FC2ブログ
梅雨も明け、連日の暑さ
「さて、今年はどこまで気温が上がるかな」
とぼんやり考えている藤色です。
皆さまお暑い中如何お過ごしでしょうか。

さてさて、今回は恐竜のような鳥、
「ヒクイドリ」について取り上げます。

ここ最近、スズメ
などの鳥類が
恐竜にとても近い子孫のようなものである、
という話をちらちら聞きます。
朝に夕にチュンチュン鳴いているスズメの先祖が恐竜とは、
あの愛くるしいフォルムからはなかなか想像できません。

が、オーストラリアにいる飛ばない鳥
「ヒクイドリ」を見ると、そんな思いは一変します。
スズメではなかなか想像しにくかった
「恐竜らしさをこれでもかというほど持っているのです。



まず、ダチョウと同じ走鳥類ですが、
どちらかというとエミューに近い鳥です。
結構重い鳥で、メスは50㎏以上ある鳥です。
なのにだいたい時速50㎏で走ります


身長は1.5~1.9m、シルエットはダチョウのようですが、
ダチョウよりはズングリむっくりとしています。

胴体部分は黒い羽毛に覆われているのですが、
ここが唯一可愛らしい部分といっても良いかもしれません。
トサカは骨質で硬く、真っ赤な肉垂があります。
蹴爪は3本あり、爪は10㎝くらいで、鳥というより恐竜のようで、
この蹴爪で蹴られると、ただじゃすみません


そして、この鳥の一番のポイントは頭頚部の色です。
なんとこの鳥、頭頚部が青いのです。
「青っぽい」や、「緑」ではなく、まさに
「どう進化したら、そこまで青くなるのだろう?」
と思えるくらい、鮮烈な青色なのです。

ただ、すべてが青いわけではなく、後ろ首は綺麗な黄赤で、
この後ろ首と他の青い皮膚赤い肉垂の対比がとてもとても綺麗で、
一目見たら忘れられないインパクト
を与えてくれます。

この頭頚部の、天然なのに奇跡のような美しい配色と、
恐竜のような蹴爪やトサカなどの全てが
「ヒクイドリ」を彩る要素となって、私は惹き付けられて止みません

「ヒクイドリ」を見ていると、
「恐竜ももしかしたら色鮮やかだったかもしれない」
と思いを馳せてしまいます。

そんな鳥と恐竜の繋がりをより強く感じる鳥、「ヒクイドリ」。
一度はこの目で見てみたいものです


こんにちは。ピーコックブルーです。

いよいよオリンピック直前。
感染拡大の不安が続くコロナ禍での
開催は手放しで喜べない感じは
しますが、開催する以上
出場する選手の皆さんの熱戦に期待し
「何とか無事に」と思うばかりです。

さて数々の国際大会なども含めて
アスリートの活躍だけでなく、
各国の選手が着る“ ユニフォーム ”
見るのも私は好きです

今回の東京オリンピックの開会式は
当初のプランより縮小されるようですが
200を超える予定の国と地域が
参加する選手団入場は
オリンピックならではの光景。




開会式の時はそれぞれ国旗をイメージ
したカラーリングやデザインが多い印象
ですが、国名や国旗、ユニフォームの色
使いをチェックするのも楽しいひとときです。

今年の日本選手団の開会式公式ウェアは、
白のジャケット赤のボトム。
ちなみに1964年の東京オリンピックでは
赤のジャケット白のボトムだったようです
から、今回は上下が逆。

日の丸の国旗カラー。
無彩色の明るい「白」
誘目性が高く、心理的にもスポーツには
最適な「赤」
シンプルでありながら、目立つ組み合わせ
です。

また各競技のウェア
オリンピックごとにテーマカラーや
ストーリーがあり、
ウェアを見ただけで、感動のシーンなど
当時の記憶が蘇ってくる、ということも
あるのではないでしょうか。

この「記憶」という点についても
例えば、初対面で会った方を
着ていた洋服の色で覚えていた…
というように

「色」は私たちに記憶としてインプットされ
残りやすい、という特徴があります。

今回のオリンピックも
私たちの記憶に残る感動と色が
たくさんあるといいですね!


