FC2ブログ
こんにちは。J-colorパートナーの乾宏子です。

6月25日、関西大学学生センター様 にて
‘Let’s color Work ! ’~色彩活用方法を知ろう~
というタイトルでセミナーをさせていただきました。

内容はパーソナルカラーポスター作成のカラーワークという2本柱です。
色を活用して学生生活を豊かにするという今回のセミナーには
男子学生の姿もみられ、色に対する関心の高さがうかがえます。

いつものように、色というのは背景の色や隣り合う色の影響を受けて
本来の色と違う色に見えるという画像からスタート

色とは何か、色とは感覚である、に続いて色の基本、
三属性(色相・明度・彩度)やトーンへと進めていき、
色相やトーンにはそれぞれイメージがあることを説明していきます。
皆さんはスクリーンをじっと見て、とても熱心です。



続いて、パーソナルカラーの基礎の説明です。
パーソナルカラーについては4割くらいの方がご存じでした。
パーソナルカラーの目的は色を上手に活用することです
そのためには持って生まれた色素を知ることがとても大切です。

またパーソナルカラーの魅力は持って生まれた色素を知ることで
自分自身と向き合い、「自分らしさとは何か」を再確認できることです。
自分らしさを見失いがちな今の時代にはとても重要なことですね。

次に、4シーズンのイメージワードでは、できればフリートークで思い思いに
イメージを答えてイメージを膨らませていただきたかったのですが、
今回は盛りだくさんな内容のため、時間の都合で、
私がほとんど答えてしまいました申し訳ありません。

でも、色を見てイメージを膨らませることはコーディネートへのイメージ、
つまりファッションスタイルにもつながりますのでとても大切なことなのです。

この後の色素チェックでは、クループで手のひらを見比べて、
人によって色が違うことを見ていただきました。
また虹彩の色を見比べるため目の色を覗きこんだり髪の色を比べたり・・・。
また外見の印象(イメージ)は自分でも分かりにくいので、
少しお手伝いをさせていただきました。

自分が思っていた通りのイメージだったり少し意外だったりとそれぞれでしたが、
どのイメージがいいとか悪いではなく、自身の印象をまず受け入れ、
それを活かすことがパーソナルカラーの「自分ブランディング」です。
そこにはもちろん肌、髪、目にみられる、持って生まれた色素も関わっています。

今回は私がカラードレーピング(色の布での似合う色の診断)のモデルになって
ドレープを変えた時の顔色の変化を見ていただきました。
ドレープを変えるたびに「おー」と皆さんの反応が予想以上で、
似合う、似合わないとはどういうことなのかを
分かっていただけたのではないかと思いました。

似合う色の傾向が分かると、デザインや柄の形や大きさ、素材にも
活用できるので、色だけではないということをしっかり理解していただきたいです。

次にポスターの作成には欠かせない色彩心理のお話です。
暖色寒色」「興奮色沈静色」などの色の感情効果
私たちの身の回りで実に巧妙に使われています。
色のイメージはこの感情効果にも由来することが多いようです。

また、色は「きれい!」「心地よい!」と感じる情緒性の他に
「見やすい」「目立ちやすい」といった機能性もあります。

ポスターを作成するときは表現したいイメージから色相やトーンを考え、
見やすい色(視認性)を考え、また見て欲しい場所には
自然とそこに目がいく色(誘目性)それらの色のバランス(配色)と
面積バランスを考えていくことがポイントになります。

実際にポスターのテンプレートを準備してグループで
カラーカードを使って色を考えていただきました。
各グループでの提案色を皆さんでシェアしたかったのですが、
今回は時間の都合でできませんでした。
なかには関西大学のスクールカラー(紫紺)を使うのはどうでしょう
という提案(さすがです)もあり、他のグループの提案色も
是非聞いてみたかったです。



終了してからも10名ほどの学生が残りドレーピングを体験していました。
やはり、似合う色への関心は高いようです。
今回のセミナーが充実した学生生活の一助になれば幸いです

開催にあたり学生生活支援グループ の担当者様には
いろいろとご配慮いただきました。ありがとうございました


こんにちは。ピーコックブルーです。

2019年も半分が過ぎました。
暦の上ででは暑さが本格的になってくる「小暑」。
梅雨が明けるまでの期間は、引き続き集中豪雨
が発生しやすい時季でもありますので、情報に
敏感に、早め早めの行動を意識しなければと
感じています。

さて今回は
先日、友人からもらった珍しい「色のない!醤油」
をご紹介します。何とお醤油が透明なんです!

