FC2ブログ
こんにちは。J-color事務局です。

去る4/24に舞浜アンフィシアターで行われた
日本ヘアカラー協会主催
「Hair Color Live Contest 2018」に行ってきました

コンテストの目的は
「ハイライトの技術でヘアデザインのトレンドを創造する」

美しさと技術の追求、インスピレーションへの渇望のために、
全国から美容師(カラーリスト)が集合し、
来場者の方へ、JHCAが提唱するハイライトの技術を
会場のステージ上でライブのヘアカラーを実践されました。



部門は以下の3部門

◆トレンドファッションアワード
◆オトナ・ステキアワード
◆プラチナアワード

それぞれの年代やテーマに合ったヘアカラーを施し、
施術後はスタイリストやファイブスターのカラリストによる審査、
また全モデルさんによるウォーキングステージもあり、
皆さん本物のモデルさんのような颯爽とウォーキング
されていらっしゃいました。

審査員の方がお話しされていたことで印象的だったのが、
ハイライトの技術を忠実に施し、そしてモデルさんの個性を活かしている
ヘアカラーをしているカラリストが受賞されたとのこと。

パーソナルカラーも同じで、その方の色素をきちんと見極めて
似合う色を提案できる
かということが大切なポイントになります。



ヘアカラーはパーソナルカラーにとっても大切な
アドバイスポイントになりますので、
今後もイベントや勉強会に参加して、
提案の幅を広げていきたいと思います

J-color会員の方はJHCAの勉強会などにご参加いただけますので、
ぜひご活用ください
こんにちは。J-color事務局です。

去る7月1日(土)に神奈川県川崎市のイベント
ミューザの日×川崎日航ホテル「ファミリーフェスタ2017」
~パーソナルカラー プチ似合う色さがし~のブース出展をいたしました。

「ファミリーフェスタ」という名の通り、
イベント当日はご家族での来場が多く、パーソナルカラーのブースにも
親子やご夫婦はもちろん、結婚式を予定されているカップルの方にも
ご参加いただきました。



パーソナルカラーの診断は、自分自身でも実感もできますが、
意外と第三者の方からの意見が的確だったりするんです!
その理由は、、、
自分の場合は色の好き嫌いの主観的な気持ちが入ってしまう場合があるのですが、
第三者の方は外見からの似合う似合わないを客観的に見れるので、
案外、的確なご意見だったりするのです。

イベント当日もママが簡易診断をして、
小学校低学年ぐらいのお子さんが隣で見ていた時に、
似合うか?似合わないか?をその場で的確にママに伝えていたので、
担当させていただいたパーソナルカラーリストも驚くとともに、
お子さんの直感はすごい!と感心していました。

また、当日のイベントには、
J-color認定講師の方が担当されている専門学校の留学生が
パーソナルカラーにも興味を持っていただき遊びに来てくれました。
皆さんオシャレにも興味があり、また就職活動にも活かせるということで、
パーソナルカラーリストのアドバイスに真剣に耳を傾けていました。



そして、今回もBANANA REPBLIC様の商品をお借りし4シーズンごとに
ディスプレイさせていただき、とても華やかなブースになりました。
BANANA REPBLIC様の商品はカラーバリエーションが豊富なので、
参加された方の似合う色を具体的な商品でご案内させていただくと、
この商品が欲しい!とおっしゃってくださった参加者の方も



また、当日のイベント会場は“ものづくり体験”ができるブースもあり、
「かわさきマイスター」による食品サンプル(天ぷらまたはタルト)づくり、
手描友禅 手染め体験木工細工(木製パチンコ)づくりが行われていたり、
ミニタオルを使った動物作り&ラッピング体験のブースもあり、
子供たちがとても楽しそうに体験していました。
そんな子供たちを見て、何事も体験するって本当に大切だなーと
私自身も実感してしまいました。

パーソナルカラーの診断を体験したことがない方は
ぜひ機会がありましたら体験してみて下さいね

イベントではJ-color認定講師の皆さんにもボランティアスタッフとして
ご協力いただきました。皆さんありがとうございました
こんにちは、J-colorパーソナルカラー認定講師の高橋名都紀です。
先日行われました、「TOKYO縁結日2017」に、
ボランティアスタッフとして石井いつ子さんと一緒に参加いたしました。




