FC2ブログ
こんにちは。ピーコックブルーです。

日本代表チームの活躍とともに盛り上がりを
見せる「ラグビーワールドカップ 2019」
アジア初、日本で開催されていることもあり、
ラグビーのことなんて殆ど知らなかった私も
にわかラグビーファンの1人として興味深く
テレビに見入っています

屈強な熱き男たちの戦い
力強いパワーを支える、まさに「心・技・体」
といえる熱戦に大きな魅力を感じています。



さてこうした国と国をあげて競う国際大会では
各国チームのユニフォームをチェックするのも
楽しみのひとつ。

自国のナショナルカラー、国旗をイメージした
カラーリングが多いですが
それぞれの色には意味があり、選ばれた背景、
伝統、歴史があったりもします。

日本代表チームのユニフォームは
国旗カラーを思わせるのボーダー。
こののボーダーは以前より採用されて
いますのでラグビー日本代表ユニフォーム
としては馴染みもあるかと思います。

今回、日本代表チームのユニフォームの
デザインコンセプトは「兜(かぶと)
武士道の精神と世界に立ち向かう誇り、
勝利への意気込みを込めて「兜の前立て」
をモチーフに製作。



のラインには富士山のご来光を表現
したサンライズゴールドのアクセントに加え、
生地には「力・ならわし・縁起」を意味する
吉祥文様が全体にあしらわれています。

のボーダーがホームウェア、
のほうはアウェーウェアですが、青のウェア
のほうが吉祥文様がよくわかりますね。

ユニフォームの左胸に刻まれた桜のエンブレム
とともに、この吉祥文様にも日本らしさが
あふれています。

ラグビーやサッカーのように広いピッチを
縦横無尽に複数の選手が走り、動き回る
競技だからこそ、ここにも色の働きがしっかり

このユニフォームの「色分け」が
「色」で区別し、「色」によってそれぞれの違いを
わかりやすくしてくれます。
少し距離があってもウェアの色で見分けがつきます

そしてチームカラーをひとつにすることで
色で「統一感」を生み出し、団体としての「まとまり」が
表現できます
応援するサポーターの皆さんも同じユニフォームの
レプリカを着ていたりしますから、それだけでも
仲間意識や団結力を感じます

「色」も、チーム一丸となって
立ち向かうパワーの源を少しお手伝い
できているかもしれませんね。


みなさんこんにちは、Jカラーの金子です。

暑さ寒さも彼岸まで、という先人の言葉通り日を追う毎に
ひんやりとした空気を感じ、いよいよ秋も本番ですね

目が秋服を追い始めるこの時期、私は例年行事でもある
の入れ替えと整理を面倒だと愚痴りつつも、
楽しみ半分で始めています。

さて、今回は夏の終わりの8/30.31の2日連続で開催された
集英社公式のweb通販サイト『FLAG SHOP』さまのイベントで、
パーソナルカラーのミニ診断を実施しましたのでご紹介させていただきます。

『FLAG SHOP』は集英社から出版されているファッション誌
掲載商品➕約1000以上のブランドアイテムを扱っている
女性のための通販サイトです。
効率的に時間を使いたい女性の強い味方ですね   

会員様に向けての感謝イベントである今回のテーマは、
「今日は“にあう”に“であう”日」


 
さまざまな“にあう”との出会いを通して、
本当の“にあう”を発見するスペシャルな一日です


いっぱいの秋冬物にわくわく


美しいランジェリー

素敵なのはタイトルだけではなく、イベントの内容もこだわりが詰まっています。
当日のプログラムは、

『FLAG SHOP』 2019年秋冬 展示会
「シューフィッター西村泰紀さん」の本当に自分の足に似合う
  靴の選び方ミニセミナー
「ブラデリスニューヨーク」似合うランジェリーの選び方(試着会)
そして我が「Jカラー」のパーソナルカラーミニ診断

今回のコンサルティングは1人15分程。
自分の色素(肌・髪・目)が美しく健康的に見える色はどれ
という視点でドレーピングを実施し、似合う色の方向性をお伝えしました。

そして今回の展示会の商品である、秋冬新作のスカーフやストール
ポイント使いのミニバッグ、さらにこの冬お買い物予定が
決まっているお客さまには、商品を使って“にあう”
実感していただくことで、よりお買い物の色が絞り込みやすくなった
とのお言葉をいただけました。職業柄、喜んでいただけると
嬉しくてスタッフ全員頑張っていました


お客様に説明中

 
似合う色のスカーフをプラス!お客様のお顔が華やぎます。

まだまだあります
「ファッション&占いエディター 青木良文さん」の
  6つのエレメント占いのトークショー
ファッションプロやモデルから大人気!「マルサラ飲食店」のスペシャルフード 
「田口一征」さんの幸せな気分になるスワッグの創り方教室

