こんにちは。認定講師の尾本めぐみです

大雪が降ったかと思えばコートを脱ぎたくなるような暖かい日があったりと、
少しずつ春の足音が聞こえるような日々ですね。

さて、1月に企業様からのご依頼で研修を担当させていただきましたので、
ご報告をいたします。

昨年の秋からお付き合いが続いています「BANANA REPUBULIC」様から、
「コーディネート提案に役立つような配色の研修を行いたい」
とのお話しをいただきました。



前回の研修(パーソナルカラー)の際にもトレーニングを
担当させていただいたので、皆さんが短時間に素敵なコーディネートを
提案できることはよくわかっていたのですが、「何となく」で色を組み合わせる
のではなく「配色の基本」を学ぶことにより、「イメージに合わせて効果的に
組み合わせることを意識していただきたいと考えて、
今回の研修内容を検討いたしました。



研修は・・・

いろいろな配色の効果をカラーカードによるカラーワークで実感する
実際のアイテムでのコーディネートとお客様への提案トレーニング


というステップで行わせていただきました。

カラーカードとファッションアイテムでは素材や形の違いという点での
違いはあるものの、ご自分では普段は考えないような配色を作ってみたり、
他の人が考えた配色を見たりすることで、配色提案の幅を広げることが
できるのがカラーワークの良さです。



参加された方々からは
「提案したコーディネートをより理論的に説明できる」
「提案の引き出しが増えた」
など、
今後に役立てていただけそうな感想をいただきました。



今回の研修も「東京」では尾本、「大阪」は乾宏子先生
(J-colorの推進サポーター・認定講師)の二人で担当させていただきました。
(乾先生からはたくさんの資料を提供していただき
「わかりやすかった」と好評でした。)

今回の研修の際にもさまざまなご提案をしていただきました
「BANANA REPUBULIC」のご担当者様に感謝いたします
急ピッチでの企画・教材・資料作成ではありましたが、
準備も含めてとても充実した研修となりました。

【お知らせ】
乾宏子先生は「日本色彩学会」のくらしの色彩研究会で
「ファッショントレンド2017SS」を担当されます。
http://www.color-science.jp/bbs/sig_kurashi/new.html
日本カラーコーディネーター協会(J-color)事務局です。

1月30日に福島市消費生活センター様からのご依頼で
市民のくらしの講座
「色の持つチカラ~暮らしに役立つカラーコーディネート~」

をJ-color認定講師が担当させて頂きました

こちらは市民講座ということで、20~80代という幅広い年代の方々から
お申込みいただき、先着申込み定員40名があっという間に
満席になったそうです(ありがたいです!



そして、講座当日は冬晴れ。東北の冬とは思えないくらい
暖かい太陽が降り注いでいました。
きっと参加される皆様の行いが良かったんでしょうね

講座前、参加者の方より「似合う色が知りたくて、とても楽しみに来ました
とお声かけいただき、やっぱり皆さん似合う色に興味があるんだと、
パーソナルカラーの需要を改めて実感。

講座は皆さんの日常生活で触れている色の効果をお伝えしながら、
似合う色の理論(色の対比)についても軽く説明をすると
「へ~」「ほ~」という声が会場から聞こえてきました。

今回の講座はお一人で参加された方が多かったようですが、
グループ内で似合う色の基になる「色素」の確認を行ってもらったところ、
あっという間にグループ全体で仲良しモード 第一印象を伝え合う部分では、
初めてお会いする方々だからこそ、外見からのいいところを
発見して伝えることができ、褒め合って、照れ合って
…という雰囲気でした
似合う色の基になっている色素を確認することで、
ご自分の外見の長所を再確認いただいたようです。



色素の確認後は、ご自分の似合う色の傾向がわかり、
ご持参いただいたスカーフやストールで、
似合うタイプの柄や素材についても軽くお話しさせて頂きました。

皆さんお気に入りのスカーフやストールは、何気に自分に似合うタイプの
色や柄だったりすることが多く「良かった~」とほっとする声も。
帰り際には「第2弾をやって欲しい」というリクエストもあったとのこと。
(嬉しい限りです)
ご参加いただいた福島の皆さま、ありがとうございました
ぜひ自信をもって日々のコーディネートを楽しんで頂けたら嬉しく思います


