FC2ブログ
こんにちは。ピーコックブルーです。
新型肺炎の拡大が気になる中、まず8・9日の
公開会場の試験を無事に終えられた皆さま、
お疲れ様でした

どんな試験も同じでしょうが、身につけた知識を
決して錆びさせることなく、さらなるスキルアップ
を目指して実践&活用していってください

色の知識は私たちの生活すべてに関わって
いますので、活かしていきたい分野はもちろん、
実生活にも大いに「色」を使っていきましょう。

さて今回は「伝統色」について少し。

色の名前は和名、洋名と実にさまざまに
ありますが、古くから受け継がれてきた色名に
「伝統色」というものがあります。

その色名から感じとれる繊細で微妙な色あい
多様な色彩の違いを、私たち日本人はさまざまな
「ことば」で表現してきました。

日本郵政から出されている切手の中に
四季をテーマにした伝統色シリーズという切手が
あります。
2017年からシリーズ化して発行されていますので
ご存知の方も多いかもしれません。

最新のものでは冬をテーマにした第3集が
84円と63円の2種類、発行されています。


ゆうびん.jpより

●84円の色は
紅梅(こうばい)色   消炭(けしずみ)色
人参(にんじん)色   雪白(せっぱく)
小豆(あずき)色    煤竹(すすたけ)色
白群(びゃくぐん)    松葉(まつば)色
朱(しゅ)色        濃卵(こいたまご)


ゆうびん.jpより

●63円の色は
深緋(こきひ)      鉄黒(てつぐろ)
鮭(さけ)色       常盤(ときわ)色
橙(だいだい)色    鳥の子(とりのこ)色
紅海老茶(べにえびちゃ) 銀鼠(ぎんねず)
丹(に)色        雀茶(すずめちゃ)

ちなみに鳥の子色とは
卵の殻の色のことで、ごく淡い黄色
鎌倉時代から使われてきた色名だということ
も驚きですね。

先月発表されたオリンピックのチケットにも
「かさねの色目」を使用したデザインと、日本
を代表する「紅」「藍」「藤」「松葉」の4色の
伝統色が採用されています。

ひとつひとつの色名に日本ならではの美意識
や感性があふれ、その「色あい」と「ことば」が
さらに豊かさや奥深さを感じさせてくれる
「伝統色」。

日本らしい「色」に私たちも親しみをもって、
もっと広めていければいいですね

J-colorパートナーの岩田亜紀子です。
2020年1月11日に、株式会社 竹藤商店様にて
パーソナルカラーセミナーをさせていただきました。

愛知県小牧市にある竹藤商店様は、造園業様向けの
石材、輸入建材、庭・ガーデニング資材の総合商社です。

国内外の色とりどりの石材や資材も見学させて頂き
多くの方にもぜひ色の面白さを知って日々の暮らしを
豊かに過ごしていただきたいと思いました。




今回のセミナーの目的は
新年会の前に、社員の皆様が楽しい気持ち
「色」について学ぶ機会になってほしいとのことでしたので…
新しい年を迎えて、各自が自分の良さを色を通じて体験し、
日々の暮らしを彩り豊かにし、社員様お互いも仲間の新たな魅力を知る
良い機会になる
よう参加型で学ぶワークショップ形式にしました。



パーソナルカラーについてご存じなのは3名(男性2名、女性1名)、
色について学ぶのもほぼ初めてという方ばかりでしたので、
補色残像対比現象などの「色の不思議な力についての話で、
まずは身の回りの色に興味をもってもらいました。

そして、パーソナルカラー4シーズンの特徴や色の基礎の簡単に説明し、
グループで肌・髪・瞳の色素チェックに挑戦
色見本を見ながら、周りの人と比べるセルフチェックで、
自分の外見の魅力を確認していきます。

社員の方は男性が7割ということで、普段は見ない
日焼けしていない部分の肌の色をみて、本
当は色白のきれいな肌だったことを知るなど
まさに仲間の新たな魅力発見で盛り上がっていました



その後は、カラードレーピング
男性と女性2名のモデルさんで、色布を使って似合う似合わないの
デモンストレーションをし、お肌のくすみ具合などが色によって
変わることなどを実際に確認してから、
各シーズンカラータイプごとでグループをつくって、
皆さんで簡単にドレーピング体験をしてもらいました。