湿り気と熱気にやられ気味な藤色です。
6月は梅雨らしくジメジメした天気が続いていますが、
皆さま如何おすごしでしょうか。
今年はカレンダーと季節のミスマッチが続き、
体調を壊しやすいので、気を付けたいものですね。

さてさて、そんな湿り気や熱気を吹き飛ばすように、
今年もプロ野球が熱いです。

ビール片手に、肴をつまみつつTV観戦...
なんて方も多いのではないでしょうか。

TVの前で白熱した試合を手に汗握りながら見るのは、
至福のひと時と言えます。
できればニュースで結果のみを聞くのではなく、
中継を見たいと思う方はきっと多い
はず...。

そんな野球中継で、毎回必ず映るものがあります。
それは、球場で観戦しているファンの方がかざす、
選手の名前が大きく入ったタオルです。

筆文字で大きく書かれており、とても恰好良いものです。
それが球場で多数かざされているのを見ると、
応援のボルテージもガンガン上がります
まるで、球場とTV観戦のファンが一体になったような、
不思議な高揚感が生まれるのです。

...が、一点、とても気になることがあります。
それは、タオルに使用されているカラーです。
選手ごとにそれぞれ使用カラーが違い、
変化があって凄く楽しいのですが、
図と地の配色で閉口してしまうものが数点あります。

例えば鮮やかな。補色関係で、
より目立たせようとしているのかな?と思うのですが、
ハレーションが起こって見にくくなっています。



また、と黒の配色。
これは、二色覚のファンには見づらいものとなっています。



上記以外にもあるのですが、これでは折角のタオルの効果が
半減してしまい、大変もったいないなと思います。

ただ、それぞれ選手のイメージや、
思い入れのあるカラーがあったりもするので、
実際には配色変更は難しい問題だと思います。

なので、文字の周りを白や黒で縁取りし、
セパレート効果を利用すると、ハレーションがなくなり、
二色覚の方も見やすくなって良いのではないか...と思うのです。

より多くのファンと一緒に、より楽しい時間
過ごせるようになると思いませんか

たった一色加えるだけですが、ファングッズ作成の方には、
ぜひともご一考願いたいなあ...と本日の試合結果を見つつ、
静かに思ってるこの頃です。


こんにちは。ピーコックブルーです。

梅雨
のシーズン到来。

が、近年は天候が不安定ですね。
予想を超える大雨がどこにでも降る可能性
があり、日々の生活にお天気情報
が欠かせ
なくなってきたと、つくづく感じます。

そして6月は「環境月間」
エコ
なライフスタイルの実践や行動への
取り組み、
また認知度が高くなってきたSDGs
(持続可能な開発目標の略称)ともに
国、自治体、企業、個人など様々な活動が
広がっています。

「エコロジー」なイメージって「色」で表せば
「緑を思い浮かべる方が多いかと思います
が、英語でも “go green” というと
「自然や環境に配慮する」
「環境にやさしい生活をする」という意味に
なるそうです。



この場合、私たちがもつ
「緑のイメージと
ほぼ同じように「green」が使われていますが

例えば、信号の青信号は
英語では(ライトの色)そのままに“green light”
といい、ゴーサイン、許可を出すという意味にも。

またgreenには生命力に満ちた若々しさという
プラスのイメージと未熟、嫉妬といったマイナス
イメージもあり、
“green as grass” (青二才、青臭い)
“the green eyed” (嫉妬に満ちた目)
“green with jealousy”
(ものすごくヤキモチを焼いている)という表現も
あるようです。

そこで他にも
「色」の名前を使った英語のフレーズを
ピックアップしてみました。

◆青(blue)


“blue Monday” (憂うつな月曜日)
“feel blue” (落ち込む、ブルーな気分になる)
“out of the blue” (突然に、出し抜けに)
“blue blood” (名門、貴族階級の人)