参加者の感想

カラーだけでなく、柄のお話も聞けてとても勉強になりました。
 今後の服選びやコーディネートに役立てていきたいと思います。

各テーブルを回って質問に答えていただき、理解が深まった。

カラーには興味があったのですが、なかなかやる機会がなかったので、
 今回はいい勉強になりました。もっと深く勉強したくなりました。

色の効果が良く分かった。色で顔の印象が全然違ったので、
 似合う色を見つけて活用したい。

自分に似合う色が見つかり大変参考になりました。

色は日常生活にありふれておりますので、色の効果や活用の仕方を知るだけで、
私たちの生活はもちろん、心も豊かになります。
日本カラーコーディネーター協会(J-color)は色でお手伝いをさせて頂きますので、
セミナー依頼や講師派遣について、お気軽にお問い合わせください。

http://www.j-color.or.jp/inq_req/inquiry.html



こんにちは。ピーコックブルーです。

   前回のブログはこちら

2月の大イベント「節分」と「バレンタイン」
どちらも年々成熟してきて、今年はさらに豪華に、
ますます多種多様に!といろいろ見てまわって感じた私。

確か関西から始まった恵方巻も今ではすっかり全国区
ですし、
特にチョコレートは世界中、日本中のチョコがこの時期に
集まる!という感じで、どこも大盛況ですね。
今では好きな人に贈るだけでなく、おすすめのチョコギフト
として、また自分へのご褒美チョコにと、その予算は
1人数万円になるとか!?
“美味しいもの”には、財布のヒモもゆるみがち…とはいえ
凄いです。

さて先月末、色彩の勉強会と新年会があって名古屋まで
行ってきました。
色彩に関わる様々な立場の方が集まる会で
新年会でのランチが、会場、お料理ともに素晴らしくて
とっても優雅な時間でした。

そのメニューは、今回の会のためだけにシェフが考案して
くださったもの。3月20日まで愛知県美術館で開催されている
「ゴッホとゴーギャン展」にちなんだメニューということで
添えられたお品書きとともに芸術的で、写真に収めずには
いられない!美しさ。

カルチェラタンお口取り201702

1品目はAmuseお口取り。
~ゴッホの代表作 “ひまわり” へのオマージュ
活ホタテのクリュと聖護院かぶらのマリナード
オシェトラキャビア添え 黄色いエディフルフラワーと共に~

まるで白いキャンバスに描かれた一輪の花という
可憐な美しさに、食事のスタートからテンションUP

色でいえば、この黄色は色の明るさの差が大きいので
視認性が高い、見えやすい組み合わせのひとつです。

お料理は次にEntree前菜、Viande肉料理、
Dessertデザートと続き、使われているプレート(お皿)
とともに、目も舌も楽しませていただきました。

カルチェラタン前菜肉料理デザート201702

私は製菓を学ぶ専門学校の学生さんにライフケアカラー
をお伝えしていますが
“食”と色って、本当に奥が深くて楽しいです。

食材そのもののおいしさも必要ですが、
私たちが「おいしい」と感じるのは視覚が80%以上
占めています。
食材となる素材そのものの色や形、
そして料理を引き立て、おいしく見せるためのプレートや
器があり、テーブルコーディネートの色使い、
全体のインテリアやサービスしてくださる方も含めた空間
まで、多くを目から感じとっているのです。
さらに製菓では、デザインやパッケージも大切な要素となります。
「色」の役割って大きいですね。

普段の食卓でも、色使いをちょっと工夫するだけで
素材の色が映え、見た目&食欲アップ、満足感につながります

例えば、J-colorのブログで度々登場する
メニューに揃える5色(赤・黄・緑・白・黒)健康法

筑前煮201702

また和食の暖色系の料理には反対色となるグリーンブルー系の器を使う、
(彩りにさやえんどうのグリーンがプラスされるだけでも、おいしそうに!)
白身の魚は色を対比させて暗い、濃い色のお皿に盛る、
ソースを使う西洋料理など彩り豊かなものは白か明るいお皿にする
といった…器やプレートの色や盛り付けの工夫。