J-colorのブースでは、「あなたの魅力を引き出す似合う色」をテーマに、
簡易ドレーピング診断を通して、みなさんの魅力をお伝えしました。
色で印象がこんなに変わる!という体験をしていただきました。

開会式が始まると、
簡易ドレーピング診断の列はあっという間にいっぱいになり、
ご予約もパンパンに!
(ブースへお立ち寄りいただいたみな様、ありがとうございました



女性の方が多かったのですが、
男性も来てくださり、みなさんの“自分に似合う色”の関心の高さを感じました。

お友達と一緒に来ていた方は、
お互いのドレーピングを見合って、「これ、すごくいい!似合ってる~!」
と盛り上がったり

いつも好きな色を着ているけど、それが似合うのわからなくて…
いつも同じような色の洋服ばかり着ていて…
とお悩みがある方は、今日のコーディネートに新しいカラー提案をしてみたり。

中には就職活動中で、リクルートスーツを着ていらしていた方も。
出会いも、仕事も第一印象って大事ですよね。



パーソナルカラーは、TPOに合わせて
どんな場面でも生かせるので、
印象をアップしたい!自分の魅力をアップしたい!
という時には大活躍です

今回、ほとんどの方が、ドレーピング体験は初めて!という方でした。
パーソナルカラーに興味を持ってもらえたこと、とても嬉しく思います。
イベントでは、たくさんの方に
自分の魅力を引き出してくれる色の効果を
体験していただけるように努めました。


石井さん(写真左)と一緒にドレーピング診断を行いました。

簡易ドレーピング診断で、
似合う色をまとった表情は
とても明るく、輝いていて、自然と笑顔に。

J-colorのブースは終始笑顔が絶えず、
大盛り上がりでした

似合う色を身につけると
テンションが上がりますよね
そして、自分に自信が持てるようになり、
自然とコミュニケーション力もアップします。

自分の魅力を引き出してくれるパーソナルカラーは、
きっと新しい出会いを引き寄せてくれると思います!

ぜひ、自分の魅力を高めるステップアップとして、
色の活用をしていただけたら嬉しく思います。


東京都結婚応援イベント「TOKYO 縁結日2017」サイト
(イベントは3/4に終了しております)


こんにちは。日本カラーコーディネーター協会(J-color)事務局です。
3月に入り、卒業式や入学式・入社式といった
別れと出会いの季節になりましたね。

J-colorは結婚という出会いを応援するイベント、
東京都結婚応援イベント「TOKYO縁結日2017」
にブース出展いたしました。

このイベントは、東京都が誰もがいきいきと活躍できる「ダイバーシティ」の
実現に向けて、結婚を希望する方々に対し、様々な情報を提供する
東京都主催の初イベントでした。

3月4日(土)東京国際フォーラムで開催された会場では、
小池百合子東京都知事による主催者挨拶や、高田延彦氏の基調講演、
犬山紙子氏のトークショー、結婚や婚活の専門家による
パネルディスカッションも行われ、およそ3000人が訪れました。



J-colorは事前準備ブースとしてお声かけを頂き、
「あなたの魅力を引き出す似合う色」というタイトルのブース出展。
ブース設営では、研修でお付き合い頂いているバナナリパブリック様の
ワンピースなどをパーソナルカラーの4シーズンに合わせて
ディスプレイさせて頂き、とても華やかなブースになりました。

そして、開場前のブース視察では、小池都知事と加藤内閣府特命担当大臣が
J-colorブースにお立ち寄りいただき、当協会の理事である三木より、
自分の魅力を引き出す似合う色「パーソナルカラー」で良い印象を持ってもらい、
次のステップに繋げるお手伝い
をさせて頂くことをお伝えしました。



開場後はたくさん来場いただき、J-colorのブース前はあっという間に長蛇の列
ご来場いただいた方々に、簡易ドレーピング診断を体験して
自分の魅力を引き出す色を知って、ぜひこれからの婚活に役立てて頂きたい!
という気持ちで、できる限り多くの方々に簡易ドレーピング診断をさせて頂きました。
(ご来場いただいたのにドレーピング体験頂けなかった方々、申し訳ございません)



