FC2ブログ
こんにちは。ピーコックブルーです。
令和としてのお正月、干支の始まり、そして
いよいよオリンピックが開催される2020年が
スタートしました。

どきどき、ワクワク
歴史に残る年になるであろう ちょっと特別な
2020年を自分自身においても
スペシャルな1年にするべく、今年は気持ちも
さらに引き締まります

今年も皆さまへはこのブログを通してお世話に
なります。どうぞよろしくお願いいたします

さて今回はオリンピックの話題からひとつ。

昨年11月末に完成した「新国立競技場」
建築家 隈研吾さんのデザインによるもので
「杜(もり)のスタジアム」というコンセプトを基
に “木のぬくもり” にあふれています。

使われている木材も47都道府県から調達
されたものということで
まさにオール ジャパンとしてのメッセージが
秘められているような…。

そこで「色」の観点から今回注目したいのが
このスタジアムのおよそ6万席あるという座席
「色」「配置」の工夫です。

座席は5色のアースカラーで構成され
(白、黄緑グレー深緑濃茶
その5色をモザイク状にランダムに配置。

新国立競技場公式HP「施設写真」

1色ではなく、いくつかの色をモザイク状に配置
することで “空席を目立たなくする” という効果

が実は隠されているのです。
この手法は海外のスタジアムでも採用されている
とか。

また地面に近い方は土を連想させる色を多く、
屋根に近くなる程、白など薄い色が増えるよう
“森の木漏れ日”をイメージして
グラデーショナルに表現した配置
に。

に近くなる程、明るい色にすることで
スタジアム全体に解放感がうまれます。

そしてアースカラー。
アースカラーとは、大地や植物などの自然物を
イメージした色。
1970年代の自然色志向から広がり
広く色を捉えると
ベージュカーキオリーブグリーンブラウン
系の色が入ってきます。



見る人にとっては地味に感じる方がいるかも
しれませんが、色みを抑えた、ナチュラルで
落ち着きのある色あいは、ファッション&
インテリアはじめ定番色として使いやすい色です

自然との調和を意識した
この杜のスタジアムにマッチした座席の色と配置。
一度は目にしておかねば、と思っています。


こんにちは。ピーコックブルーです。

2019年の「新語・流行語大賞」は
W杯ラグビー日本代表が掲げたスローガン
「ONE TEAM」が選ばれました。

今年も自然災害による想定外のことが多く
起こり、新語・流行語トップ10に挙がった
言葉にも今年の「明」「暗」が分かれた感
がありますが、
そんな中、この「ONE TEAM」という言葉が
より私たちの心に響き、勇気や明るさを
与えてくれてくれたような気がしませんか

いよいよ来る2020年はオリンピックイヤー
世界中から人々が集まる世紀のイベントを
みんなが笑顔で楽しめるような、いい一年に
できればいいですね

さて今回は錯視(さくし)について少し。

錯視とは…
目の前にある事象と脳が認識するものとの
ズレが生じる現象のこと。俗に言う「目の錯覚」
さまざまな種類のものがあります。

例えば「色の錯視」でよく知られるのが
同じ大きさの「白」「黒」では白のほうがやや
大きく見えるということ。


どちらが細く見えますか?

白や明るい色は太って見える、黒や暗い色は
着やせして見えると、普段なんとなく使っている
人も多いかと思いますが、
こうした錯視効果をファッションや美容との関係
で研究を続け、見え方を科学的に数値化した
という興味深い記事を最近目にしました。

これは大阪大学大学院、視覚心理学教授
森川和則先生の研究によるもの。

のシャツ&スカートを着こなした同一の
女性の3D画像の例では、同じ体形なのに
よりのほうがバスト・ウエスト・ヒップが
それぞれ1.8㎝細く、
シャツをスカートの中にインしたほうがさらに
1.3㎝ずつスリムに見え、シャツをタックイン
したほうが7㎝も脚が長く見える!と見た目の
変化を数値化し、錯視効果を科学的に解析
したというものです。

今後ファッション、メイクの分野でもさまざまな
データに基づいた提案が期待でき、
コンプレックスの解消など大いに役立てられそうですね

ラストに、ライフケアカラーの1級公式テキストでも
ご紹介している錯視効果を取り入れた着こなしの
一例を。

◇背を高く見せる「縦長効果」
・アクセントカラーを高い位置にして視線を上に。
・配色を同一色相や同系色でまとめて
全体を1本の線のように見せる。

  

◇細く、すっきり見せる「縦長効果」
・例えば、インナーを暗めに、収縮色の効果で1本
の線のように。
・深めのVゾーンのジャケットや、斜線を活用。
・ボーダーなどの縞柄は、縦に長いものや
斜めのラインのものを。


  

ちょっとしたことで見え方が変わる「錯視」を
効果的に活用してみてください


こんにちは。ピーコックブルーです。

11月に入り、初旬は小春日和の過ごしやすい
天候に恵まれましたが
朝夕の冷え込みに初冬を感じるようになりました。

紅葉の見ごろも各地に広がりを見せ、
今しか見られない自然美をさまざまに楽しみたい
ところです。

さて今回は、そんなお出かけの機会がさらに
楽しくなる、とってもカラフルな機体に注目した
「フジドリームエアラインズ」という会社をご紹介
します。

静岡を拠点に日本各地の地方と地方を結ぶ路線
として2009年に誕生
「静岡から日本を変えたい」という想いを
マルチカラーの機体にのせて
1号機のドリームレッド2号機のライトブルーから
スタートして、10周年を迎えた今では14色もの
カラフルな飛行機が空を彩っています。