装いだけでなく、こころの持ち方や口から取り入れる体の源である食、
生活での潤いも含め、自分ならではの“にあう”との様々な“であい”となる
素敵なイベントで、認定講師、ボランテイアスタッフのメンバー全員が、
(できればお客様として参加したかった)、と大満足の2日間でした。
集英社のスタッフの皆さま、お世話になりました

今回のイベントの内容は、Jカラーのインスタグラムでもご覧いただけますので、
皆さんも、“にあう”“であう”日を目で楽しんでみてください。


今回参加のパーソナルカラーリスト集結
2日間、たくさんのお客様に出会えて、疲れもふっとびました。


こんにちは、認定講師の田中です。
ジリジリと焼けつくような暑さの8月初旬、
おしゃれなカフェ千歳烏山のイエローカフェ
『パーソナルカラーセミナー』を担当させて頂きました。

セミナーは『しんせつパートナーリフォーム』
TKEUCHI株式会社様主催で地域の顧客様へ向けての
イベントセミナーです。



衣食住において住いは人間の基盤となる部分ですね。
心も体も快適に安全に過ごせる基地の環境はとても大切です。
しかしそこに求められる心地よさや条件は千差万別。
丁寧に聞き取り、その方にとって最適な環境をプロの目線で
作られているのだろうなと、『しんせつパートナーリフォーム』
という言葉から感じ取ることができます。

パーソナルカラーはその方の魅力を引きだし、
チャームアップしてくれる顔映りのよい色のことです。

人間の持ち味、魅力も千差万別、
十人十色です。



丁寧に見て聞いて、その方の魅力を引き立てる
「しんせつパートナーカラー」を見つけます。
1人で鏡を見ていては気づけない自分の持ち味。
肌色、質感、目の色、髪の毛
じっくり観察しあいましょう。
違いこそが、それぞれの個性、魅力です。
みんな違ってそれが素敵です



パパとかわいいお嬢ちゃんにもご参加いただきました。
色の基本の勉強中でしょうか
いい子にしてくれていましたね
カラーは住まいにおいても、快適さや安全を生む重要な要素です。
パーソナルカラーをきっかけに、色の力を衣食住に活かして
いただければと思いお話は、ついあちらこちらに飛んでしまいます。



参加者の皆さんは、年齢はまちまちですが生き生きとされていて、
好奇心が一杯。お洒落な方が多かったです
これから、パーソナルカラー(またの名を「しんせつパートナーカラー」)
で装い、より一層輝いていただけることと思います
おいしいお茶と、ケーキを頂きながら、
和気あいあいと、和やかに、そして活き活きと参加して下さった皆様、
ありがとうございました

TKEUCHI株式会社様HP

こんにちは。ピーコックブルーです。

9月は、“木の葉の色づく月という意味から
「色取月」(いろどりづき)という素敵な別名が
あります。
四季の中で秋はグラデーションのように色が
移ろい、彩られてゆく時期。

陰暦9月の異名なので実際に色づき始めるのは
少し先になりますが、秋にふさわしい表現ですよね。

まだ日中しばらく残暑は続くものの
朝夕に少しずつ涼しさを感じるようになってくると
使う色、選ぶ色、欲する色も “秋らしく”…
ということで
今回は食欲の秋実りの秋を「色」で簡単&手軽に
演出するコツをご紹介しましょう

食卓に並ぶ料理も、器とお皿の「色」や「質感」
ランチョンマットなどのテーブルリネンの「色」や「素材」
によって様々なイメージを伝えることができます。

器やお皿によってお料理の見え方も変わってきますので
器選びも“見た目の美味しさ”を左右する大切な要素。

例えば、ガラスの器やブルーの器は夏のお料理に
涼感を与えてくれますし
これからの時期なら、紅葉に見られるような暖色系や
濁り感のある色、深みのある色
などで
ぐっと秋らしくなります。



こんな時、色のもつイメージと色調(トーン)を
活用すると、とっても便利です

ひとつは色のイメージを活かして
「色」をまとめる


同じ色(同系色)や似た色(類似色)で全体をまとめる
ことで、その色のもつイメージで統一感が作れます。

もうひとつは、色の「色調(トーン)」をまとめる


同じトーンや似たトーンだと、色が違っていてもトーン
から受けるイメージは共通しますので
多色配色にまとまりをもたせることができます。

配色では、色をまとめるのを「ドミナントカラー」
トーンをまとめるのを「ドミナントトーン」と言って
どちらも衣食住すべてに活用できる便利な配色です

テーブルコーディネートも気難しく考える必要は
ありません



ランチョンマットやコースターひとつでもいろんな
表情が作れます。季節のお花やちょっとした小物
などを添えてみてもいいですね。


あとはあなたのアイデア次第
季節やイベントに合わせて、色をより効果的に使う
これからの「美味しい秋」を楽しみながら、彩ってください



J-color認定講師の大串です。
賃貸管理会社様のご依頼で実施した社内研修
「パーソナルカラーで自分ブランディング」
「インテリア提案に活かすカラーの基本」

についてご報告します。

▼ パーソナルカラーで自分ブランディング
ビジネスパーソンとしての「自分の見せ方」が注目されています。
今回の研修内容は、ビジネスシーンで「自分らしさを活かす」
「好印象を与える」
ためのパーソナルカラーの基本と活用術です。

