手が、「マスターズ・トーナメント」という
まさに招待資格を満たす名手(マスター)しか出場できない
メジャー大会で復活優勝しました

マスターズでは14年ぶり、メジャー制覇は2008年以来
11年ぶりの快挙が大きな話題となり、
先日はトランプ大統領からアメリカの民間人に対する
最高勲章である大統領自由勲章も授与されました。

そのタイガー・ウッズ選手の勝負カラーといえば、「赤」
最終日には必ずといっていいほど赤いウェアを着用して
います。
数々のトラブルや故障など、どん底からあきらめずに
戦い続けてきた今回の優勝は、
赤いウェアの強いタイガー・ウッズが戻ってきた!と
心を動かされたファンも多かったのではないでしょうか。


画像元 https://www.golfdigest.co.jp/

は、「火」や「太陽」、「血」をイメージさせる生命の源
ともいえる色。

「パワー」「エネルギー」の象徴として捉えられ
アドレナリンの分泌が促され、気持ちが高揚し、
自分自身を奮い立たせる働きが期待できる色です。

そのためウッズ選手に限らず、プロスポーツの場面
ではウェア他、インテリアの一部など「赤」は様々に
活用されています。



人の目を惹きつける効果(誘目性)も高い色なので
「ここぞ」という時、自分をアピールさせたい時、
例えばネクタイを赤に、洋服や小物をにするなど…
仕事や日常にも幅広く、効果的に使えます。



このように身につける色によって、自分自身への内面
的な効果だけでなく、他者に与える外面的な印象を
色でコントロールすることも可能です。

今回は「赤」を例に取り上げましたが、各色がもつ
イメージや効果を知り、うまく活用できれば
「色」はいつも、あなたの味方でいてくれますよ
新しい元号が、『令和』に決まりました。
万葉集から採られたということで、
何とも穏やかな美しい元号ですね。

穏やかな、いい時代になることを心より願います。
気持も新たに春を迎えられていますか
こんにちは、認定講師の田中です。

3月中旬、松戸市教育委員会主催
【恋は何色?自分を魅せる!カラー婚活】
 「色を学んで魅力もアップパーソナルカラー講座」
を担当して参りました。

松戸市の縁結びサポート事業として開催される
婚活パーティに先駆けての講座です。

ご自身の魅力をバックアップするパーソナルカラーを知って、
パーティでの装いに活かして頂くという講座。
縁結びカラリスト(?)として、アシスタントに
入って下さる二人と張り切って伺いました



「恋は何色?カラー婚活、ワクワクするタイトルです。
婚活は大切な人生のパートナーと縁を結ぶ活動。
心と心が繋がることが望ましいですよね。
は何気なく心を表し、自分にも相手にも働きかけます。
心と心がコミュニケーションするのにすごく役立つツールです。

講座はパーティ―に先駆けてなので、皆さん初顔合わせ。
仕事帰りでお疲れもあるでしょうし、緊張もしていらっしゃる。
でも、グループに分かれて、話し合ったり、
観察しあったりするうちに、段々と打ちとけて
会場もリラックスした雰囲気に包まれていきました。

まずは、名札に好きな色で、好きなように名前を書いてもらいます。
何気なく選んだその色は、今のあなたの潜在意識の表れかもしれません。
色の持つ心理的効果もお伝えしました。



次に色のことを知って頂くために、
色彩の基本パーソナルカラーの4シーズンのイメージについて、
クイズ形式も入れて皆さんに考えて頂きました。

そして、それぞれの色素【目・肌・髪】を比べながら、
自分の色素をチエックしていきます。

「ほらしっかり比べて」
「眼の黒目をよーく観察し合って下さい」
「髪の毛も触って比べてみてください」
「堅い?柔らかい?」


カラリストおばさん達の掛け声のもと、皆さん積極的に観察されていました。
美人美男だとか好みではないのです。

その方の持って生まれた色・質感でその方らしさに皆さん気付くはず。
そして何よりご自身も客観的な目で見てもらい、自分らしい魅力に気づくはずです。



最後に色素チェックの結果を、ドレープで検証してみます。
グループごとに分かれて見えの違いを確認していきました。
時間的にしっかりドレーピングすることはできませんでしたが、
少し違いを実感して頂けたでしょうか?

今回の会場の名前は「フューチャールーム
ご自分の未来にしっかりと向き合い、
活動している皆さんに誠実さを感じました。
パーソナルカラーは、
ご自身のありのままの魅力をバックアップしてくれる色です。
パーソナルカラーで自然な自分に自信を持って進んでいけば、
きっと素敵な出会いがあるはずです。

その後のパーティには、皆さん春らしい明るい装いで、
パーソナルカラーを意識して、
ピンクのネクタイを着けていらした方もいらしたそうです。
会場ではパーソナルカラーのことが話題になっていたと嬉しいご報告も頂きました

今回の講座でカップルにならなかったとしても、
ご縁があった仲間とのいい出会いになったのではないでしょうか?