プレート201702

プレートを効果的に重ねて使うのもグッとオシャレ度が増します。
色で手軽に簡単に季節感やイベントを演出でき、
ランチョンマットやコースターひとつでも、イメージを変えられます。

「おいしさ」を演出できる色の工夫はまだまだたくさん!
さぁあなたなら、どんな風に楽しみますか。

J-colorが参加している日本色彩学会≪パーソナルカラー研究会≫
主催講演会のご案内です。

パーソナルカラー研究会では、
ホットペッパービューティーアカデミー アカデミー長 千葉智之氏
をお迎えし講演会を開催します。

ホットペッパービューティーアカデミーはビューティーの調査研究を行っており、
美容業界における世の中の流れやカスタマートレンドについてお話しいただきます。

これは美容などに関連する方々が、どのようにカスタマーを取り入れていくのか
という話であり、特に美容やファッション関連を中心にカラーコーディネーター
として活躍する会員の皆様にとって、どのように顧客を開拓していけば
いいのかというヒントになります。


「どのように顧客に働きかけることが有効なのか」という実践的な講座の
カリキュラム作りにも活かせそうですね。

普段、業界の方でないとなかなか聞けない話ですので、
このような機会ならではです。

J-color会員の皆様のご参加をお待ち致しております。
申込み時に「J-color会員」と入力して、直接パーソナル研究会までお申込みください。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【講演会】『5つの力で見る美容業界トレンド予測』

◆ 日    時:2017年(平成29年)2月25日(土)13:00~14:30

◆ 講    師:千葉智之氏(ホットペッパービューティーアカデミー アカデミー長)

◆ 会    場:ものづくり館by YKK秋葉原(千代田区神田和泉町1-1YKK 和泉ビル)

◆ 参 加 料 :1,000円 (資料代を含む)

◆ 定    員:30 名(先着順)

◆ 申込締切:2月20日 必着


⇒詳細・お申し込みはこちら



 
こんにちは。『オレンジです。

   前回のブログはこちら

立春を過ぎれば徐々にいろんな春が顔を出してきますね。
寒いとはいえやはり温暖化の影響なのでしょうか
梅の花が咲くのが早いような!?
地元の偕楽園の梅まつり開催終了日まで持つだろうか

梅の花201702

今年2017年の建国記念の日は2月11日(土)
平日勤務だと週末と重なり忘れそうですが
「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことだし
日本の食文化を感じてもいいかもしれませんね。

理想的な栄養バランスといわれている
日本の食事スタイル「一汁三菜」


味噌201702

伝統食材の1つ味噌
皆さんのご家庭では何色を使っていますか?

赤味噌淡色味噌白味噌
この色の違いは発酵熟成中に起こるメイラード反応という
大豆などのアミノ酸が糖と反応して褐色に変化する化学変化によるもの。

お肉やパンなど焼いて香ばしい香りがしてきた時の
魅惑の茶色もメイラード反応。

※メイラード反応は、1912年にフランスの生化学者Louis Camille Maillardが発見しました。

ステーキ201702
トースト201702

以前は朝晩お味噌汁が当り前だったけど飲む回数がめっきり
しかし、味噌パワーの凄さを知り、
お弁当に味噌汁を持っていくようになりました。

味噌汁といっても
蓋つきカップに味噌+鰹節+乾燥ワカメ
入れたものを持参し、お湯を注ぐだけ。
インスタントより味噌の香りがよくとても美味しくいただけます。
何より体にいい

豚汁201702

寒い日に心身ともに温まりたい時は
冬野菜をたっぷり入れた豚汁

味噌は必須アミノ酸8種類全て含まれビタミン・ミネラルも摂取でき
野菜をたくさん摂れ、体が温まりいいことづくめ

塩分が気になるところですが
緑黄色野菜を入れれば野菜のカリウムが
体内のナトリウムを追い出してくれます


日本の食卓に欠かせない味噌汁
健康食ブームで色んな海外の食材が話題になりますが、
あらためて日本の伝統食材を見直したいです。

では、カラー健康的Happy♪ライフをぉ~