最後は準備してもらった石材や用意した服の中から、
自分に似合う色を選ぶワークです。

パーソナルカラーのイエベやブルベ、色の三属性(色相・明度・彩度)
について勉強したばかりとは思えないほどの完ぺきな色選びや、
どのワークにも積極的に参加してくださる社員の皆さんの姿勢に
関心しながら、最後はファッションだけでなく季節の色や地域の色
などの紹介をしてセミナーは終わりました。

開催責任者である秦野社長様ご夫妻、参加して頂いた社員の皆様、
本当にありがとうございました


◆株式会社 竹藤商店
〒485-0012 愛知県小牧市大字小牧原新田1622
https://www.zouenshizaikan.jp/


ご感想
先日はカラーコーディネイト研修会において、
大変わかりやすいご講義をしていただき、誠
にありがとうございました。

今まで何も意識せずに色を表現していましたが、
「青みがかった・・・」「ほのかに黄が加わってみえる・・・」など、
じっくりと見るようになった気がします。

何より、人の顔や瞳をじっくり見ることが大変新鮮でした。
また「『夏』とは思ってもいなかった」、
「新しいチャレンジをしよう」といった声も聴かれ、
新年の研修にふさわしい勉強会になったことを
開催責任者として何よりうれしく思いました。

またの研修をお願いする機会がありましたら、そ
の際はどうぞよろしくお願いいたします。


こんにちは。ピーコックブルーです。
令和としてのお正月、干支の始まり、そして
いよいよオリンピックが開催される2020年が
スタートしました。

どきどき、ワクワク
歴史に残る年になるであろう ちょっと特別な
2020年を自分自身においても
スペシャルな1年にするべく、今年は気持ちも
さらに引き締まります

今年も皆さまへはこのブログを通してお世話に
なります。どうぞよろしくお願いいたします

さて今回はオリンピックの話題からひとつ。

昨年11月末に完成した「新国立競技場」
建築家 隈研吾さんのデザインによるもので
「杜(もり)のスタジアム」というコンセプトを基
に “木のぬくもり” にあふれています。

使われている木材も47都道府県から調達
されたものということで
まさにオール ジャパンとしてのメッセージが
秘められているような…。

そこで「色」の観点から今回注目したいのが
このスタジアムのおよそ6万席あるという座席
「色」「配置」の工夫です。

座席は5色のアースカラーで構成され
(白、黄緑グレー深緑濃茶
その5色をモザイク状にランダムに配置。

新国立競技場公式HP「施設写真」

1色ではなく、いくつかの色をモザイク状に配置
することで “空席を目立たなくする” という効果

が実は隠されているのです。
この手法は海外のスタジアムでも採用されている
とか。

また地面に近い方は土を連想させる色を多く、
屋根に近くなる程、白など薄い色が増えるよう
“森の木漏れ日”をイメージして
グラデーショナルに表現した配置
に。

に近くなる程、明るい色にすることで
スタジアム全体に解放感がうまれます。

そしてアースカラー。
アースカラーとは、大地や植物などの自然物を
イメージした色。
1970年代の自然色志向から広がり
広く色を捉えると
ベージュカーキオリーブグリーンブラウン
系の色が入ってきます。



見る人にとっては地味に感じる方がいるかも
しれませんが、色みを抑えた、ナチュラルで
落ち着きのある色あいは、ファッション&
インテリアはじめ定番色として使いやすい色です

自然との調和を意識した
この杜のスタジアムにマッチした座席の色と配置。
一度は目にしておかねば、と思っています。


J-color 認定講師の花嶋由理です。

先日、静岡県浜松市の学習成果活用事業
ライフケアカラーの講座を開催しました。

1回目は「色のキホン」
2回目は「パーソナルカラー」
3回目は「フードカラー」
そして4回目は「インテリアカラー」
週1回の4回コースです。

幅広い年齢の方が参加してくださり、少人数でしたが
和気あいあいと講座を進めさせていただきました。
そして皆さんの「色」への関心の高さが
ところどころでうかがえました。



写真は3回目の「フードカラー」での様子。
色の知識を覚えたら即実践
布とお皿を使ってテーブルコーディネートを
考えていただきました。
3回目ともなると色の知識も増えてきて、
色の組み合わせに迷うことなく、
「家でもやってみたい」と満足して頂けたようでした。

