こんにちは。ピーコックブルーです。

   前回のブログはこちら

2017年がスタートして早くも半月。
酉年にかけて「色とりどり」、「彩り豊か」に!今年も
色で気になった「イロイロ」を綴っていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ここ数日はとても寒く、一年で一番寒い時期を迎えていますが
お正月三が日はおおむね穏やかな天候でしたね。
初詣の人出が各地、例年以上に多かったようで
私が毎年お参りする神社も人数制限しながらの参拝となり
おみくじを引くのも大行列でした!

お賽銭にも海外の紙幣やコインがたくさん見られるようになった
とのことで、どこにいても外国人の姿が多くなった気がします。

そんな日本を訪れる外国人がますます増える中、今月下旬
から本格的にスタートする「おもてなし規格認証」というものを
今回取り上げてみました。

これは経済産業省が創設
「おもてなし」という言葉に代表される私たち日本人が誇る
品質やサービス、コミュニケーションを“見える化”して
もっと世界に届けるために昨年から登録が始まったものです。

おもてなし規格認証について201701

昨年末までに約2300社が登録・認証済み。
今月下旬からは審査の結果を踏まえ、☆印をつけ
さらにわかりやすく4段階に色分けしたマークで評価されるようです。

その色はの4色。その中に和柄と紫には富士山の
イメージがさりげなくあしらわれています。

まさに日本の国旗のような、「赤」
「紅認証」…サービス向上の取り組みに意欲的なサービス提供者
ひとつ星の「金」
「金認証」…顧客の期待を越えるサービス提供者
ふたつ星の「紺」
「紺認証」…独自の創意工夫が凝らされたサービス提供者
3つ星の「紫」
「紫認証」…顧客の期待を大きく超える「おもてなし」提供者

今回ロゴマークのそれぞれの色について問い合わせたところ、
・日本らしい色づかい
・マークデザインとの相性
・制度趣旨、目的

などを総合的に勘案して決められたとのご返信をいただきました。

「おもてなし規格認証」制度について https://www.service-design.jp/

日本では聖徳太子が制定したとされる
「冠位十二階」(かんいじゅうにかい)による位色(いしき)という色が
あり、宮廷における地位身分を象徴する色彩の序列がありました。
紫・青・赤・黄・白・黒の6色をさらにその濃淡で区別し、
最高位にあたる色が「紫」の濃紫(こきむらさき)淡紫(うすむらさき)

日本らしい色づかいは、こうした日本の色彩文化が
反映されているのかもしれませんね。

この「色」を目指して!という目標にもなる
新しい4色マークの「おもてなし」規格。
色分けすることで見た目にわかりやすく、
これから様々な所でこのマークが店先や店内、名刺や
パンフレットなどで見られるようになりそうです

 
こんにちは。『オレンジです。

元気に新年をお迎えでしょうか?
今年も宜しくお願い致します。

   前回のブログはこちら

酉201701

今年2017年は「酉」年
十二支の十番目。

「とり」→「とりこむ」から
福や財産を取り込むという縁起担ぎで
商売繁盛を願うお祭り「酉の市」へお出かけになる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

徳利201701

干支名の「酉」の語源は、
徳利に似ているところから「酉」
サンズイを付けると「酒」
なので「鳥・鶏」の意味はなく
単に覚えやすくするためだそう。

お酒を飲みながらおせち料理
まったりお正月を過ごした方も多いのでは
ないでしょうか?

『オレンジが、
おせち料理でしか作らないものが多い中で
普段も作るのが筑前煮(がめ煮・いり鶏)

福岡県の郷土料理で、
はじまりは豊臣秀吉軍が朝鮮出兵時に
スッポン(がめ)と野菜を煮て食べたことから
なんだとか。

筑前煮1-201701

材料がレンコン、ゴボウ、ニンジンなど
根菜類で、根をはって育つことから
筑前煮には子孫繁栄や末永い幸せを願う
意味が込められているとも。

鶏肉コンニャクしいたけ、そして
旬の根野菜がたっぷり
これだけの食材が入っている
栄養バランスがいい筑前煮
風邪が流行るこの時期是非食べたいですね。


おせちの一品ということもあり
日持ちもするので作り置きができて便利
残りが少しになったら刻んで
炊き込みご飯にすると美味しいです。

筑前煮2-201701

普段は鶏肉と根野菜を炒め煮するだけなので
茶色い地味な一品になってしまうけど
彩りに別に煮た花形人参や絹サヤ
(今回は冷凍枝豆ですが、、)
添えるだけで一気に華やかで食欲&栄養増し増し
彩りって大事ですね。


酉年だけに一石二鳥!?