これは熊本市にある株式会社フンドーダイ五葉
という会社から今年2月に発売された「透明醤油」



今年3月創業150年を迎えるにあたり、新感覚の
醤油をつくりたいとの思いから「醤油は黒い」という
常識を覆す、透明の醤油が作られました。

この商品のPRとして、
「素材の色を最大限に活かしたいお料理に。
また、“汚れない醤油”として、小さなお子様がいる
ご家庭や、歯のホワイトニングをされる方にも
味わっていただきたい逸品」
と記されています。

近年、透明飲料がブームとなり、ミルクティーやカフェ
ラテ、ビールテイスト飲料、梅酒、コーラなども“透明”
なものが出てきて、話題となりましたね。

“透明”なものに対するイメージとしては…
「何色にも染まっていない」、「無垢」、「ピュア」、
「清潔感」、「透き通って濁りがない」、「クリア」
感など
の他、「カロリーが低そう」、「身体に良さそう」といった
ものもありそうです。

この透明なお醤油、早速、私もお刺身で使ってみました。

本来、当たり前に「色がついている」と思っているもの
が透明だと、味は醤油そのものなので正直、第一印象
はビックリで、不思議な感覚です。

調味料として使うものなので、料理によって使う量は
少し意識しながら調整する必要はありそうですが、
『食材の色』がそのまま活かせるのは、“透明”だからこそ

不思議で珍しい、透明なお醤油。
普通のお醤油とともに使い分けることで、
お料理のバリエーションや見た目に広く活用できそうですね


こんにちは。ライムグリーンです。
5月から、一気に夏のような暑さから、6月は梅雨入り… 
日々、最高気温が10℃くらいアップダウンして
体がついていかない~ そんな毎日ではないでしょうか。

食欲不振…
今回は、食材から色を考えてみます。
暑い時に、さっぱりとしたものを食べたい!
そんな気分の時には、先月取り上げた“きゅうりが一番!
世界一栄養がない野菜と言われますが、利尿効果があり、
体を冷やす効果があります。
ただ、体を冷やすだけでは、暑さに負けてしまいます。

そこで、カロリーを気にしつつ、体力を維持するために
手軽な食材は、鶏肉 さっぱりとしたタンパク質として、おススメです!



ささみの色は、「ベージュ」
色彩学的には「ベージュ」は「明るい、灰みの、赤みを帯びた黄」
黄色と橙色(オレンジ色)の間の色相に、明るいグレーを混ぜた色です。
一般的なイメージは、優しさ、安心感、穏やか、柔らかい、リラックスといった
ものではないでしょうか。

そして、きゅうり
きゅうりの色、『緑』は、皮の濃い緑色と、実の薄い緑(黄緑)のコントラストは涼し気です。
自然の色として、緑は癒されます
世界一栄養がない野菜?!として堂々1位に挙げられる『きゅうり』
今月もフューチャーします!
きゅうりそのものが淡泊ですので、どんな味にもあいます

きゅうりは利尿効果の高い成分を含んでおり、むくみをとる作用があります。
身体を冷やす働きがあると言われ、薬膳料理でも用いられます。
暑い季節には、是非、おススメしたい野菜のひとつです。