今回、衣食住に関わる「色」について講座を
開催させていただきましたが、講座を終えて
「色を意識するようになった」との感想
多くありとても嬉しかったです。

普段何気なく色を選んでいますが、
ライフケアカラーの内容である色の知識は
生活の中ですぐに使えて役に立つことばかりです。
世代は関係なく「色の知識」はいつからでも役に立ち、
そして心が豊かになれることをあらためて
実感させてもらえた講座となりました。
ありがとうございました



日本カラーコーディネーター協会(J-color)事務局です。

今年は平成から令和になり、記念すべき年でしたね。
そんな1年ももうすぐ終わりますが、
去る11月19日に今年も福島市消費生活センター様より、
市民のくらしの講座をご依頼いただき
「くらしに役立つ!カラーコーディネート講座」
を担当させていただきました。



当日、少し早く来られた方々に、参加のきっかけを伺ったところ、

◆歳を重ねるにつれて、どんな色が似合うのか
  分からなくなってきたので、参考にしたいと思った。

◆好きな色はあるけど、それは本当に似合う色なのか知りたくて参加した。

◆いろんな色に挑戦してみたいけれど、なかなか勇気がないので、
  似合う色がわかれば挑戦できると思い参加した。


ということでした。
中には、開催のお知らせを見るたびに参加したかったが、
平日は仕事のため参加できず、、でもつい最近 定年退職を
迎えたのでようやく参加できましたと楽しみに
参加してくださった方もいらっしゃいました。

セミナー前半では、まず暮らしの中にある
衣食住の色の役割について説明させていただき、
今回はその中でも「衣」のパーソナルカラー(似合う色)
についてじっくりお話しさせていただきましたが、
皆さん真剣に聞いてくださっていました。



後半はグループの参加者の方々と色素
(肌・髪・眼)の確認
をしました。
お一人で参加した方がほとんどだったので、
お互い初めましての方々でしたが、色素の確認をしていくと、
あっという間に和やかな雰囲気に。

中でも第一印象の確認では、色素からどのような第一印象か
を他のメンバーに言ってもらうので、
「えー私ってそんな印象ですか」と驚かれている反面、
ちょっと嬉しそうだったり、各グループで盛り上がっていました。

色素の確認が終わったら、参加者2名にご協力いただき、
色の布を使って似合う色の確認をするドレーピングを行いました。

色をめくった時に、参加者の皆さんには顔色が
どのように見えるのか?を確認すると、
この色は似合うけど、この色はちょっと似合わない、
と的確なコメントをされていました。

また似合う色の活かし方についても説明させていただき、
参加者の皆さんにご持参いただいたストールやスカーフなどを
色分けしながら、似合う色を巻いて実感していただきましたが、
中には「ずっと使っていなかったけど、この色は似合っていたのね
と嬉しい発見もあったようです。

ちなみに、今回の講習会の参加者は60代以上の方が多かったので、
以前、発売直後からNYタイムズ等で大反響を呼んだ、
60代以上でとびきりかっこいいファッションの女性たちの
スナップ集「Advanced Style」や、高齢の女性がとてもおしゃれに
着こなしている現在放映中のユニクロのフリースのCMも参考までに
チラッと紹介させていただきました。

講習会の終了後には「楽しかったです!」「とても勉強になりました」
「これから似合う色にチャレンジしてみます」「また第2弾をやってください」

などなど、とても嬉しい感想を伝えにきてくださる方も多く、
私もとても嬉しく今後の励みになりました

女性はいつだって、いつまでだっておしゃれが大好きですよね。
参加された皆さんには似合う色でさらに自分自身の魅力を
引き出して輝いていただきたいと思います


 参加者の感想

とても熱心に分かりやすく教えて頂けてとても楽しかったです!
 これから色を楽しんで生活に取り入れてみようかと思いました。

自分を見直すことができ嬉しく楽しい日となり、
 これから表現に力を入れてみます

とても参考になりました。今持っている服にポイントで
 少しずつ合わせてこれから買うときは似合う色を考えながら
 コーディネートして見ます。ありがとうございました。

暗い色ばかり着ていましたが、これからは明るい色も着てみたいと思います。

グループや講師の先生、自分を知らない方にストールの色合いを
 見ていただくことで、意外な自分を発見した。とても楽しかった。

福島市消費生活センター様HP