鶏は夜明けを知らせる鳴き声から
新たな時代を開く吉祥のシンボル
そういうことから
酉年は何か新しいことを始めるのにいいのだとか。
さて何をスタートしようかしら。

では、カラー健康的Happy♪ライフをぉ~

皆さんこんにちは。
J-color認定講師の金子です

東京はいよいよ冬本番で、冷え込みも厳しくなってきました。
こんな時期は暖かいお鍋とか、おでん・・・いいですよね~。

≪食≫というのは、とても振幅が広くて
例えば1つの食材でも、季節で食べ方が変わったりします。
お豆腐なら、今なら湯豆腐、夏なら冷奴がいいですよね。
また、1つの原料が、様々な食品に加工されます。
例えば大豆であれば、お豆腐、納豆、しょうゆに味噌。etc。。。
毎日欠かせない≪食≫だからこそ、様々な工夫が伝承されているんですね。

11月の下旬ですが、この≪食≫に毎日取り組んでいる栄養士の皆様に向けた
カラーセミナーを担当させていただきました。



主催は、大手給食委託会社の栄養士会様です。
会員が300名もいらっしゃるそうです。
医療・介護福祉分野を中心に、学校や事業所まで
幅広く≪食≫を提供されていていらっしゃいます。

忙しい中でも研修会を実施されていていて、
今回初めて『カラー』のセミナーを企画されたそうです。

会員の方達のリクエストも伺いながら、
今回のカリキュラムは大きく2本立てで進行しました!

■前半は、カラーの基本的な知識を、≪食≫に繋げるというテーマです。
 まず色の効果として、機能性と情緒性を事例と共にご紹介。
 せっかくなので色のしくみも学んでいただき、
 補色の役割では、食で活かせる方法をお伝えしました。

 <これは使えそう!>という声が聞こえてきました。そうです!使えます!
 また、「おいしそうに見える色」の心理や、
 視覚で栄養をコントロールできる「五色健康法]も、
 食事指導の1つの方法としてご提案させていただきました。

■後半は、自分のキレイを引き出すというテーマです。
 パーソナルカラーについて、その考え方と、
 基になる色素(肌、髪、眼の色や質感)について、
 また自分の色素のチェックを実施しました。

 どうやら・・皆様 パーソナルカラーにとてもご興味があった様で
 お顔が一気にほころびました。メインはこちらだっかかも
 お仕事が終わってからの研修会ですので、リフレッシュにお役に立てて良かったです!



このセミナーは主催者のご厚意で、教材にカラーカードが付きました。
カードで色を確認したり、イメージをカードで表してみましたが、
緑でも、様々な緑がありその印象は全然違いましたよね。
その微妙な違いで、食べたいと感じたり、似合う色と苦手な色の違いにつながったりすることに
気がついて頂ければ大成功です!
まずは”意識を向けて色を使う”ところからはじめてくださいね。



そして≪食≫で多くの人を幸せに、健康に導いてください!
私も楽しかったです。
ありがとうございました
こんにちは。J-color認定講師の尾本めぐみです

東京都町田市にある町田市生涯学習センター様からのご依頼で
「翔び出せ!キラキラママ☆ 見つけよう、私のカラー」の講座を
担当させていただきましたので、ご報告いたします。 



今回の講座は、町田市在住の「乳幼児の保護者向け講座」です。
「保育付き」の講座なので、お母さんから離れることを察知して泣いてしまう子、
もう6回目の講座ということで慣れている子・・・とお子さんたちの個性はいろいろ。
でも、講座が始まるとママたちにとってはお待ちかねの「リフレッシュタイム」となります。

講座の前半は、色の基本パーソナルカラーの目的といったお話しが続きます。
座学なので退屈させてしまったかな?と心配になりましたが、
休憩時間にお声掛けをしてみると真剣に聞いてくださっていることがわかりました。