鶏ささみときゅうりのさっぱりおつまみ

(1)鶏ささみは、ダイエット食品として大人気ですので、
  コンビニに、1本単位で手軽に購入できますので
  それはほぐします。

(2)きゅうり、万能ねぎを3、4㎝くらいに切ります。

(3)(1)(2)を塩こんぷ、煎りごまを和える。

(4)香りづけにゴマ油を1,2滴で味を調えてください。



栄養面、彩り&お手軽さは、暑さに負けません!
是非、お試しを
こんにちは。ピーコックブルーです。

カラッとした暑さからジメッとした暑さへ。

朝晩はまだ幾分過ごしやすく感じますが
雨が多くなり、これからますます暑さも湿度も
高くなるこの時期を「色」で何とか快適に…
ということで

今回はインテリアカラーを例に
「色」のイメージや心理的効果を活かして簡単に
できる工夫を少しご紹介します

インテリア空間の中で
床・壁・天井にあたる部分をベースカラー(基調色)
ベースカラーを補い、次に面積の大きい部分を
アソートカラー(配合色)
そして小物などにあたる部分をアクセントカラー
(強調色)
といいます。

例えば…カーテンやラグなどの色。
ここに涼しさやクール感を演出できる寒色系を使う
というのも、ひとつの方法です。



一般的に、暖色系(赤・オレンジ・黄色)
寒色系(青を中心とした色)では個人差もありますが
2~3℃温度感の違いを感じるといわれます。

夏の時期は寒色系のカーテンで見た目に爽やかで
涼しげに
冬の時期は暖色系であたたかみのある印象を。

 

只ファッションとは違い、インテリアに使う色は日々
空間の一部として目にする色ですので
ともに明るさとあざやかさのトーンが違うと
受ける印象も変わります。
お部屋に合わせた色あいで暖色寒色を上手に活用
することで、見た目の温度感が調整できます。

インテリアで使うファブリック類は「色」を変えるだけで
季節感やイメージを気軽に演出できて便利
クッションなどの小物にアクセントとして使うのも
もっと手軽です

でも季節ごとに変えるのは面倒…という方には
寒暖の感覚があいまいな中性色もおススメです。
中性色とは、グリーン系(黄緑、緑)
紫系(青紫、紫、赤紫)の色。
暖色、寒色とは違い、一年を通して使える色として
重宝します。

ちなみに先日、我が家もカーテンを新しくしました。
夏は遮熱、冬は保温という年中使える省エネタイプ
にしたのですが、色は明るめのグレーを選びました。



グレーは白と黒の間にあり、明るさに幅がある無彩色。
控えめで自己主張の少ない色なので
すべての色と調和しやすく、使いやすい色です。

ラストに「色の面積効果」についても補足を。
色は大きい面積になる程、より明るく、あざやかに
見えて、印象も若干変わります。

カーテン類など、ある程度大きい面積を占める色を
選ぶ時は、実際に広げた状態をイメージして選ぶよう
にするといいですよ
こんにちは。ライムグリーンです。
5月は、長いゴールデンウイークがあり、気温も上昇~
5月6日は立夏で、暦は夏。しかも、気温が急上昇で、夏を感じます。

関東はまだ梅雨入り前ですが、梅雨明けのような暑さ。
暑さに慣れていないため、体にこたえます…

心身ともに癒されたい。
癒しのカラーは、ずばり、
は、安心感や安定、調和を表す色です。
今までも取り上げた色ですが、木や森など、自然の色でもある『緑』
気持ちを穏やかに、リラックスさせてくれます。



、自然の色として、野菜は、色々ながあります。
その中で、今回は、ちょっと大人な野菜を取り上げたいと思います。

ステーキやハンバーグの添え物として目にする『クレソン』
クレソンの辛味は、大根などにも含まれているシニグリンという成分に
よりますが、利尿効果の他、食欲を増進させる効果もあります。



そして、世界一栄養がない野菜?!として堂々1位に挙げられる『きゅうり



きゅうりは利尿効果の高い成分を含んでおり、むくみをとる作用があります。
身体を冷やす働きがあると言われ、薬膳料理でも用いられます。
暑い季節には、是非、おススメしたい野菜のひとつです。

クレソン&きゅうりのGreenサラダ

(1) クレソン、きゅうりは食べやすい長さ、大きさに切ります。
(2) (1)と、こんぷ(佃煮タイプや、塩昆布でもOK!)、白ごまを和える。

これで、簡単で、ちょっと大人なサラダのできあがり
超お手軽な一品として、是非、お試しあれ