また “blue film” “blue movie”(ピンク映画)
“blue jokes” (猥談)など
日本語のにはない英語のblue独特なものに
いやらしいイメージもあります。

◆赤(red)


“see red” (かっとなる、激怒する)
“turn red” (紅葉する、赤面する)
“red eye” (夜行便)…あまり寝付けず、
目が赤くなって寝不足になることから。
“in the red” (赤字で、赤字経営で)

◆黄(yellow)


“yellow belly” (臆病者)
“yellow journalism” (低俗なジャーナリズム)
日本では元気で快活なイメージですが
英語のイエローには裏切り、臆病、卑劣など
マイナスなイメージが中心。

また黄色信号から連想する注意、警戒という意味
もなく、黄色信号は英語では「琥珀色」の
“ amber ” で示されるようです。

白(white)


“white water” (澄んだ水)
“white as snow”
(雪のように白い、まっ白な、潔白である)
“white as a sheet”(真っ青になる、顔面蒼白)
これはシーツのように白くなるという意味から。
“white lie” (罪のない嘘)

黒(black)


“black market” (闇市場、闇取引)
“black night” (闇夜)
“black lie” (悪質な嘘)
“black out” (失神する)

ネガティブなイメージが多い黒(black)も
財政では黒字を表し、
“in the black” (黒字で、黒字経営)や
日本でもすっかり定着した“Black Friday” 
の“Black”も黒字という意味から。

ラストはこちらも日本で使うイメージとは大きく
違う ◆ピンク(pink)


“in the pink” (とても健康な、元気いっぱい)
欧米では、ピンクは若さや健康、新鮮さという意味
で使われ、赤ちゃん
の可愛らしさを表す
“pink eye” (可愛い目)なども。

また昔、「解雇通知」がピンクの紙片だったこと
から “get the pink slip” (クビになる)という
のもあります。

今回挙げたのはほんの一例ですが、
国や文化の違いで同じ「色」でもイメージに大きな
違いがあって、とても興味深いですね


お久しぶりです。
新型コロナ変異型が流行り、毎日毎日消毒に走り回っている藤色です。

緊急事態宣言が出てから、ノイローゼになる勢いで毎日消毒しています。
そうすると、アルコールに弱い材質のものが結構あるので、
アルコールで傷まないように日々細心の注意を払い続けるため、
ますますストレスが溜まって、より鬱々しています。

勿論、中にはアルコールで拭いてもへっちゃらな材質もあります。
例えばガラス



さっさか拭いてもそんなに傷まず、拭き筋が出ても空拭したら
ピカピカになってくれる、何とも嬉しく有難い材質です。
割れやすいですが薬剤など色々なものに強いので、
様々なところで頻繁に使われているため、
一番馴染みのある材質のように感じます。

透明で涼やかに見えるので、夏には風鈴や食器として使って
涼を演出するのに使われたり、冬にはクリスマスのキャンドル
受け皿として、キラキラと輝くロマンチックな雰囲気を
演出するのに使われたり、最近ではガラスのマグカップもあるので、
ハーブティーを淹れて楽しむのにも使われたりしています。

勿論、普段使いのコップや、採光のための窓にも使われています。
それ以外にも、綺麗にカットされた宝石のようなガラスも
売られたりしています。
使い勝手がとても良く、何かと便利なので、皆さまの身近にも
普通にあるのではないでしょうか。



さてさてそんなガラスですが、実は構造を見ると『固体』ではないんだそう
詳細を書くととても長くなるので省きますが、ガラスは『固体』『液体』
中間のようなものなんだそうです。
結構長い間、人類と共にありますが、まだまだその魅力は尽きません。
気になる方はぜひ調べてみてください。
色々感慨深く、時間が経つのを忘れてしまうほど面白いですよ

そうでなくても、何気なく身近なガラスを手に取って、
たまにはじっくり観察してみるのもいいかもしれませんね

そんなガラスに感謝しつつ、藤色は明日も消毒を頑張ります