今回は結婚式などのタイミングでパーソナルカラー診断を受けたことのある方もいました。
そのときのお話しなども皆さんと共有させていただきながら、
「似合う色の根拠」となる自分の色素(肌・髪・眼の色や質感)のチェックをして、
ご自身に似合う色の傾向を確認していただきました



参加してくださったママたちは自分のことだけではなく、
パパやお子さんに「似合う色」も気になるご様子。
ぜひ、お渡しした資料を使いご家族でパーソナルカラーの知識を共有して、
「似合う色」を楽しんでいただけたらうれしいです。

毎日の育児に頑張っている素敵なママたちと過ごす時間は、
同じように育児中の私にとっても元気をもらえる貴重な時間となりました。

今回の講座を実現してくださった生涯学習センターの担当者様、
そして、企画してJ-colorにお声掛けしてくださったママたちに感謝します

こんな感想をいただきました

自分の好きな色と似合う色とにビックリ!!
 好きな色をどう取り入れていくか考えていきたいです。
 毎日、自分に関心をっ持たずに…というか、そっちの気で過ごしていましたが、
 オシャレしたいと思いました!

上品で説明の上手な先生でとても分かり易く親切だった。
 色の勉強は子育てから離れて新鮮だった。
 育児と全く異なる講座内容がかえってリフレッシュになって良かった。

楽しみにしていた講座で、初めてでも分かり易くお話してくださったので
 分かり易かったです。
 意外な色が自分に合うこともしれて嬉しかったです。
 「食」の話の際、色で食欲が変わることを一言「子どもの食欲も増すかも」
 と言ってくださったことで、家庭事業になったので先生が講座の主旨を
 わかってくださっているのがうれしかったです。

気付けば、、、もう師走。
年末年始の準備は進んでいらっしゃいますか?
こんにちは。Jカラー認定講師 黒川です

霜月の終わり、あんさんぶる荻窪において、
杉並区社会福祉協議会主催の勉強会で、
パーソナルカラーの講座をさせていただきました

タイトルは
『初めて学ぶカラーコーディネート ~パーソナルカラー~』
お集まりいただいたのは、区民助け合いボランティアスタッフとして
ご活躍されている30~70年代の男女25名。

ボランティア仲間、、でも、なかなかお顔を合わせる機会がない…
と言うお話を伺っていたので、『色』を使って簡単な自己紹介から
スタートしてもらいました。
お仕事柄なのでしょうか、皆さんコミュニケーション能力の高い方ばかりで、
すぐに打ち解けられていました
お仲間が増えると、活動も楽しくなりますよね。

…といった具合に、
『色』はコミュニケーションツールとして役立つことを
実感していただきながら、パーソナルカラーについてお話しました。

パーソナルカラー(似合う色)とは、その方の魅力を最大限に
引き出してくれる色です。
ボランティアスタッフとして、『初めまして』の場合も多いかと思います。
そんな時、役に立つのがパーソナルカラー
印象も良く見せてくれるのです。

その基になるのが、もともとお持ちの色素(肌、眼、髪の色や質感)です。
そして、この色素が外見の魅力を作り出しているのです。
という事で。。
みなさんのお持ちの色素をじっくり 観察していただきながら、
ご自分の外見の魅力の再発見をしていただきました。
周りの人が持つ自分の印象って気付かないものだったりします。



「あら、そんな風に見えるのね、初めて言われた」
「誉められちゃった♪」
などと言った、弾んだお声に私も何だか嬉しくなってしまいました。

ご用意させていただいたプリントにはメモがぎっしり!
熱心に耳を傾けて下さり、ちょっとした投げかけにも答えて下さったりと、
本当に熱心な方ばかりでした。
なので、時間が過ぎていくのもあっという間。



寒い冬の必需品のストール、マフラーの簡単でおしゃれに見えちゃう
巻き方についてもレクチャー。
実は、このマフラーの色によっても、皆さんの魅力を引き出してくれるんですよ。
なんてお話をしながら、講座もお開きとなりました。
似合う色のストールで、寒い冬を乗り切って下さいませ。

受講者のみなさま、スタッフのみなさまにたくさん盛り上げていただき、
私自身も楽しい時間を過ごすことが出来ました。
このようなご縁を下さったみなさまに感謝したいと思います。
そして、2017年も、素敵な年となりますようお祈りいたします