今回ボランティアスタッフとしてご参加いただいた
J-colorパーソナルカラー認定講師の石井いつ子さん、高橋名都紀さん
のお二人にも開場から閉場までノンストップで頑張っていただきました。
ありがとうございました

実際にドレーピング体験をされた来場者の方は、簡易診断を行って似合う色を知ると、
「とても参考になりました!これから似合う色を着ます!」と笑顔
(こちらまで笑顔になってしまいました!)
婚活を始めようと思っている来場者の方々が、パーソナルカラーの重要性を感じて、
興味を持って頂けたこと、大変嬉しく思っています

また、ミニセミナーでは、金子清美講師による婚活で第一印象
よく見せてくれるパーソナルカラーの活用術
をお話しさせていただきました。
ミニセミナー会場は開始前から既に満席、立ち見が出るほど大盛況。



人間の持つ色素傾向(肌、眼、髪の色や質感)にマッチした似合う色を探すことで、
人との出会い第一印象を良いものに導き、そこから人と人とのコミュニケーションが
円滑に進むようになります。実際に婚活の場で自己紹介の写真や
ファーストコンタクトの時にはご自分の似合う色「パーソナルカラー」を身につけて、
相手に好印象を与えるというところでは女性はもちろんのこと、男性にも効果的です。

イベント冒頭、小池都知事のご挨拶で「2020年(東京五輪、パラリンピック)
には、ぜひこの人と一緒に会場に行ってみたい、この人と一緒にテレビで観戦
したいというイメージトレーニングも重要なのでは?」という問いかけがありました。
まさにその通りだなぁと実感。4年後の東京五輪、パラリンピックを
一緒に楽しみたい人を見つけるためには、今から動くことが大切ですね

J-colorはパーソナルカラーで自分の魅力を引き出し、
様々な場面でステップアップする皆さんを応援いたします。



こんにちは、J-color認定講師の池田です

皆さんにとっておしゃれな人ってどんな人ですか?

これ、美容学校などで講座を担当させていただくときに
私が最初に聞く質問なのです。

さまざまなクラスで聞いていると、
色々と面白い答えが返ってきます。

流行に敏感な人痩せている人きれいな人

といろいろ挙がりますが、どのクラスでも必ず出てくるのが、
「自分のことをよくわかっていて、自分に似合う
ファッションを取り入れている人」
という話になります。
そう、美のエキスパートを目指す美容学校の
生徒さんたちの多くの人がそう思ってるのです。

もちろん好きな色を好きに着ることも楽しいものです。
でも、もし好きな色が苦手な色で、
何も対策を立てずそのまま着てしまうと、
自分では「イケてる!」と思っても、人から見ると、
「怖そう」とか、「話しかけづらそう」とか、
単純に「印象悪ッ」って思われてしまうことも多いですよね。

そう、自分の印象って人から見ると自分とは違うことって
実は結構ありますよね
だから、もし見ている人に「素敵」とか「おしゃれ」と思わせたい
という『おしゃれ上級者』を目指す人なら、だれでも自分に
似合っているものや自分らしさを求めるもの。

その自分らしさや自分の魅力を色で表現する、
というものが『パーソナルカラー』
です。
特に、パーソナルカラーは、それを探す過程の中で、
自分のことを客観的に見直すことができるので、
自分の魅力を改めて知りたい人にはうってつけ。

そして似合う色を知ると、きれいに見えるのはもちろん
(そう見せるのがパーソナルカラーなので!!)
痩せてみせる見せ方や、
好きでも苦手な色を逆に自分らしく着こなす方法

もわかってしまうという優れものです

今回は「初めて学ぶパーソナルカラー」ということで、
まずはパーソナルカラーがどんなものかを知りたい、
という方にはとても受けやすいものになっています。

 

実際にドレープという色の布で顔写りの違いを確認できますので、
例えば、パーソナルカラー検定のテキストを読んでいて、
理論的には理解されている方にもオススメです。

検定のための学習(独学)だと、
結局は自分だけの判断になってしまうので、
実際に布を当てて顔色を確認することで、
改めて納得できたり、自分が知らない自分の魅力に
気づかされたり、とても楽しい時間を過ごせるはず!

まずは、百聞は一見にしかずのパーソナルカラー、
きっとその魅力のとりこになること請け合いです


セミナーの開催詳細はこちら