画像はフジドリームエアラインズ公式サイトより
https://www.fujidream.co.jp/top.html

14色のラインナップは

1号機 ドリームレッド   2号機 ライトブルー
3号機 ピンク        4号機 グリーン
5号機 オレンジ      6号機 パープル
7号機 イエロー      8号機 ティーグリーン
9号機 ゴールド      10号機 シルバー
11号機 グリーン     12号機 ホワイト
13号機 ネイビー     14号機 ワインレッド と
実にカラフル
機体の色全体ですから、空にも目にも映えますよね。
https://www.fujidream.co.jp/flight/kizai.html

小型ジェット機でコンパクトに地方から地方へ。
その地方ならではの魅力を活かしたツアーや
期間限定で特産品の機内サービスなども。

関西圏では神戸空港からの就航便も新たに登場
したとのこと。関西に住む私も利用できそうで
ちょっとワクワクします

このカラフルな機体の色と写真を撮る方も多く
いらっしゃるようで、14色を制覇したい!と思う
方も、きっとたくさんいるのではないでしょうか。

カラフルな機体を見ているだけで気持ちも
華やかに、旅の楽しみがさらにアップしますね


こんにちは。ピーコックブルーです。

日本代表チームの活躍とともに盛り上がりを
見せる「ラグビーワールドカップ 2019」
アジア初、日本で開催されていることもあり、
ラグビーのことなんて殆ど知らなかった私も
にわかラグビーファンの1人として興味深く
テレビに見入っています

屈強な熱き男たちの戦い
力強いパワーを支える、まさに「心・技・体」
といえる熱戦に大きな魅力を感じています。



さてこうした国と国をあげて競う国際大会では
各国チームのユニフォームをチェックするのも
楽しみのひとつ。

自国のナショナルカラー、国旗をイメージした
カラーリングが多いですが
それぞれの色には意味があり、選ばれた背景、
伝統、歴史があったりもします。

日本代表チームのユニフォームは
国旗カラーを思わせるのボーダー。
こののボーダーは以前より採用されて
いますのでラグビー日本代表ユニフォーム
としては馴染みもあるかと思います。

今回、日本代表チームのユニフォームの
デザインコンセプトは「兜(かぶと)
武士道の精神と世界に立ち向かう誇り、
勝利への意気込みを込めて「兜の前立て」
をモチーフに製作。



のラインには富士山のご来光を表現
したサンライズゴールドのアクセントに加え、
生地には「力・ならわし・縁起」を意味する
吉祥文様が全体にあしらわれています。

のボーダーがホームウェア、
のほうはアウェーウェアですが、青のウェア
のほうが吉祥文様がよくわかりますね。

ユニフォームの左胸に刻まれた桜のエンブレム
とともに、この吉祥文様にも日本らしさが
あふれています。

ラグビーやサッカーのように広いピッチを
縦横無尽に複数の選手が走り、動き回る
競技だからこそ、ここにも色の働きがしっかり

このユニフォームの「色分け」が
「色」で区別し、「色」によってそれぞれの違いを
わかりやすくしてくれます。
少し距離があってもウェアの色で見分けがつきます

そしてチームカラーをひとつにすることで
色で「統一感」を生み出し、団体としての「まとまり」が
表現できます
応援するサポーターの皆さんも同じユニフォームの
レプリカを着ていたりしますから、それだけでも
仲間意識や団結力を感じます

「色」も、チーム一丸となって
立ち向かうパワーの源を少しお手伝い
できているかもしれませんね。


こんにちは。ピーコックブルーです。

9月は、“木の葉の色づく月という意味から
「色取月」(いろどりづき)という素敵な別名が
あります。
四季の中で秋はグラデーションのように色が
移ろい、彩られてゆく時期。

陰暦9月の異名なので実際に色づき始めるのは
少し先になりますが、秋にふさわしい表現ですよね。

まだ日中しばらく残暑は続くものの
朝夕に少しずつ涼しさを感じるようになってくると
使う色、選ぶ色、欲する色も “秋らしく”…
ということで
今回は食欲の秋実りの秋を「色」で簡単&手軽に
演出するコツをご紹介しましょう

食卓に並ぶ料理も、器とお皿の「色」や「質感」
ランチョンマットなどのテーブルリネンの「色」や「素材」
によって様々なイメージを伝えることができます。

器やお皿によってお料理の見え方も変わってきますので
器選びも“見た目の美味しさ”を左右する大切な要素。

例えば、ガラスの器やブルーの器は夏のお料理に
涼感を与えてくれますし
これからの時期なら、紅葉に見られるような暖色系や
濁り感のある色、深みのある色
などで
ぐっと秋らしくなります。



こんな時、色のもつイメージと色調(トーン)を
活用すると、とっても便利です

ひとつは色のイメージを活かして
「色」をまとめる


同じ色(同系色)や似た色(類似色)で全体をまとめる
ことで、その色のもつイメージで統一感が作れます。

もうひとつは、色の「色調(トーン)」をまとめる


同じトーンや似たトーンだと、色が違っていてもトーン
から受けるイメージは共通しますので
多色配色にまとまりをもたせることができます。

配色では、色をまとめるのを「ドミナントカラー」
トーンをまとめるのを「ドミナントトーン」と言って
どちらも衣食住すべてに活用できる便利な配色です

テーブルコーディネートも気難しく考える必要は
ありません



ランチョンマットやコースターひとつでもいろんな
表情が作れます。季節のお花やちょっとした小物
などを添えてみてもいいですね。


あとはあなたのアイデア次第
季節やイベントに合わせて、色をより効果的に使う
これからの「美味しい秋」を楽しみながら、彩ってください