今回の講座をきっかけに、色を意識して取り入れ、
新しい「令和」という時代をよき仲間、大切なパートナーと
歩んでいかれることを、心よりお祈りしています。


 講座参加者のご感想

自分のカラーを知れてよかった。今後、洋服選びの参考にしたい。

色について考える場になって、とても勉強になりました。

パーソナルカラーの違いで人の印象がだいぶ変わることがわかりました。

女性と会う時、デートの服選びに活用したいです。

人と比較できるのが良かった。もう少し明るい色を着ようと思った。

こんにちは。ピーコックブルーです。

新元号の発表とともにスタートした新年度
『令和』という文字を目にした瞬間は私も意外でしたが
から始まることばの響きには美しさを感じ、
時間が経つと何だかすっとなじんだような感覚が…。

『平成』から『令和』へ、これだけ多くの方がワクワクして
迎える記念すべき時期を目の当たりにできて
残りわずかとなった平成の日々も大事にしなきゃ
思っています。

さて今回は
「言葉によらない、目で見るだけで案内を可能とする」
ピクトグラム(案内用図記号)を取り上げます。

先月、東京2020組織委員会から
東京2020オリンピックスポーツ ピクトグラムが発表
されました。
スポーツピクトグラムはそれぞれの競技を正確に表すと
同時に、コミュニケーションツールとして情報を伝える大切
な役割があります。



1964年東京オリンピックで作られたピクトグラムを継承、
進化させ、躍動するアスリートの動きを魅力的に引き出す
ものとして、今回新時代の革新的なピクトグラムが誕生

色は「エンブレムブルー」を基本カラーとし、
東京2020大会の大会ルックに用いられる5色もサブカラー
紅(くれない)藍(あい)桜(さくら)藤(ふじ)松葉(まつば)
として設定されています。


https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20190312-01.html

和の色名も日本で開催されるオリンピックならではですね。


そんなピクトグラムは、様々な場所で当たり前のように
私たちの日常でも多く目にしています。



例えばトイレの表示
赤が女性青が男性という認識が定着していますので、
もしこの色が逆になっている、色がついていなかったとしたら
どうでしょう

間違って入ってしまったり、色がついていなければ
わかりにくく、見つけにくくなってしまいませんか。

形やデザインが見やすく、わかりやすいということも
とても重要ですが、のほうが認識しやすく
記憶にも残りやすいと言われています。

ここにしっかり「色」の働きが
色があることで
区別、目立たせる「アピール効果」
メッセージ、記号となる「コミュニケーション効果」
見やすさ、わかりやすさとなる「識別効果」という
『色の機能性』が発揮されているのです。
こんにちは。ピーコックブルーです。

暖かい日と寒い日を繰り返しながら春本番へ…。
楽しみな桜の開花もあと少し、という頃になりました。

今年は元号が変わることによる慶祝行事やそれに伴う
特別公開なども様々に予定されていますので
どこも例年以上に、たくさんの人で賑わうことになるの
でしょうね

やイチゴ、春をイメージした季節限定のものもあふれ
特に女子達はウキウキしてしまいますが、
今回は“サクラ色”ではなく、最近たまに目にするように
なった「ラベルレス商品」について書きたいと思います。

まず「ラベルレス商品」とは
ペットボトルに貼り付けてあるラベルを無くし、廃棄物量の
削減による環境負荷の低減と、ラベルをはがす手間を省き
使いやすくした「人にやさしく、地球にやさしい」商品のこと。



昨年5月、アサヒ飲料から通販専用で「アサヒ おいしい水
天然水」のラベルレスボトルが発売され、同社では
新たに先月からお茶、今月後半からは乳酸飲料もと
通販・宅配を中心に、ラベルレス商品を広げるとのこと。


画像はアサヒ飲料より

ラベルに記載されていた表示は外装のダンボールに記載。
個々の商品に小さいタックシールやキャップに必要な表示
を入れるだけ。
これにより、ラベルに使用する樹脂量が約90%削減できる
ようです。


画像はアサヒ飲料より

“透明”からイメージされるのは…

透き通って濁りも混じりけもないことから
ピュア、クリア、シンプル、清潔、クリーン、潔白、自由、
口に入れるものならカロリーフリー、健康的などの
ワードもイメージできそうです。

ここ数年、透明な飲み物がブームに、またバッグやポーチ、
小物をスケルトンにしてあえて魅せることで自分らしさを表現
するなど、“透明”なものにも人気が!


透明の瓶に層状もカラフルな野菜が入っている
見た目もかわいいジャーサラダ


そもそも透明な水や炭酸水にラベルがなくてもスッキリして
違和感はなく、
何よりペットボトルのラベルをはがす手間がグンと楽なのが
嬉しいですよね
ゴミも少なくなり、水やお茶、炭酸水をよく飲む人や
いつも同じメーカーのものを好んで飲む人にとっては
価格も少し安くなるとしたら、まさに一石二鳥

単品ずつではまだまだ課題はあるのでしょうが、
私個人としては
飲料の色がほぼ想定できる日本茶や紅茶、コーヒー
などには、今後もっとラベルレスが増えていっても
いいような気がします。

技術や素材の革新によって、これまで“節約” という
イメージが強かった「エコロジー
私たちの「衣・食・住」様々なジャンルに進化した
「エコ」が広がりを見せてきています。

このラベルレスボトルは、環境省の推進する
地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」
(賢い選択)に賛同。
※「COOL CHOICE」https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/

あとは私たちの意識もうまく進化していければ
いいのかもしれませんね