具体的な活用を可能にするためには自分の似合う色を知ることが不可欠。
ということで、「色素確認による似合う色診断」を講師のフォローのもと
グループワークで行いました。

参加された方々の感想(印象に残った内容・役に立った内容)をご紹介します

色素から似合う色を理論的に判別できたため、第一印象をよくできるよう、
 似合う色を取り入れていきます。
 色の明るさなどが(似合う色に)大きく関係していることが
 すごく勉強になりました。
 対人する際、相手に与える印象をよくできると思いました。

パーソナルカラーのセルフチェックや似合う色について学べて楽しかったです。
 グループメンバーと講師の方から、自分では思っていなかった客観的な視点や
 自分のイメージを聞けたことは良い経験でした。
 「P.I.」は基本的には一生変わらないことですので、「自分らしさ」を
 追求しながら、今後の人生に活用していきたいと思います。

自分では判断しにくいパーソナルカラーをプロのもと診断していただき、
 自分の認識している向いている色との違いに少々驚きました。
 今後の色選びの参考にしたいです。営業職向けのセミナーかと思いましたが、
 日常生活にも取り入れる内容でした。色に対する興味も広がりました。

 

そのほかにも、
「グループワークを行いながらの研修だったので頭に入りやすかった」
「自分の得意な色、苦手な色が客観的にわかった」
「好きな色と似合う色が違うことに驚いた…意外でした」
「自分の思っていたイメージと周りの感じているイメージが違っていた(似合う色)」
「似合う色がわかったので身だしなみに取り入れたい」
「客観的な意見が聞け、大変勉強になった」
などのお声をいただきました。


▼ インテリア提案に活かすカラーの基本
引き続き、インテリアカラーの研修です。
管理物件のリノベーション時の部材選定、オーナー様への提案を
より効果的に行うことを目指し、カラーの視点からアプローチしました。

前半は「色を使いこなすための基本」と「インテリアカラーの特徴」
後半は「事例紹介(ディスカッション含む)」と「グループワーク(事例分析)」
というプログラムです。床・壁・天井などの選定のコツ、インテリアにおける
アクセントの扱い方、色の心理的効果の活用など、
カラー提案に取り入れやすい内容について、
「色彩活用ライフケアカラー」をベースに紹介しました。

当日参加された方の感想(印象に残った内容・役に立った内容)です

色を表現する際の言葉が勉強になりました。
 緑が何故なじみやすいのか理論的にわかりました。
 「アクセント」等と色相で表現するイメージでしたが、トーンや素材など
 たくさんの方法があり、提案の幅が広がる気がしました。

オーナー様に説明する際に、ただこの色だったこのクロスの色が合いますよ…
 とお話しするよりも、根拠を示しながらなぜこの色が合うのかを
 説明することによって、オーナー様にも理解してもらえるのではないかと
 思いました。今後も勉強をしていきたいと思いました。

部屋や建物の事例をもとに、それぞれの意見を出し合ったのが楽しかったし、
 分かりやすかったです。リノベーションなどの際に本日学んだことを
 活かしたいと思いました。

色によって様々な提案ができることを学んだ。色彩のイメージを改めて確認できた。
 アクセントクロスの活用方法を知りました。今後オーナーや入居者へ
 アドバイスしていきたい。

 

パーソナルカラーインテリアカラーの両方を受講された方々は、
長丁場&盛りだくさんのコンテンツで最後はお疲れだったかもしれませんが、
研修内容が業務のどのような部分とつなげられるか
(=どのような成果を期待できるか)について、
具体的に伝えられたのではないかと感じています。
「業務に活かしていきたい」「色への興味がわいた」「もっと勉強していきたい」
などの感想も多くいただき、大変やりがいのある研修でした。

最後に、今回の研修を企画されたご担当者様からいただいた感想です。

講師やアシスタントのみなさまのフォローやアドバイスが的確で、
受講したものからは大好評の研修となりました。(一方的でないことや
知らない社員同士もワークを通じて話すきっかけとなりました。)
また、業務都合等で参加ができなかった社員からも受講したものからの話を聞き、
評判になったとても研修の意味がある内容となりました。